犬もリンゴで健康に!4つのメリットとおすすめレシピ3選

リンゴ

 

飼い主「さてと、リンゴでも食べよー」

犬「ワ~ン(おいしそう)」

飼い主「・・・欲しいの?」

犬「ワンワンワン!(くれくれくれ!)」

飼い主「え・・・リンゴってあげてもいいの?」

 

とお悩みの皆さん!

犬とリンゴに関して、ワタクシ犬部長が解説します。

 

勢い余って・・・美味しいリンゴの見分け方まで紹介しちゃうかもしれません。

犬にリンゴをあげても大丈夫?

欲しがる犬

 

結論から言いましょう。

リンゴはあげても・・・大丈夫です!

しかし、無理にあげる必要はありません。りんごが苦手な子もいます。

諸々の注意点は後半で紹介するので、必ずお読みください。

 

さて、リンゴは弱った胃や腸を元気にしてくれるだけでなく、様々なプラスの効果に期待できます。

なにより、リンゴは超低カロリーです!

 

項目含有量
エネルギー54.0kal
水分84.9g
ビタミンC4.0g
カリウム110mg
食物繊維1.5g
炭水化物14.6g

※リンゴ100gに含まれる栄養素

 

リンゴ100gに含まれるカロリーは54kal。

これは同じ量のごはんの約1/3のカロリーです!適量であればワンチャンが太る心配もありません。

また、リンゴにはカリウムや食物繊維もたくさん含まれています!

リンゴが健康にもたらす効果をさっそく見てみましょう。

 

犬も驚く!リンゴがもたらす4つの効果

たくさんのリンゴ

 

  • 疲労回復
  • 脳のエネルギー源
  • 腸内環境を整える
  • 高血圧・脳卒中の予防

 

リンゴで疲労回復!

スポーツドリンクなどに多く含まれるクエン酸は疲労回復に役立つ、というのはご存知でしょう。

実は、リンゴにもそのクエン酸が含まれています。

それだけでなく、リンゴ酸リンゴポリフェノールといった疲労回復に役立つ栄養素も含まれているので、

リンゴを食べることで、愛犬は明日もあさっても元気100倍!(困るっちゃ困りますよね)

 

リンゴは脳のエネルギー源

リンゴにはブドウ糖も含まれています。

脳のエネルギー源となるブドウ糖は、ドッグフードなどでは摂ることができないため、リンゴを食べることで同時に摂取できるのはメリットです!

 

腸内環境を整える

リンゴにはたくさんの食物繊維が含まれています。

腸内の善玉菌を増やしてくれる食物繊維や、コレステロールを吸着してくれる食物繊維が含まれているため、

下痢便秘を防いだり、血液をサラサラにしてくれる効果も!

 

高血圧の予防

食生活によっては、犬も高血圧になってしまいます。

もちろん、まともな食生活をしていれば大丈夫ですが、

リンゴには塩分を排出してくれるカリウムが多く含まれているため、高血圧を防ぐ効果も見込めます!

 

リンゴあげる時もこれだけは守ろう!

ゴールデンレトリバー

 

  • あげすぎには注意!
  • りんごが苦手な子もいる!
  • あげていいのは果実と皮だけ!

 

適切な量を与えよう

リンゴには疲労回復に役立つブドウ糖のほかに、果糖などの糖分も多く含まれます。

リンゴは果物のなかでも、バナナに次いで糖質が多い果物です。

 

種類糖質量(g)
バナナ21.4
りんご13.1
みかん11.0
メロン9.9
もも8.9

※100gあたりの糖質量

 

低カロリーといえども与えすぎると逆効果になってしまうので、与える量には注意してください!

 

1日にあげても良い量の目安は、リンゴ約1/4程度(約20g)です。

丸々1個食べても大丈夫な子もいますが、食べても大丈夫な量は体の大きさなどに比例します。

ちゃんと消化できているか、下痢をしていないかなど様子を見ながら、少しずつ与える量を増やしていきましょう。

 

リンゴアレルギーに注意!

リンゴにアレルギーを示すワンちゃんも中にはいます。

リンゴに限らず、アレルギーの中毒症状は命に関わるので、初めてリンゴを与える際は極々少量からスタートしてください。

 

あげていいのは果実と皮の部分

リンゴの葉っぱには中毒性物質が含まれています。

リンゴ1個を盗み食いした程度では致死量に到達しませんが、体に害であることは間違いありません(消化も悪いです)

与える際は種や茎は取り除いてあげるようにしましょう!(皮は栄養もあるのでOK)

 

リンゴをあげる際のワンポイント

犬は元々消化が苦手です。

特に食物繊維が多く含まれる果物や野菜は、消化されずにそのままウンチの中に混じって出てくることもあります。

また、犬は噛まずに飲み込む習性もあるため、塊のままだと喉を詰まらせてしまう可能性もあります。

リンゴをあげる際は細かく切り刻んだり、すりつぶしてあげると安全です!

 

美味しいリンゴの見分け方

おいしいリンゴ

 

美味しいリンゴのほうがワンちゃんも喜んでくれますし・・・なにより我々飼い主も喜びますよね(笑)

以下は、スーパーで役立つ「美味しいリンゴの見分け方」です!

 

  • お尻の色が青とか緑よりも、黄色とか橙色、飴色のものを選ぶ

  • 同じ大きさなら重い方を選ぶ

  • ツル(左の写真)が太くてしっかりしているものを選ぶ

  • 皮がツルツルしているものよりザラザラ、デコボコしている方を選ぶ

  • 全体が鮮やかな赤い色をしているものを選ぶ

出典:あづみ野 彩果園(さいかえん)さん

 

犬も満足!おすすめリンゴレシピ3選

最後に、リンゴを使った犬用レシピを紹介します。

毎日気軽に作れるようなものや、手の込んだ力作もあるので、是非参考にしてみてください!

 

手作り!犬も食べれるりんごチップ!

リンゴチップス

出典:犬のいない生活なんて・・・忘れちゃった♪

リンゴをスライスして、オーブンで焼くだけの簡単レシピです。

いつもと違う食感に犬も喜んでくれること間違いナシ!日持ちするので、毎日のおやつとしてあげられるのもGOOD!

 

犬のパンケーキ

犬用リンゴケーキ

出典:http://cookpad.com/recipe/2528457

すりおろしたリンゴを生地に混ぜ合わせた、お手軽に作れるパンケーキです!こちらも冷凍保存しておけば、毎日のおやつ代わりにあげられます。

 

【犬用】林檎のレアチーズケーキ

犬用チーズケーキ

出典:http://cookpad.com/recipe/1327420

こちらは豪華なチーズケーキ!ワンちゃんの誕生日やお祝い事には持ってこいです。

先の2つのレシピよりも手間はかかりますが、作り方も画像付きで丁寧に解説されているので、誰でも簡単に作れちゃいます!

 

まとめ

リンゴは犬の健康に良いので、与える量などはしっかり守ったうえで、毎日のごほうびとしてあげてみてはいかがでしょうか?

あなたの犬もきっと喜んでくれると思いますよ!

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ