飼い主なら知っておきたい犬ジステンパーの症状と治療法

草を食べようとしている犬の画像

 

犬ジステンパーは命に関わる病気です。

ワクチン接種で事前に予防することができますが、その危険性や症状は飼い主として知っておきたいものです。

犬ジステンパーとは

ジステンパーは、犬ジステンパーウイルスによるウイルス感染症です。

  • 目やに
  • 鼻水
  • 嘔吐
  • 下痢

 

ジステンパーに感染すると上記のような症状がみられ、同時に発熱を伴うことが多いのが特徴です。

 

病中病後などで体が弱っていたり、栄養状態の悪い犬がかかった場合、その死亡率は50~90%と非常に高く、回復後もなんらかの後遺症が残るケースも多いです。

 

犬ジステンパーの感染経路

主な感染経路は、接触感染飛沫感染の2つです。

いずれにせよ、すでにジステンパーに感染している犬からウィルスをもらうことで発症します。

 

具体的には、ジステンパーに感染している犬の目やに・鼻水、尿・便などに接触したり、くしゃみ・咳を吸い込むことで感染します。

 

ジステンパーの症状

予めワクチンを接種している犬であれば、感染しても無症状もしくは軽めの呼吸器系症状(咳など)で済みます。

しかし、ワクチンを接種していなかったり、他の病気で体が弱っている成犬や子犬など、免疫力が低下している状態で感染した場合は非常に危険です。

 

その際に確認される主な症状は以下の通りです。

  • 目やに・鼻水
  • 40度前後の発熱
  • 咳・くしゃみ
  • 嘔吐・下痢

 

初期症状は他の病気でもよく見られるものですが、症状の進行が早いため、気付いたときには手がつけられないといったケースも多いです。

感染から日が経つにつれて、症状はどんどん重くなり、最悪の場合は死にいたる怖い病気です。

 

ジステンパーの治療法と対策

今現在、ジステンパー自体に有効とされる治療薬は存在しません。

そのため、点滴や抗生剤などによる対症療法で回復を待つのが一般的です。

 

我々飼い主がジステンパーから愛犬を守るためにをやることはたった1つです。

ワクチン接種を受けさせることです。

とにかく感染する前に防ぐことが大事な病気ですし、ワクチン接種でほぼ100%防げる病気です。

 

適切な時期・回数を確認して、ワクチンは必ず済ませておきましょう。

関連記事: 毎年必要なの?犬の予防接種の本当の目的について

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ