犬の下痢をたった1日で治す方法!飼い主がすべき対処法まとめ

トイプードルの画像

 

愛犬がいきなり下痢をしてしまうと不安になりますよね。

病院に連れていくべきか、様子見で大丈夫なのか・・・このような悩みも生じるものです。

ここでは犬の下痢の原因やその対処法をまとめています。適切な措置を取ってあげるためにも、是非参考にしてみてください!

下痢以外にこんな症状がある場合は要注意!

まずは急を要する症状から見ていきましょう。下痢と合わせて次の症状が見られた場合は、病院で診てもらうことをオススメします。

  • ぐったりしている
  • 嘔吐を併発している
  • 食欲がない
  • 便に血が混じっている
  • 体重減少
  • 数日間下痢が続いている

 

これらは一過性の下痢ではなく、慢性的な胃腸の病気や、その他の病気によって引き起こされた下痢の可能性が高いです。

下痢以外の症状(嘔吐など)を併発していないかどうかをまずは確認してください。

 

下痢以外の症状が見られず、ワンちゃん自身もピンピンしているようであれば、絶食(詳しくは後述)して1日様子見するのが一般的な対処法となります。

 

犬が下痢をする代表的な原因

  • 疲れ、ストレス
  • 食べ過ぎ
  • 異物誤飲
  • お腹の冷え
  • 消化不良

 

そもそも犬は下痢をしやすい生き物で、ちょっとした疲れやストレスで下痢を起こすこともしばしばあります。

しかし、異物誤飲、お腹の冷えによる下痢など、我々飼い主の手で防げる原因も多いんですね。

下痢の原因で最も多い消化不良も我々の気配りで防ぐことができます。

この場合はドッグフードが合っていない可能性が高いので、「うちの子はよく下痢をする」という場合は、まずは食生活を見直してみましょう。

 

下痢の原因となるドッグフード

ドッグフードの画像

 

下痢を起こす原因となるドッグフードには、往々にして消化の悪い原材料が含まれています。

消化の悪い原材料というのは、ずばり“穀物”“人工添加物”です。

安価なドッグフードの多くは、穀物(小麦、トウモロコシなど)を主原料としていますが、穀物(植物性タンパク質)というのは、犬にとって消化しづらいもの

穀物の分解を促進するアミラーゼなどの消化酵素も、犬は持ち合わせていないんです。

 

本来は肉食動物である犬にとって、必要なのはお肉(動物性タンパク質)です。

実は体の構造も、動物性タンパク質を消化しやすいものになっています(犬は腸が短い生き物です)

 

胃腸が弱い子なら、普段口にしている穀類のせいで下痢を起こしていることも十分に考えられます。

お肉メイン(動物性タンパク質)のフードに切り替えるだけでも、下痢の頻度は少なくなるはずですよ!

⇒お肉メインの100%無添加ドッグフードランキングへ

 

今すぐ治す!犬の下痢の対処法

犬の食糞をやめさせたいときの食糞防止対策

 

最も効果的なたった1つの方法

下痢を治すには1日絶食する方法が最も効果的と言われています。

お腹の中を1度空にして、消化器を休めてあげるのはポイントです。できれば丸1日は食事を抜き、水だけを与えてあげましょう。

 

翌日に便をチェックして、下痢が治まったようであれば、少しずつドッグフードの量を増やしていき、元の状態にまで戻していきます。

大半の下痢は1日絶食するだけで治るため、犬がご飯を欲しがってもこの日だけは飼い主さんも我慢です。

 

水を頻繁に飲ませてあげよう

本来は腸で吸収されるはずの水分がそのままお尻から出るため、下痢の際は脱水症状を引き起こす場合があります。

脱水症状を起こしているかどうかは、首のうしろあたり(背中付近)の皮を引っ張って皮の戻り具合を見ることである程度見抜くことができます。

 

すぐに皮が戻れば正常ですが、じわっと時間をかけて戻るようであれば脱水を起こしている可能性があります。

このように脱水が疑われる場合もあるので、念のため確認してあげてくださいね。

 

獣医さんに伝えたい情報

  • 便の様子(色や固さ)
  • 便の頻度
  • その日食べたもの
  • 体重減少の有無
  • 水をよく飲むかどうか

 

下痢を起こした際の症状は、治療方針を立てる獣医さんにとって非常に役立つ情報となります。

愛犬が早く回復するためにも、上記の項目をメモするなどして、獣医さんに伝えられると理想的です。

 

まとめ

  • 下痢以外の症状が見られた場合はすぐに病院へ
  • 1日絶食することでほとんどの下痢は治る
  • 脱水症状の子には水を飲ませる
  • よく下痢をする子はフードを見直す

 

愛犬が下痢をしても、慌てずによく観察し、その都度適切な措置を取れば、大事に至ることはありません。

犬が下痢をすることはよくあるので、今後も犬が下痢をした際には今回の内容を是非生かしてあげてください。

 

※以下は便に関するチェックポイントです。普段から犬の便をチェックしておき、すぐさま異変に気付けるようにしておきましょう。

便の特徴 考えられる要因
色が茶色い 食べ物によって変化する範囲
色が黒い 鉄分の多い食べ物/消化管の上流で出血
色が赤い 消化管の下流で出血
色が薄い 下痢気味/胆汁が不十分
明らかに固い 水分不足/便秘で詰まっていた
ドロドロの液状 下痢

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ