AAFCOとは?安全なドッグフードであることとは無関係?

AAFCO

 

「AAFCOの基準をクリアしています」

という表記をドッグフードの裏面でよく見かけると思います。

この“AAFCO”とは一体何なのか?

良質なドッグフードを選ぶためにも是非知っておきたいところです!

AAFCOとは?

AAFCOはアメリカ飼料検査官協会のことを指します。

※Association of American Feed Control Officialsの略

日本では「アフコ」と呼ばれたりもしますね。

 

AAFCO ドッグフード

 

AAFCOは

  • ペットフードの栄養基準
  • ラベル表示

などに関するガイドラインを設定している機関です。

 

AAFCO=検査機関

と考えている方も多いようですが、あくまで基準を決めている機関です。

AAFCOがドッグフードの検査を行ったり、認定をしたりすることはありません!

 

AAFCOの基準をクリアしていれば安全?

good-bad

一見すると、AAFCOの基準をクリアしているフードは安全に見えますよね?

しかし、残念ながらそういうわけでもありません。

 

まず、

  • AAFCO認定
  • AAFCO承認

などと表記しているフードは論外です。

先ほども書いたように、AAFCOはあくまで基準を示しているだけです!

 

「認定」などの表記は不当表示にあたり、こうしたフードは決して信頼できるものではありません。

本当にワンちゃんのことだけを考えて作られたフードなら、消費者を混乱させるような表記はしませんよね(^^;)

 

AAFCOの基準の甘さ

AAFCOは

“最低限これくらいの数値は満たしてください”

という基準を出すわけですが・・・

実はこの基準をクリアするのは、それほど難しいことではありません。

 

というのも、その基準は“質”ではなく“量”で設定されていることが多いからです。

原材料の質はあまり関係なく、粗悪な原材料でも量を満たせばOKということです(・・;)

 

例えば、タンパク質の量を満たすために、鶏の羽根を使うこともできるわけです。

もちろん鶏の羽根もタンパク質に変わりありませんが、栄養的価値がないのは言うまでもありません。

 

AAFCOの表記はそこまで重要ではない

AAFCOの基準をクリアしているからといって、安全であるとは限りません!

得体のしれないフードよりは安全かもしれませんが、添加物にたいしても抜け穴だらけだったりしますからね(・・;)

 

したがって、

ドッグフード選びの際には、AAFCOの表記を特に気にする必要はありません。

パッケージや価格には騙されずに、原材料添加物の有無などから良質なドッグフードを選ぶようにしてくださいね♪

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ