失敗しない!ミニチュアダックスフンドにおすすめのドッグフード

ダックスフンド

photo by Jason Tucker

 

ここでは(ミニチュア)ダックスフンドにおすすめのドッグフードを紹介しています。

一般的にダックスは病気をしにくい犬種と言われていますが、ダックスフンドだけがなりやすい病気もあります。

そうした病気の予防も踏まえて、ダックスに合ったドッグフードを選んでいきましょう。

ダックスフンドに多い3つの悩み

ダックスフンド

photo by Jason Tucker

 

ダックスフンドの飼い主さんに多いお悩みは、主に以下の3つです。

  • 肥満になりやすい
  • 好き嫌いが激しい
  • 便秘・下痢をしやすい

なかでもダックス特有と言えるのが、“肥満になりやすい”ということです。

この点にはしっかり配慮して、ドッグフードを選んであげたいところです。

 

なぜダックスは肥満になりやすいのか?

ダックスはもともと狩猟犬だったこともあり、必要とする運動量はかなり多めです。

そのため、必要とするカロリー量(つまり食欲)も他の犬種より多いと言われています。

 

運動大好き!食欲旺盛!そんなダックスから運動をとったら・・・食欲だけが残りますよね?

これが肥満になりやすい原因です(簡単に言うと運動不足ですね)

 

ダックスだけがなりやすい病気とは

医者

 

ダックスフンドは他の犬種よりも“椎間板ヘルニアになりやすい”というのはご存知かと思います。

ダックスフンドのヘルニア発症率は約40%。

他の犬種の発症率が1%以下であることを考えると、その異常さは一目で分かります。

 

そして、何を隠そう、ヘルニアの一番の原因が肥満なのです。

胴長・短足という足腰に負担がかかりやすい体型に・・・肥満が加わるわけですね。

 

ご自身のワンちゃんも、今はヘルニアではないかもしれません。

しかし、ダックスというのはその危険性と常に隣り合わせの犬種だということは知っておきましょう。

 

ダックスフンドに適したドッグフードの条件

ドッグフードの画像

 

  • 肥満になりやすい
  • 椎間板ヘルニアになりやすい

といったダックス特有の悩みは、幸いにもドッグフード選びだけで解決できる可能性が高いです。

ここからは、ダックスに必要なドッグフードの条件を見ていきましょう。

 

低脂肪のフードを選ぶ

ドッグフードの脂質は、肥満に直結する成分です。

脂肪も健康にとっては必要な成分ですが、太りやすいダックスの場合はできるだけ低脂肪のものを選ぶのが理想です。

※余計な炭水化物が入っていないものが好ましい

 

高タンパクのフードを選ぶ

椎間板ヘルニアを予防するためには、ダックスの長い背骨をしっかりと支える筋肉をつけることも重要です。

そのためには、ドッグフードからより多くのタンパク質を摂る必要があります。

※犬に必要なタンパク質は植物性タンパク質(穀類)ではなく、動物性タンパク質(お肉)です

 

食いつきの良いフードを選ぶ

「好き嫌いが激しい」というのも、ダックスの飼い主さんに多いお悩みの1つです。

そのため、少しでも食いつきの良いフードを選ぶのも大事なポイントだと思います。

 

もちろん、食いつきが良いかどうかは実際に与えてみるまでは分かりませんが、

「せっかく買ったのに食べなかった」というのは避けたいところ。

そのため、できるだけ多くの子が食べている実績のあるドッグフードを選ぶと安心です!

 

ダックスフンドにおすすめのドッグフードは?

ここまでを踏まえて、ダックスフンドにおすすめしたいのがアランズナチュラルドッグフードです。

 

アランズナチュラルドッグフード

 

今ネット通販で飛ぶように売れているナチュラルドッグフードは、

  • 高タンパク
  • 低脂肪
  • 食いつきが良い

といった前述の条件もしっかり満たしています。

肥満やヘルニアになりやすいダックスにはピッタリのドッグフードなんですね。

 

完全アレルギー対応の原材料

生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

 

ナチュラルドッグフードの原材料はわずか10種類のみ。すべて自然の素材で、アレルギーや太る原因になるものは一切排除されています。

また、主原料であるラム肉がフード全体の約55%を占めているため、タンパク質も十分に摂取できます。

これは長い背骨を支える筋肉をつけるという意味でも嬉しいポイントですよね^^

 

※粗タンパク質は20・0%と低めですが、市販のフードよりも栄養満点です。

⇒ナチュラルドッグフードのタンパク質が低い理由|健康的に問題ないの?

 

低脂肪・低カロリーだから太りにくい!

また、ナチュラルドッグフードは、カナガンやFINEPET’Sといった有名どころのプレミアムドッグフードよりも、実は低脂肪となっています。

 

フード名 粗脂肪
カナガン 17%
FINEPET’S 16%
ナチュラルドッグフード 12.5%


こうして高タンパク&低脂肪というのがナチュラルドッグフードの大きな特徴なんですね。

ちなみに100gあたりのカロリーは市販の「ダイエット用」フードとほとんど変わりません。

 

フード名 100gあたりのカロリー
ナチュラルドッグフード 約334kcal
ソリッドゴールド 約333kcal
シュプレモ(体重管理用) 約330kcal
ナチュラルチョイス(体重管理用) 約330kcal

 

これだけカロリーも抑えられているので、太りやすいダックスでも安心して食べることができますよね^^

(与える量を減らせば、ダイエット用として使うこともできます)

 

良質なラム肉がメインなので、食いつきも好評。「好き嫌いの激しいうちの子でも食べた」といった口コミも多いのが特徴です。

(公式サイトはコチラ↓)
アランズ ナチュラルドッグフード|100%無添加のプレミアムドッグフード

 

 

アランズナチュラルドッグフードなら、太りにくく、栄養もたっぷり摂ることができます。

1日当たり約193円(成犬6kg)と、市販の製品と変わらないコスパなので、続けやすいのも魅力です。

 

ダックスの飼い主さんもたくさん愛用しているので、ドッグフード選びに迷っている方にはオススメですよ^^

(公式サイトはコチラ↓)
アランズ ナチュラルドッグフード|100%無添加のプレミアムドッグフード

 

 

関連記事

ナチュラルドッグフードの悪い評判|3つのデメリットも解説

ナチュラルドッグフードの価格を販売店ごとに徹底比較!

ナチュラルドッグフードの口コミと評判【徹底レビュー】

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ