なぜコーギーのしっぽは短いのか?しっぽの長いコーギーとの違いに迫る!

コーギー しっぽ

photo by sⓘndy°

 

「どうしてコーギーのしっぽは短いんだろう?」

あなたもふと疑問に思ったことはありませんか?

実はコーギーのしっぽが短いのは・・・生まれつきではないんです!

コーギーのしっぽが短い理由

コーギー

photo by Brad Armentor

 

コーギーのしっぽが短い理由には、

  • 昔からの名残
  • 見た目の問題
  • 人間のエゴ

など様々な要素が絡んでいます。

冒頭でもお伝えしたように、実は生まれた頃はコーギーにも立派なしっぽがあります。

それでは、一体なぜしっぽを短くするようになったのでしょう?

 

1.牧畜犬としての働きを優先してしっぽを切った

元々は牛や羊を追いかけまわす牧畜犬だったコーギー。

「牛を追いかけまわす際に、しっぽが長いと牛に踏まれる可能性がある!」

といった理由から、しっぽが切り落とされるようになったのが始まりです。

また、森の中を走り回る際に、木の枝や棘がしっぽに刺さるのを防ぐためという理由も。

このようにある種の予防医学として、しっぽが切り落とされるようになったという経緯があります。

 

2.犬種標準を満たすためにしっぽを切った

犬イラスト

 

血統書の発行やドッグショーを主催する、JKC(ジャパンケネルクラブ)。

こうした団体が定めた犬種標準(スタンダード)を満たすためというのも理由の1つです。

犬種標準(スタンダード)というのは、予め決められた犬のあるべき姿です。

「トイプードルの耳はこうあるべきだ」

「ダックスフンドの鼻はこうあるべきだ」

といったように、実は犬種ごとに細かく定められているんですね。

 

そして、コーギーのしっぽもこの例に漏れないのです。

当然、血統書にも「犬種標準を満たしている」と記載されるため、多くのブリーダーさんはしっぽを切り落とします。

 

 

3.見た目&売上げを優先してしっぽを切った

お金の画像

 

コーギーといえば、「しっぽが短くて、プリプリしたお尻が可愛い!」といったイメージが強いですよね?

今ではこの認識こそが、コーギーの需要を高める大きな理由となっています。

  • 単純にしっぽが短い子のほうが売れる
  • THE・コーギーといった子のほうが人気が出る

こうした状況も踏まえれば、当然ブリーダーさんもしっぽを切り落とすようになります。

こうした見た目や売れ行きといった問題も、コーギーのしっぽを切り落とす理由の1つだと言われています。

 

コーギーのしっぽを短くする方法

ここまでの流れから、「人間が意図的にコーギーのしっぽを短くしている」というのはお分かりいただけだと思います。

それでは、どのような方法で短くしているのでしょうか?

(ここからは胸が痛むお話です)

 

外科手術による断尾

医者

 

まずは外科手術による方法。

生後間もないころに、ハサミでしっぽを切り落としてしまう方法です。

 

これには当然、大きな痛みが伴います。

子犬にとって麻酔は大きなリスクとなるので、基本的には麻酔ナシで行われます。

想像するだけで、いたたまれない気持ちになりますよね・・・。

 

「子犬の頃は神経が発達していないから強い痛みを感じない!」

といった意見から、これまで実施されてきましたが、

「それは間違っている」という意見も多くなり、今では反対派の声が多くを占めています。

(もちろん私も反対です)

 

結紮法(けっさつほう)

結紮法は、しっぽの根元をひもやゴムなどできつく縛り壊死させて落とす方法です。

外科手術となると費用がかかるので、このように自分の手でしっぽを落とすブリーダーさんも多いようです。

どちらの方法も子犬にとっては想像を絶する痛みやツラさを伴うはずです。

 

コーギーの断尾に対する社会的な意見

バツの画像

 

ここ数年、動物愛護の観点からも反対の声が増えてきています。

  • 猟犬ならまだしも、家庭で飼われるコーギーのしっぽが短い意味はない!
  • 犬種標準?売れる?そんなの人間のエゴでしかない
  • 普通に考えて、虐待ではないか!

 

こうしたたくさんの人の声が、徐々に社会を動かし始めています。

ヨーロッパでは、しっぽや耳を切り落とすことを禁止する条例なども広がってきています。

もちろん、日本でもその声は多くなってきています。

最近では立派なしっぽをフンフンさせているコーギーを見かける機会も増えてきました。

しっぽを切らなくなったブリーダーさんもたくさんいますし、本当に素敵だと思います!

 

しっぽが短いことによるデメリット

コーギー

photo by anko.gaku_ula

 

実は、しっぽを切り落とされることで、コーギー自身の生活にもデメリットが生じます。

「コーギー自身は困ってるんだよ!」ということも、改めて紹介させてください。

 

体のバランスが崩れる

犬のしっぽは、船でいうところの「舵(かじ)」にあたります。

しっぽをうまく左右に振ったりして、体全体のバランスを取る。

これはコーギーに限った話ではなく、ワンちゃんみんなに言えることです!

体のバランスを絶妙に保ち、思い通りに走るためにはしっぽが必要です。

 

“しっぽがない犬はしっぽがある犬よりも、身体能力や平衡感覚が劣っている”

こうしたデータもあるくらい、しっぽは健康にとって重要なのです。

参考文献:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1751-0813.1996.tb13737.x/abstract

 

意思疎通の不自由

犬はしっぽによって様々な意思表示をしている、というのはご存知でしょう。

これは飼い主さんと犬の間の話だけでなく、犬同士でも同じです。

 

つまり、しっぽがないことで他の犬から

「コイツ一体なに考えているか分からねーよ」

と警戒されることも多いんです。これも寂しいことですよね・・・。

※これも研究として発表されています

参考元:http://web.uvic.ca/~reimlab/robodog.pdf

 

まとめ

  • どのコーギーも生まれた頃はしっぽが生えている
  • 様々な理由で、子犬の頃にしっぽが切り落とされる
  • しっぽを切り落とす際は子犬に大きな痛みが伴う
  • しっぽは運動能力やコミュニケーションのために必須

 

今回の内容について、あなたはどう思いましたか?

私はコーギーにとって「しっぽは必要だ!」と思います。

それに、コーギーを可愛いと思う理由は、なにも短いしっぽだけではありません!

どこかキリッとした顔つきや少しわがままな性格など、他の部分でも十分に愛せます。

それに、長くて立派なしっぽもめちゃくちゃ可愛いんですよ?

 

コーギー しっぽ

画像元:http://corgi.breeders.jp/show/150311038/

 

しっぽを上にピンッと上げて、嬉しそうにフンフン♪歩いている姿を見ると、つい笑みがこぼれます。

立派なしっぽがあるのに「お尻の穴が丸見え」というのも、その可愛さに拍車をかけます。

 

コーギーのしっぽを短くする理由は様々です。

単なる見た目の問題から、難しい大人の事情なんかもあるでしょう。

ただし、そこにコーギー自身の意思は反映されていないということ!

このことを忘れてはいけません。

犬の幸せと健康を考え、犬が犬らしく生きられるように・・・

このことを一番に考えるべきだと思った今日この頃です。

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ