カナガンは太るって本当?実際の口コミとその実態を検証!

カナガンドッグフード

 

「カナガンドッグフードは太りやすいって本当?」

こうしたご質問もよくいただくので、今回はこの点について詳しく見ていきます。

カナガンで太ってしまう原因や解決策を紹介するので、是非参考にしてみてください。

カナガンで太るという口コミ

まずは、実際に「カナガンで太った」という飼い主さんの口コミをいくつか紹介します。

カナガンに変えてからというもの、すごい食いつきで喜んで食べています。

しかし、1か月後に変えたら体重が1kg近く増えていました・・・。

トイプードル 3歳

うちの子は元々太りやすい犬ですが、カナガンに変えてから順調に(?)太ってしまいました。

今はダイエット用のフードを与えています。美味しそうに食べていただけあって残念です。

チワワ 4歳

 

カナガンの口コミを調べていると、少なからずこうした飼い主さんの声も目にします。

カナガンで太るワンちゃんがいるというのは紛れもない事実です。

 

しかし、これにはハッキリとした原因があります。

決してデメリットではないので、購入前に是非チェックしておきましょう。

 

カナガンで太ってしまう原因

カナガンを食べる犬の画像

 

すごく初歩的なことのように思えますが、カナガンで太る原因の多くは“食べ過ぎ”です。

実は、多くの飼い主さんが知らないカナガンの注意点というのがあるんですね。

 

カナガンの1日与える量

体重(kg) 1日の給与量(g)
3kg 35~80
5kg 75~120
10kg 90~190
15kg 110~240
20kg 135~285

 

ご覧のように、カナガンの1日の給与量は少なめです。おそらく今与えているフードよりも少ないのではないでしょうか?

これはカナガン1粒1粒の栄養価が高く、少ない量でもしっかり栄養が摂れるからなんですね。

そのため、フードの減りも遅く、結果的に1日約118円(成犬3kg)というコスパも実現しているわけです。

 

ドッグフード名 100gあたりのカロリー
ナチュラルドッグフード 約334kcal
モグワン 約344kcal
カナガン 約361kcal
ロイヤルカナン 約396kcal

※カロリーも他のフードと比べるとやや高めです

 

しかし、栄養価が高いということは、少しでも与える量をオーバーしてしまうと太りやすいということでもあります。

この点はしっかりと心得ておきたいポイントです。

 

カナガンに切り替えたばかりの頃は、いきなり食べる量が減るため、ワンちゃんも物足りないと感じるかもしれません。

それに食いつきが良いだけあって、「もっとちょーだい!」とゴネるかもしれません。

 

そのときに飼い主さんが与える量を守れるかどうかです。

ワンちゃんがゴネても、栄養はしっかり摂れているので、余分に与える必要はありませんよ!

 

カナガンで太らないようにする対処法

カナガンを食べようとするラブラドールレトリバー

 

カナガンを食べさせる際には、必ずパッケージに記されている量を守りましょう。

飼い主さんのなかには“ドッグフードごとに与える量が違う”というのを知らない方も多いので注意してくださいね。

 

また、ベストな量を探すためには、ウンチの状態を確認しながら調節するのがオススメです。

(理想的なウンチの状態は以下の通りです)

  • 形は長細く、コロンとしている
  • 適度な水分とツヤがある
  • つまんでも崩れない硬さ
  • 少し黒めの黄土色(食べたものによる)

 

パッケージに記載されている量もあくまで目安です。

その子その子によってベストな量は違うので、理想的なウンチの状態になる量を探ってあげましょう。

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

カナガンで太る原因と対処法【まとめ】

カナガンで太る原因の多くは“食べ過ぎ”がほとんどです。

1日に与える量を守っていれば、太ることはありません(運動不足を除く)

 

食いつきが良いだけあって、初めのほうはワンちゃんもゴネるかもしれません。

そのときに飼い主さんも我慢しなければいけないということは知っておきたいポイントですね(^^;

 

これさえ守れば太る心配もありませんし、栄養満点のカナガンの実力もフルに発揮されるはずです^^

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

 

【おまけ】カナガンで健康的に太る犬

カナガンの袋に記載されている量をしっかり守って与えていましたが、最近少し太ってきました。

これもカロリーが高いせいなのでしょうか・・・(ちなみに運動量は足りています)

 

「与える量を守っているのに太った」という口コミもごく稀に見かけることがあります。

もちろんその子の体質などにも左右されることもあると思いますが、実はこの話にはタネ明かしがあります。

 

ここからは、知り合いの獣医さんに聞いたお話をもとに解説しますが・・・

実は、体重が増えた=肥満になったとは限らないんですね。

これはヒトの場合も同じで、筋肉や骨格がしっかりついてくると体重は増えますよね?

 

とりわけ、カナガンの原材料には

  • チキン51%配合
  • 関節サポート成分

といった骨格や筋肉をつける成分がたっぷり配合されています。

 

逆に脂肪がつきやすい“炭水化物”はほとんど含まれていないので、

脂肪が落ちて筋肉がついた=体重が増えた

というワンちゃんも実は多いんですね。

 

カナガンで太った!と勘違いされる方もいますが、健康的に筋肉がついただけというケースも多いので、この点も是非覚えておいてくださいね(^^;

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

 

※肥満or痩せ気味は体重だけで判断できません。環境省においてもBCS(ボディコンディションスコア)での測定が推奨されています。

カナガンで太ったのは筋肉がついたからかも

引用元: 環境省ペットフードガイドライン

※今後は実際に触れて、ワンちゃんの肥満or痩せ気味をチェックしてあげてくださいね!

 

関連記事

カナガンを最安値で購入する方法

カナガンとロイヤルカナンを5つの項目で徹底比較

カナガンとナチュラルドッグフードの4つの違い

カナガンの口コミと評判【管理人レビュー】

 

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ