カナガンの原材料を徹底分析!危険な原材料や副作用は大丈夫?

カナガンドッグフード

 

ここではカナガンの原材料を徹底分析しています。

  • 危険な原材料は含まれていないの?
  • 原材料それぞれの効果は?

などを詳しくまとめているので、是非参考にしてみてくださいね^^

カナガンの原材料

カナガンを食べようとする犬の画像

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

カナガンの原材料はいずれも人間でも食べられるレベルの食材です(ヒューマングレード

そのため、危険な添加物(保存料や着色料など)も一切含まれていません。

 

また、犬にとって消化が悪く、アレルギーの原因にもなる穀物(小麦やトウモロコシなど)も使われていません。

数少ないグレインフリー(穀物不使用)の製品なので、お腹の弱い子やアレルギーが気になる子にはピッタリですね^^

 

フード全体の51%を占めるチキン

カナガンの主原料は

  • 骨抜きチキン生肉26%
  • 乾燥チキン25%

の2つです。

フードの半分以上をお肉が占めるため、犬にとって最も必要な“動物性タンパク質”は「これでもか!」というくらい摂れますね^^



  • 目やに・涙やけ
  • 毛並みが悪い
  • ウンチが多い(柔らかい)

といったよくあるお悩みも、その原因の多くは“タンパク質不足”によるものです。

「カナガンで目やにがなくなり、毛並みも良くなった」という声が多いのも、こうしてチキンをたっぷり使用しているからなんですね。

 

ちなみに、使用しているチキンにも“カナガンの強いこだわり”が見られるんですね(^^;

 

カナガンの原材料

 

カナガンに使用されているチキンは、イギリス最高級の“平飼いチキン”です。

鶏舎を積み重ねるのではなく、地面で広々と飼育したストレスの少ないチキンのみを使用しているそうですよ。

 

サツマイモが使われている理由

カナガンの原材料

 

サツマイモは原価が高いため、一般的にドッグフードでは使用されません。

しかし、贅沢にもカナガンではサツマイモを使用しています。

「そんな余裕があったら、もっと安くしてほしい!」と思ってしまいますが、実はこのサツマイモにも重要な働きがあるんですね(^^;

 

カナガンは消化の良さにこだわった“グレインフリー”の製品です。

もちろんこれは良いことなのですが、穀物が含まれていないとどうしても腹持ちが悪くなるんですね。

 

そこで腹持ちを良くするために、穀物の代わりにサツマイモを使用しているんですね。

サツマイモは時間をかけてゆっくり吸収されるので、血糖値が上がるのを防ぎ、食欲抑制にもつながります♪

 

エンドウ豆、ニンジン、リンゴ、ホウレンソウ、アルファルファ

カナガンの原材料

 

これらの野菜はビタミンミネラルを摂取するために使用されています。

犬は自力でビタミンCを生成することができますが、その他のビタミンや鉄分などは外から摂取するしかありません。

 

安価なドッグフードでは、ビタミンやミネラルを配合するために聞いたことのないカタカナの原材料が並ぶものです。

しかし、カナガンには私たちが食べれるようなニンジンやリンゴなどが使われています。

ヒューマングレードと一言でいっても、じっくり原材料を見てみると“いかに安全であるか”が分かりますよね。

 

ジャガイモ、海藻、サーモンオイル

カナガンの原材料

画像元:http://ganmaga.jp/

 

これらの原材料には、毛並みにツヤを出すオメガ3脂肪酸がたっぷり含まれています。

特に海藻とサーモンオイルを使用しているのがポイントです。

 

これらも決して原価は安くないので、“亜麻仁油”というオイルからオメガ3脂肪酸を摂るのが一般的です。

しかし、実は亜麻仁油よりもサーモンオイルのほうが消化吸収率は高いんですね。

 

「カナガンを食べて2~3週間で毛並みがグッと良くなった」という声が多いように、毛並みが良くなるスピードにもその差は現れるようです^^

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

グルコサミン・コンドロイチン

グルコサミンコンドロイチンは関節サポート成分として知られていますよね。

特に小型犬はシニア期になると関節のケガが増えるので、これらの成分が入っていると理想的です。

 

ちなみに、当サイトで紹介している

などにも、グルコサミンやコンドロイチンは含まれています。

 

しかし、関節サポート成分の量を比べると、カナガンが頭1つ飛び抜けている状況です。

ここでは一般的な人気ドッグフードと比較してみます。

 

ドッグフード名 グルコサミン コンドロイチン
ナチュラルハーベストドッグフード 関節 550mg 440mg
ユーカヌバドッグフード 関節 475mg 45mg
カナガンドッグフードカナガン おすすめ 1000mg 700mg

※1kgあたり

 

こうして比べてみると、カナガンに含まれる量はケタ違いに多いことが分かりますよね。

この事実は意外と知られていませんが、個人的にカナガンをオススメする大きな理由でもあります。

(サプリメントもありますが、毎日の食事から摂るほうが楽ですよね)

 

当サイトからも「関節ケアのため」「今後のケガの予防のため」にカナガンを購入される方もたくさんいますよ^^

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

カナガンの原材料まとめ

  • お肉たっぷり(チキン51%配合)
  • 穀物不使用
  • 100%無添加
  • 良質なサーモンオイルと海藻
  • 関節サポート成分もケタ違いに配合

 

これまで何百というドッグフードを見てきましたが、カナガンの原材料は間違いなくトップクラスです。

なによりも、すべて人間でも食べられる食材というのは安心ですよね(^^;

 

原材料のチキン1つをとっても、「平飼いで飼育している」といった強いこだわりが見られます。

腹持ちを良くするために、高品質なサツマイモを使用しているのも好感が持てます。

 

カナガンを食べる犬の画像

 

危険な原材料もなく、健康に良いものばかりなので、原材料では何も心配する必要はありません。

これで1日約118円(成犬3kg)というコスパの良さなので、一度試してみる価値はありますよ^^

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

※カナガンの最安値は公式サイトです

 

関連記事

【カナガンの口コミや評判】総合分析した記事

カナガンは偏食の子でも食いついてくれるの?

カナガンの価格を他のフードと徹底比較

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ