犬の体温が低い!今すべき対処法と危険度チェック方法

ゴールデンレトリバー

 

ここでは犬の体温が低いときの原因や対処法を紹介しています。

飼い主さんの対応次第で、犬の容態は良いほうにも悪いほうにも大きく変化します。

正しい対処法をとってあげるためにも、是非今回の内容を参考にしてみてください。

 

※犬の体温が高い場合は、犬の体温が高いときの原因と対処法をご覧ください

体温が低いことの危険性

犬の体温 低い

 

犬の平熱は38.5~39.5度と人間よりも高めです。

子犬や小型犬はこれよりも少し高くなり、老犬や大型犬であれば少し低くなる傾向があります。

いずれにせよ37度を割り込むようであれば異常と判断します。あなたのワンちゃんは大丈夫ですか?

 

一般的に体温が上がる場合は「熱中症」や「風邪」などによる発熱が原因です。

一方、体温が下がる場合は病気に負けそうになっているときです。これは体温が高いときよりも危険な状態を意味します。

それだけ体の機能も低下しているので、場合によっては命に関わることもあります。

 

まずは正確な体温を測ること!

体温計のイメージ画像

 

犬は毛皮で覆われているため、上から触っただけでは正確な体温は分かりません。

触ってみて「ちょっと体温が低いかも?」と思っても、実際は普通だったということも多いんですね。

そのため、まずは犬用の体温計などで正確な体温を測ることが重要です。

 

犬の体温の測り方

犬用の体温計があれば理想的ですが、人間用の体温計でも肛門から測ることができます。

(ただし、正確な測定が難しく、ワンちゃんが嫌がる場合もあります)

 

人間用の体温計の場合
  1. 体温計の先の汚れを防ぐためにラップをまいて、サラダ油オリーブオイルなどを塗り、滑りを良くする
  2. 片手でワンちゃんを抑えて、もう片方の手で体温計を持つ
  3. 尻尾をあげて、肛門を広げ、体温計を3~5cmほどゆっくり差し込む
  4. その状態で1分ほど待つ

※ワンちゃんが興奮してしまうと体温が上がるため、リラックスした安静な状態で測ってあげてください。

ワンちゃんが嫌がる場合は無理をせずに、病院へと連れて行き、獣医さんに任せましょう。

 

犬用体温計の場合

今では、ワンちゃんの耳で体温を測る“犬用の体温計”も販売されています。

オススメの犬用体温計

なかには1秒で正確に測定できるものもあるので、一家に1台は持っておいて損はありません。

(決して値段は安くありませんが、いざという時や日々の体温チェックもお手軽になります)

 

私が調べてみたところ、上に紹介した「peppy」というオンラインショップの体温計が良さそうでした。

口コミもすごく良く、送料無料なのも嬉しいポイントです^^

【犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』】

 

※スマートフォンの場合、トップページの検索窓(虫眼鏡マーク)に「体温計」と入力するのが一番早いです!

オススメの犬用体温計

【犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』】

 

飼い主がその場ですべき対処法

正確に測ったうえで体温が低い場合は、すぐに体を温めてあげて、動物病院へと連れて行きましょう。

体を暖める際は、ペットボトルなどに40度のお湯を入れ、タオルなどで包んで犬のそばに置いてあげると効果的です(湯たんぽでも問題ありません!)

また、病院へ連れて行く際に体を毛布やタオルでくるんであげると、多少なりとも体温の低下を防ぐことができます。

 

病院での治療

動物病院においても、まずは体温を上げる措置が取られます。

毛布や湯たんぽなどで外側から体温を上げるのに加え、暖かい溶液で胃を洗浄したり。

あるいは、暖かい空気を肺に送り込んだりと、体の内側から温める方法取られます。

 

 

犬の体温が低くなる原因

  • 低体温症
  • 老化
  • 外傷や内臓疾患などの病気

 

ワンちゃんの体温が下がる主な原因は、低体温症す。

夏場に熱中症が多いのと同様、冬は低体温症になりやすい季節です。

 

また、病気によって体の機能が衰え、結果的に体温が下がってしまうことあります。

もちろん老化が原因で体温調節が上手くできなくなり、基礎体温が下がることもあります。

とはいえ、体温が低い=何かしら異常があるということのほうが圧倒的に多いので、楽観視しすぎずに動物病院へと連れて行ってあげてくださいね。

 

 

普段からできる対処法

ゴールデンレトリバー

 

体温の低下に気付いた頃には、すでに症状が重く、病院へ連れて行くほかないといったケースも多いです。

通常は体温よりも先に、もっと分かりやすい症状が現れるものです。

グッタリしていないか、呼吸が乱れていないか、など普段からよく観察してあげることで、いち早く異変に気付くことができます。

 

以下、我々飼い主が日頃から気をつけるべきポイントをいくつか紹介します。

寒い冬場などには、よりいっそうワンちゃんに気を配ってあげましょう。

 

室温は高めに設定

犬は人間よりも低い位置で生活しているため、人間が暖かいと感じる温度でも、犬は寒いと感じているかもしれません。

特に冬場は、室温を我々が適温だと思うよりも1~2度高くするくらいがちょうど良いです。

 

外飼いの子は要注意

普段は屋外で飼っている子も、冬場などの寒い季節だけは中に入れてあげましょう。

犬は比較的寒さに強い生き物とはいえ、真冬に外でじっとしていると低体温症になりかねません。

特に体温調節能力が落ちている老犬の子は注意してあげてください。

 

日々のブラッシング

ブラッシングで汚れや毛玉を取り除いてあげることで、本来持っている体温調節能力を存分に生かせるようになります。

細かい部分ではありますが、これも確実に効果が得られる方法です。

(モコモコした毛玉がついているほうが暖かそうだというのは間違いですよ!)

 

まとめ

  • 体温が低いのは危険な状態!
  • まずは正確に体温を測ろう
  • 体を温めてすぐに病院へ!
  • 日頃から異変に気付ける準備をしておこう

 

犬にとって体温の低下は命に関わる状況です。

気付いたときにはすでに症状が重くなっていることも多いため、ちょっとした異変にも気付けるよう普段から観察しておくこと!

これが我々飼い主にできることです。

 

少しでも様子がおかしいと思ったら、その都度体温を測ってあげる。

こうした小さな習慣が、愛犬の万が一の事態を防ぐことにつながるはずですよ^^

 

体の弱いワンちゃんに大人気!

長生きをサポートするサプリメントを売れ筋ランキングにしてみました↓

犬用おすすめサプリメントランキング

↑詳細はこちらの画像をクリック↑

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ