○○は不要!愛犬の健康のために必要な6つの栄養素とは

「うちの子はしっかりと栄養を摂れているのかな?」

「どんな食事を与えてあげればいいの?」

 

こうしたお悩みは本当によく耳にします。

しかし、愛犬にしっかり栄養を摂らせてあげることは、決して難しいことではありません。

 

犬にとって必要な栄養素についてまとめてみましたので、是非役立てていただければと思います^^

犬の健康に必要な6つの栄養素

犬 栄養

 

愛犬の健康に欠かせない栄養素は以下の6つです。

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

 

実は、この6つは人間が必要とする栄養素と全く同じです。

しかし、これらの必要とする比率が大きく異なります。

 

犬は肉食性の強い雑食で、栄養を体内に取り込むメカニズムも人間とは違うんですね。

それでは、愛犬の健康のために、これらの6つの栄養素をどのように摂取すればいいのでしょう?

 

タンパク質 【最重要】

タンパク質は犬にとって最も重要な栄養素です。

被毛・皮膚・筋肉をつくるために必要で、いわば犬の主食ともいえる栄養素ですね。

 

タンパク質が不足すると、体重が減ったり毛艶が悪くなったりと、様々な問題が生じます。

目やにや涙やけの原因の多くも、タンパク質の不足によるものです。

愛犬の涙やけ改善のために知っておくべき!涙やけとドッグフードの関係性

 

愛犬の健康のためには、タンパク質が多く含まれるドッグフードを与えること!

これが大前提となります。

 

犬 タンパク質

 

一般的なドッグフードは、お肉がメインのもの・穀物類がメインのものに分けられます。

これらはタンパク質の種類が異なり、

  • お肉がメイン ⇒ 動物性タンパク質
  • 穀物がメイン ⇒ 植物性タンパク質

に分けられます。

 

ここで注意したいのは、犬が本来必要とするのは動物性タンパク質ということです。

これは、高級ドッグフードと呼ばれるもののほとんどがお肉メインであることからも分かります。

 

一方の植物性タンパク質は、犬にとって消化しづらく、栄養が行き届かないという欠点があります。

市販のドッグフードの多くが穀物(植物性タンパク質)をメインとしているのは、なにも愛犬の健康に良いからではありません。

 

原価が安いからです。

 

アレルギーの原因の多くが、小麦やトウモロコシといった穀物類だということも見逃せない事実です。

 

愛犬に健康でいてもらうためには、まずはお肉たっぷりのドッグフードを与えることが重要です!

穀物メインのフードから切り替えるだけでも、毛並みや毛艶の変化はすぐに感じられるはずですよ。

今話題のお肉たっぷり&安全・安心のドッグフード

 

脂肪 【摂り過ぎ注意!】

脂肪は、愛犬のエネルギーの元となる栄養素です。

皮膚や被毛をキレイに保つためにも欠かせません。

 

摂りすぎると肥満になり、不足すると毛艶が悪くなる・・・非常にバランスが重要な栄養素の1つです。

一般的な目安は、粗脂肪8~12%のフードが理想的とされています。

 

ドッグフード 脂肪

 

ドッグフードの成分表における「粗脂肪」の数字は、必ずチェックするようにしましょう。

※脂肪は酸化しやすいため、脂肪が多く含まれるドッグフードには、それだけ多くの酸化防止剤が使用されていることにも注意してください

 

1つ付け加えるなら、ミニチュアダックスフンドやコーギーなどの太りやすい犬種は、より低脂肪のドッグフードを選んだほうが良いと思います。

 

かといってフードの品質まで落としてしまうと逆効果なので、“良質なお肉が含まれている”という条件も満たした低脂肪のものを選ぶようにしましょう!

お肉メイン&低脂肪!ダックスフンドにこそオススメのドッグフード

 

炭水化物 【犬には不要?】

炭水化物もエネルギー源になる栄養素です。

人間にとって主食ともいえる炭水化物ですが、実は犬にとっては重要ではないと言われています。

 

“犬にとって炭水化物は重要でないどころか、全く必要のないものである”

という研究者もいるほどです。

 

確かに、パンやご飯を食べなくても健康に暮らしているので、言われてみればそうですよね・・・

※恥ずかしながら、この業界に就くまでは私もこの事実を知りませんでした。

 

ドッグフード 炭水化物

 

ドッグフードに炭水化物が入っている理由は、タンパク質を体内で有効活用するためです。

炭水化物をエネルギー源として使うことで、タンパク質は別のところでもっと有効活用できるようになります。

 

まとめると、ドッグフード選びの際に「炭水化物の量」を気にする必要はありません。

※炭水化物は表示が義務付けられていないので、表記されていないフードもあります

 

ビタミン 【摂り過ぎ注意】

ビタミンは、体内の代謝を調節するために必要な栄養素です。

また、ビタミンの多くは犬の体内で合成できないため、ドッグフードから摂る必要があります。

 

犬に必要な14のビタミン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • パントテン酸
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • ビオチン
  • コリン
  • ビタミンC (←体内で合成されます)
  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK (←体内で合成されます)

 

ビタミンはフルーツなどで補ったほうがいいの?

現在のドッグフードには十分なビタミンが含まれているので、他のものから補う必要はありません。

一昔前とは違って、ドッグフードの質が上がった今ではビタミン欠乏症に悩むワンちゃんも随分少なくなりましたね。

 

むしろ心配なのは、ビタミンの過剰摂取です。

フルーツなども適量であれば、愛犬の健康に一役買ってくれますが、与えすぎると中毒やアレルギーのリスクも出てきます。。

 

とりわけビタミンC・ビタミンKは犬の体内で合成されるので、くれぐれも与えすぎには注意してくださいね。

犬にみかんをあげる際に知っておくべき3つの注意点

 

ミネラル 【極々微量】

ミネラルは、犬の骨や歯を作ったり、代謝を調節するために必要な栄養素です。

代表的なものは、

  • ナトリウム
  • カリウム
  • リン
  • カルシウム

などです。

ミネラルの必要量は極々微量ですが、なくてはならない栄養素です。

 

とはいえ、最近のドッグフードには十分な量が含まれているので、とりわけ他のものから摂取する必要はありません!

※ミネラルの過剰摂取は高カリウム血症などの重大な病気につながるので、摂りすぎには注意してください

 

犬に必要な栄養素まとめ

犬の食事を考えた時には、良質なタンパク質を十分に摂ることが最も重要です。

 

目やにや毛艶の悪さなども、穀物メインのフードからお肉メインのものに切り替えただけで改善するケースが非常に多いです。

それほど毎日摂取するタンパク質は、愛犬の健康に直結しているのです。

 

良質なお肉がメインのドッグフード(プレミアムドッグフードなど)であれば、その他の栄養素も十分カバーしているものがほとんどなので、それほど神経質になる必要はありません。

 

むしろ神経質になるべきなのは、保存料や着色料などの添加物です。十分に栄養を摂っていても、同時に危険な添加物を摂取していては元も子もありません。

“100%無添加”というのも、ドッグフード選びの際には是非加えてほしい条件の1つです!

 

 

手作り食を与える前に・・・

「愛犬に栄養満点の食事を与えたい!」

と、手作り食に挑戦する飼い主さんも最近は増えてきています。

 

たしかに、愛犬の体に入る成分をすべて把握できるというのは、非常に大きなメリットです。

しかし、手作り食はそれほど簡単なものではありません!

 

  • エネルギー源であるカロリーはどのように確保するか
  • ビタミン・ミネラルはどの食材から補給するか

 

こうしたことを細かく計算して毎回与える必要があり、決して“適当流”で成せることではありません。

 

「うちの子には茹でたキャベツにかつお節をまぶして与えています!」

といったような“うちのレシピ”が至る所で書かれていますが、その多くが“適当流”であることを忘れてはいけません。

 

そして、もう1つ。

「手作り食で愛犬の体に何か問題が起こった」

といったような失敗談を書き込む飼い主さんは一人としていません。

これも覚えておいてください。

 

本当に愛犬の健康のことを考えて、手作り食に挑戦する飼い主さんは少ないと思います。

その多くが「みんなも作ってるし、私も作ってみたい!」という飼い主さんの願望でしかないと感じています(・_・;)

 

手作り食というのは、本当に一生懸命勉強をして、調理に手間をかけ、食事にお金を充てられる人だけができるものです。

 

アメリカの獣医師116人に行った調査では、

手作り食を処方した獣医師のうち、犬にとって必要な栄養基準を満たしたものはわずか10%

という結果になっています。

 

手作り食というのは、ペットフード大国アメリカの獣医師にとっても難しいことです。

素人が行うのは容易なことではありません。

 

私は、しっかりした高品質なドッグフードを与えていれば、手作り食もおやつも必要ないと思っています。

少しでも手作り食に自信がないのであれば、その気持ちを良質なドッグフード選びに生かしてあげてください!

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ