犬にいちごをあげても大丈夫?絶対に守るべき3つの注意点

いちご

 

犬にいちごをあげても大丈夫なのか?

 

結論から言うと、適量であればいちごをあげても大丈夫です。

健康にもよく、冷蔵庫の残りのいちごをパッとあげるだけで、愛犬も喜んでくれるはずです。

 

しかし、いちごには中毒成分が含まれているので、必ず以下の注意点を守ってあげるようにしてください。

いちごをあげるときの注意点

  • いちごにはキシリトールが含まれる
  • 与え始めは少量から始めること
  • へたは必ず取り除こう

 

いちごにはキシリトールが含まれる

いちごには、犬が食べてはいけない物の代表であるキシリトールが含まれています。

万が一キシリトールを食べてしまうと、血糖値が急激に低下し、命に関わることもあります。

 

実際に誤食による死亡事故も確認されているほど、キシリトールは犬にとって危険な成分です。

まずは、このことを知っておいてください。

犬が絶対に食べてはいけない8つの野菜や果物

 

どのくらい食べると危険?

いちごのあげる量さえ守れば、キシリトールを気にする必要もありません。

犬が食べて危険とされるキシリトールの量は、犬の体重10kgあたり1000mg(1g)です。

※体重5kgの犬の場合は500mg

 

それでは、一体どのくらいのいちごを食べると、このキシリトールの量を摂取することになるのか?

 

項目 含有量
ビタミンC 62mg
カリウム 170mg
キシリトール 362mg
鉄分 0.4g
食物繊維 1.4g

※いちご100gあたり(乾燥重量)

 

いちご100gあたりに含まれるキシリトールは362mgです。

「え、そんなにも含まれているの!」

と思われるかもしれませんが、これは100gあたりの話です。

 

いちご1粒は大体8~15g程度なので、1粒あたりのキシリトールの量は約29~54gです。

 

つまり、危険とされるキシリトール量500mg(体重5kgの犬の場合)に達するためには、いちごを10~17粒食べなければいけません。

果たして、こんなにも犬は食べられるでしょうか。仮に食べることができても、さすがにこんなにも与えないですよね?

 

したがって、与えるいちごの量が常識の範囲内であれば何の問題もありません。

 

ちなみに・・・

 

キシリトール

 

市販のキシリトールガムには、1粒あたり約500mgのキシリトールが含まれています。

体重5kgの犬が誤って食べてしまうと、一発で命に関わる量です。

 

 

1日にあげるイチゴの量の目安

10粒以上あげることはないにしても、与えすぎはよくありません。

いちごにはたくさんの水分が含まれており、犬が消化を苦手とする食物繊維も含まれています。

食べ過ぎると、お腹をくだす原因にもなるので、喜ぶからといって与えすぎないようにしましょう。

犬の下痢をたった1日で治してあげる方法|飼い主がすべき対処法

 

1日にあげてもいい量の目安は、体重5kgの犬でいちご1/2粒です(多くても1粒まで)

 

「少ないなー」と思われるかもしれませんが、犬の体格を考えれば十分な量です。

食べても大丈夫な量は、ワンちゃんごとで違いますが、問題が起こってからでは遅いのであげすぎには注意してくださいね。

 

 

与え始めは少量から始めること

今日からあげてみようという方は、まずは少量からスタートしてください(イチゴ1/4粒程度から)

というのも、ワンちゃんのなかにはいちごにアレルギーを示す子もいます。

始めは少量からスタートして、下痢などをしないことを確認しながら、徐々に量を増やしていってください。

 

へたは必ず取り除こう

いちごのへたは、非常に消化が悪いものです。

へただけすぐに吐いてしまったり、うんちに混じって出てくることもあるくらいなので、与える際は取り除いてあげましょう。

犬のうんちの回数を減らすために試したいたった1つのこと

 

 

いちご与えるメリットは?

いちご

  • 免疫力アップ
  • 老化防止
  • がん予防
  • 便秘解消

犬にいちごを与えるメリットというのもあります。

 

いちごに含まれるビタミンCのチカラ

いちごにはたくさんのビタミンCが含まれており、その量は数ある果物のなかでもトップクラスです。

 

果物名 ビタミンC量
アセロラ 1700mg
グァバ 220mg
レモン 100mg
70mg
キウイ 69mg
あけび 65mg
いちご 62mg
ネーブルオレンジ 53mg
パパイヤ 50mg
レモン(果汁) 50mg

※100gあたり

 

ビタミンCには、アンチエイジングや免疫力向上などの効果があるのは有名な話ですが、最近では獣医療でもビタミンCが活躍しています。

 

皆さんご存じのビタミンC。

はい、そうですね。アンチエイジングに使用されたり、有名なモデルさんも何回か点滴に通ってます。

そんなビタミンCに隠れた効果がありました。

信じられないかもしれません。

栄養素であるビタミンCが、高濃度になる時抗ガン剤に変身するのです。

すなわち、量が違うだけでガン細胞も殺してしまうのです。

ここで重要なのが従来の抗がん剤と違い、正常な細胞には一切害を与えません。

重篤な副作用も起こさないのです。

本当に効果があるのでしょうか??

 

高濃度ビタミンC点滴療法の効果?

もともと、人間のガン治療において使用され始めたのですが、日本を含め、世界各国で治療は行われています。

実際問題、僕自身もホントに効果があるのか疑問でした。

ただ、効果が認められている論文も発表されていますし、人間に投与される前には、どうしても動物実験が行われます。

そんな動物実験においても、効果が認められているのです!!

引用サイト:水野動物病院

 

こちらの獣医師さんのお話によれば、なんとビタミンCは抗がん剤にもなるとのこと。

現段階では犬や猫での実験は行われていませんが、ビタミンCによって犬のガンが防げる時代がくるかもしれません。

(そうなると、犬にイチゴを与えるメリットもより大きなものになるでしょう)

 

 

まとめ

くれぐれもいちごの与えすぎには注意してください。

毎日のように与えるものではなく、週に3~4回ほどおやつ代わりにあげるくらいがちょうど良いと思います。

 

最後に・・・“美味しいいちごの見分け方”を紹介します。

甘いいちごのほうが愛犬も喜ぶでしょうし・・・なにより我々飼い主にとっても嬉しいことですよね(笑)

 

ヘタのここを見よう

いちご

 

ヘタは元気で反り返っていて、濃い緑色のものが甘くて美味しいいちごです。

 

表面のここを見よう

いちご

 

いちごの表面の種を覆うように、実が盛り上がっているものが甘いいちごです。

 

甘いいちごの色

いちご

 

表面に光沢があり、ヘタのところまで真っ赤ないちごがグッドです!

 

以上です。

こうしたポイントに注目するだけでも、より甘くて美味しいイチゴを選ぶことができるはずです。

是非、普段のお買い物に役立ててください。

 

⇒ 覚えておきたい!犬の健康に必要な6つの栄養素とは

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ