犬の関節炎にオススメの食事は?完治の実績アリのドッグフード

犬の関節炎におすすめの食事

 

ここでは関節炎を患うワンちゃんにオススメの食事を紹介しています。

関節炎を克服して、元気に走り回れるようになった子もたくさんいます。今回紹介する食事はそんなワンちゃんの多くが食べてきたメニューです。

ご自身のワンちゃんもきっと良くなるはずなので、是非参考にしてみてください^^

犬の関節炎の食事に必要な成分

犬の関節炎におすすめの食事

 

関節炎は関節にかかる様々な刺激によって、軟骨細胞が損傷することで起こる炎症です。

また、軟骨細胞が損傷することは、同時に軟骨組織の損傷を引き起こす酵素を活性化させてしまいます。

こうして炎症と酵素のダブルパンチで軟骨組織が破壊されていってしまうのが関節炎の特徴です。

 

関節炎も放っておくとどんどんと進行していき、普通の食事だけでは軟骨の損傷も治りません。

そこで重要になってくるのが“関節サポート成分”です。

 

  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • オメガ3脂肪酸
  • 動物性タンパク質

これらはワンちゃんの傷ついた関節を治すとともに、今後の関節のケガを予防するためには欠かせません。

関節炎に悩むワンちゃんにとっては、ある意味“必須”ともいえる成分です。

 

 

グルコサミンは軟骨を修復する

グルコサミンには傷ついた軟骨を修復し、関節の痛みや腫れなどの症状を緩和する働きがあると言われています。

また、軟骨それ自体がすり減るのを防ぐことに関しても、これまで複数の実験で報告されています。

変形性関節症に悩む被験者212人を対象に、半分のグループには1日1500mgのグルコサミンを、半分のグループには偽薬を摂取してもらう実験を3年間に渡って続けた。

その結果、偽薬を飲み続けたグループでは、平均0.31mmも軟骨の厚さが減少したのに対し、グルコサミンを飲み続けたグループでは平均0.06mmに留まった。

参照: グロセット教授(ベルギー)によるグルコサミンに関する臨床実験

 

コンドロイチンは関節の動きをスムーズにする

コンドロイチンには軟骨に水分を与える働きがあります。

軟骨というのはスポンジに似た構造を持つ組織です。そのため、水分を与えることで動きもスムーズになり、弾力性なども増して傷つきにくくなるんですね^^

※コンドロイチンの犬に対する効果についても、これまで様々な研究で認められています(Altman1989,Vanderweerd2012

 

動物性タンパク質は丈夫な体を作る

犬にとって最も必要な栄養素は“動物性タンパク質”です。

動物性タンパク質はチキンやラム肉といったお肉のことを指し、穀物などの植物性タンパク質とは異なります。

 

動物性タンパク質は関節周りの筋肉をつけるためにも一番必要な栄養素です。

筋肉がつけば、それだけ関節にかかる負担も少なくなりますよね。

そのため、動物性タンパク質の量も普段の食事から意識しておきたいところです。

 

オメガ3脂肪酸は炎症を抑える

オメガ3脂肪酸には、関節の炎症や軟骨を破壊する酵素の働きを抑える効果があります。

また、毛並みをキレイにする働きもあり、ワンちゃんには良いこと尽くしの成分といえます^^

 

関節サポート成分の効果【まとめ】

ここまでの内容を一度おさらいしておきましょう。

関節炎とは、軟骨細胞が損傷して起こる炎症で、その裏では軟骨組織を破壊する酵素も活性化しています。

 

そこで、まずはグルコサミンの力で傷ついた軟骨を修復し、同時に痛みや腫れなどの症状を和らげます。

また、コンドロイチンで軟骨自体の動くをスムーズにして、弾力性を生み出すことで傷つきにくくします。

 

これと並行して、動物性タンパク質で関節炎の元の原因を取り除くことも大切です。

関節まわりの筋肉をつけて、関節に負担がかからないようにしましょう。

そして、オメガ3脂肪酸で炎症や酵素の活性化を抑え込む。

 

これが普段の食事から実践できる関節サポートの仕組みです。これらの成分を毎日摂ることができれば、きっとワンちゃんの関節炎も快方に向かうはずです♪

 

関節サポート成分のベストな摂り方

犬の関節炎におすすめの食事

 

それでは具体的にどうやって関節サポート成分を摂取すればいいのか?

これらは犬の体の中では合成されないため、何かしらの方法で外側から取り込む必要があります。

 

まず、関節用のサプリメント。これは個人的にはオススメできません。

確かにグルコサミンやコンドロイチンはたくさん含まれていますが、続けにくいというデメリットがあります。

値段の問題もありますし、ワンちゃんが飲むのを嫌がることも多いですよね。

 

関節サポート成分を摂ることも大切ですが、それと同じくらい継続して摂取することも大切です。

2~3日で関節が元通り!なんてことはあり得ませんからね(^^;

 

となると、オススメは毎日のドッグフードから摂取する方法になります。これなら毎日続けられますし、ワンちゃん自身も喜んで関節ケアに参加できます^^

 

しかし、注意しなければいけないことが1つだけあります。それは“関節サポート用”といった名前だけに飛びつかないことです。

 

関節サポート成分配合のドッグフードの注意点

今では関節サポートに特化したドッグフードもたくさん販売されていますが、なかには名ばかりのドッグフードもたくさん含まれています。

例えば、関節サポート製品のなかでも人気のロイヤルカナン。

 

ロイヤルカナンの関節サポート用はオススメできる?

 

動物病院などでも勧められ、関節サポートのドッグフードで検索すると一番出てくる製品です。

しかし、これも個人的にはオススメできません。

 

まず、ドッグフードの主原料が

  • コーンフラワー
  • 肉類(鶏、七面鳥)
  • コーン

といった穀物が中心になっています。

※原材料は含有量の多いものから表記されます

 

先ほども書いたように、犬に必要なのはお肉などの“動物性タンパク質”です。

穀物は栄養的価値も少なく、消化も悪い。おまけにアレルギーの原因にもなりやすいのです。

 

そして、極めつけは“関節サポート成分がどれだけ含まれているか”がこのロイヤルカナンには表記されていません。

もしかすると、ほんのちょっぴり含んでいるだけで「関節サポート用」と表記しているかもしれません。

 

メーカーさんに怒られてしまいそうですが、こうしたこともいち消費者としては疑ってしまいます。

ロイヤルカナンに危険な人口添加物※が含まれていることも、その疑いを強くします(※BHAなど)

 

余談ですが、動物病院やトレーナーさんが「ロイヤルカナン」や「ユーカヌバ」を勧めるのは“ドッグフードメーカーと契約しているから”です。

 

ドッグフード1つで関節炎を克服した犬の話

犬の関節炎におすすめの食事

 

それでは関節用ドッグフードのすべてが名ばかりかというと、決してそうではありません。

つい先日、1人の愛犬家さんのブログを読んでいました。そこにあったのは「関節炎を克服した」という内容です。

 

6か月以上も足を痛がり、まともに歩くこともできなかったワンちゃんが、ドッグフードを変えて1か月ほどで元気に走り回るようになったというのです。

それまで飲んでいた関節用サプリメントも効果はありませんでしたが、なぜかドッグフードを変えたら治った・・・

 

きっと飼い主さんもワンちゃん自身もビックリしたと思います。私も初めは驚きました。

しかし、その子が食べているドッグフードを見るとすぐに納得したんですよね。「あ、ちゃんとしたドッグフードを選んでいたんだ」って。

 

最後に、そのドッグフードを紹介させていただきます。

 

関節炎のワンちゃんにオススメのドッグフード

カナガンドッグフード

カナガン レビュー

 

今ネット通販で爆発的に売れているカナガンドッグフード。

決して「関節サポート」に特化したフードではありませんが、実は関節ケアに必要な成分がケタ違いに含まれています。

 

グルコサミンとコンドロイチンの含有量

ドッグフード名 グルコサミン コンドロイチン
ナチュラルハーベストドッグフード 関節 550mg 440mg
ユーカヌバドッグフード 関節 475mg 45mg
カナガンドッグフードカナガン おすすめ 1000mg 700mg

※1kgあたりの含有量

市販の関節サポート用製品と比べて見えも、その量の多さは一目瞭然。

関節サプリメントと比較しても決して劣らない量を、カナガンなら毎日の食事から摂ることができます^^

⇒ カナガンドッグフードの詳細を見る

 

チキン51%配合で動物性タンパク質もたっぷり!

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

カナガンの主原料はフード全体の51%を占めるチキンです。

これだけお肉たっぷりなので、十分に動物性タンパク質を摂ることができます。

市販の製品でここまでお肉が含まれているものはあまり見かけませんよね(^^;カナガンが関節まわりの筋肉をつけるために一役買ってくれるのも納得です。

 

良質なオメガ3脂肪酸も配合

カナガンにはオメガ3脂肪酸を含む以下の原材料が使用されています。

  • サーモンオイル
  • ジャガイモ
  • 海藻

 

なかでもサーモンオイルは“良質な脂”を代表するもので、ワンちゃんの体に吸収されやすいオメガ3脂肪酸を含んでいます。

毛並みにツヤを出す効果もあるので、まさに一石二鳥といった原材料です^^

 

グレインフリー&100%無添加

おまけといってはなんですが、カナガンは数少ないグレインフリー(穀物不使用)の製品です。

消化が悪く、アレルギーの原因になる穀物は一切含まれていません。

 

また、原材料はすべて人間でも食べられるレベルの食材。危険な人口添加物も不使用の100%無添加ドッグフードです。

こうして安心して食べさせられるというのも、一番人気の理由だと思います^^

⇒ カナガンドッグフードの詳細を見る

 

コスパが良くて続けやすい

価格 1日あたり約118円
内容量 2kg(3960円)
対象 全犬種・全年齢

※1日60g換算(成犬3kg)、公式サイトで割引アリ

 

プレミアムドッグフードということもあり、販売価格は2kgで約4000円とやや高めです。

しかし、1日あたりの食事代は約118円(成犬3kg)と、実は市販のフードと変わりません。

(これは1粒の栄養価が高く、与える量がやや少ないため)

 

先ほども書いたように、関節炎の食事も継続することが大切です。

サプリメントと違って、カナガンなら1日約120円で続けることができます。これはどの飼い主さんにとっても嬉しいポイントですよね^^

 

なお、カナガンは全年齢対応です。少ない量でしっかり栄養が摂れるため、関節に不安のあるシニア犬にもピッタリです。

 

  • グルコサミンとコンドロイチンをケタ違いに配合
  • お肉たっぷりで関節まわりの筋肉もつけられる
  • オメガ3脂肪酸もたっぷり含まれる
  • 穀物不使用(グレインフリー)&100%無添加
  • 1日約120円と続けやすいコスパ

 

もしも私の愛犬が関節炎を発症したときには、真っ先にカナガンを食べさせてあげたいと思っています。

実際にこれで改善したというワンちゃんがいるのも個人的にはすごく安心できるんですね(^^;

 

弱った関節も傷ついた軟骨も、カナガンなら毎日の食事でリカバリーすることができます。

いち早くワンちゃんが元気に走り回れるよう、一度カナガンを試してみる価値はあると思いますよ^^

⇒ カナガンドッグフード公式サイトはコチラ

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ