【保存版】犬にトマトをあげる4つのメリットと絶対に守りたい注意点

トマト

 

この記事では、犬にトマトをあげるメリットや与える際の注意点をまとめています。

美味しいトマトの見分け方も記載しているので、「もっと愛犬を健康にしてあげたい!」といった飼い主さんはぜひ役立ててくださいね!

犬にトマトをあげても大丈夫?

フレンチブルドッグ

 

我々が普段口にしているものでも、犬にとっては危険な食べ物はたくさんあります。

「果物や野菜なら何でも与えて良い!」ということではありません。

しかし、今回取り上げるトマトは、犬にあげても大丈夫です。

食べる部分には有毒な成分も含まれておらず、トマトが好きなワンちゃんも多いので、きっとご自身の愛犬も大喜びしてくれるはずですよ^^

 

犬もビックリ!トマトの4つのメリット

トマト

  1. 水分補給になる
  2. 足りない栄養素が補える
  3. 高血圧などの予防
  4. ガン予防

私たち人間と同じように、犬にとってもトマトは健康に役立つ食材です。

ここではトマトが犬にもたらす5つの健康効果について紹介していきますね!

 

1.水分補給になる

トマトの94%は水分で出来ているため、トマトを食べるだけで十分な水分が補給できます。

「今日はあんまり水を飲んでいないなぁ」という日や、夏場などの熱中症対策にもトマトは持ってこいです。

 

2.ドッグフードでは摂れない栄養素が摂れる

すでにご存知かと思いますが、トマトにはたくさんの栄養素が含まれています。

項目 含有量
水分 94.0g
炭水化物 4.7g
タンパク質 0.7g
カロリー 18kal
カリウム 210mg
ビタミンC 15mg
カルシウム 7mg

※100gあたり

上記以外にも、ミネラルやリコピンといった「ザ・健康」な栄養素が含まれています。

そして、これらは一般的なドッグフードでは摂ることができない栄養素なんです!

毎日少しずつでもトマトをあげるだけで、愛犬の健康にも一役買ってくれますよ^^

 

3.高血圧などの予防

トマトといえば、抗酸化作用のあるリコピンが含まれることで有名ですよね。

そもそもリコピンのどこがスゴイのか、あなたは知っていますか?

 

はてな?と疑問に思う犬の画像

 

体内には体をサビつかせて老化を早める「活性酸素」が住んでいます。

この活性酸素の働きによって、高血圧や動脈硬化など様々な生活習慣病が引き起こされるんですね。

 

そんな活性酸素の働きをバシッと抑えてくれるのがリコピンなんです。

例えば、血液のなかにサビが溜まると、血管が硬くなり、動脈硬化を引き起こします。

そんなときにリコピンがいれば、

「はい、サビを作ろうとしているそこの君~!ダメダメー!」

といった感じで抑制してくれるんですね^^

 

4.がん予防

〇(まる)の画像

 

リコピンはガン予防にも一役買ってくれます。

そもそもガン細胞にとって最高の環境というのが、活性酸素が溜まった場所です。

リコピンはその活性酸素に直接働きかけるため、ガンの予防にもつながるというわけです。

 

ちなみに、リコピンは加熱することで、体内への吸収や蓄積が多くなるという研究結果があります。

生のトマトよりも、加熱したトマトを与えたほうが犬の健康にも良いですね♪

 

トマトを与える際の4つの注意点

犬におやつをあげる

  1. 食べ過ぎは逆効果
  2. トマトには有毒成分がある?
  3. トマトアレルギーに注意
  4. トマトジュースはダメ!

トマトを与える際には、いくつか注意しなければいけない点もあります。

せっかくのトマトの栄養素が逆効果になってしまわないよう、以下の点は必ず守るようにしてくださいね。

 

食べ過ぎは逆効果

トマトにはたくさんの水分が含まれるため、食べ過ぎるとかえってお腹を下す原因になります。

1日にあげてもいい量の目安は、プチトマト1個分(約10~20gです。

もちろん、トマトを丸々1個を食べてケロッとしている子もいます。

しかし、食べられる量は体の大きさや、個体差によります。

まずは少量から与えてみて、翌日にお腹を壊していないか様子を見ながら、少しずつ量を増やしていきましょう。

 

有毒成分には注意!

実は、トマトにはトマチンという有毒成分が含まれています。

トマチンはジャガイモの芽に含まれるソラニンと似た構造を持つ成分で、口にしてしまうと中毒を起こす可能性があります。

 

項目 トマチン含有量
1100mg/kg
975mg/kg
896mg/lg
未熟果実 465mg/kg
熟した青い果実 48mg/kg
完熟果実 0.4mg/kg

参考サイト:日本植物生理学会

上記の通り、トマチンは完熟したトマトの果実であれば、極々微量しか含まれません。

しかし、果実以外の部分になると、その含有量はケタ違いに跳ね上がります。

 

そのため、トマトをあげる際は、必ずヘタや葉は取り除くこと!

犬にあげていいのは、果実の部分だけです。これだけは守るようにしてください。

また、犬が誤ってヘタを食べないよう、保管場所にも十分気をつけましょう(冷蔵庫なら大丈夫ですね)

 

トマトアレルギーに注意!

ワンちゃんのなかには、トマトにアレルギーを示す子もなかにはいます。

中毒を起こすと命に関わるため、今日から与える場合は、極々少量(プチトマト1/4など)からスタートしてください。

特におかしい様子がなければ、徐々に量を増やしていく・・・こうした段階を踏むようにしましょう。

 

トマトジュースはダメ!

市販のトマトジュースには食塩が含まれているので、与えないようにしましょう。

犬は本来食べ物に含まれる塩分だけで十分健康に生きていけるので、人間用に味付けされたものは与える必要はありません。

(無塩のトマトジュースやホールトマトであれば、与えても問題ありません)

 

甘いトマトの見分け方

ブルドッグ

 

最後に、スーパーでのお買い物に役立つ「美味しいトマトの見分け方」を紹介します。

犬は本来甘いものが大好きですが、酸味の強いものは苦手です。

そういった意味でも「甘いトマト」をあげれば、犬も嬉しいはずです(もちろん我々飼い主も大喜びですね)

 

トマトのお尻の☆マークに注目

トマト

 

トマトのお尻(ヘタがついていないほう)に、きれいな☆マーク(白い放射線状の筋)が出ているのが、甘みの強いトマトです。

 

ヘタが濃い緑色のものを選ぶ

トマト

 

ヘタがしおれていたり、黄色っぽくなっているのは、鮮度が落ち始めているサインです。

ヘタが濃い緑色で、生き生きしているものを選びましょう。

 

重さを比べてみる

鮮度が落ちるにつれて、中身もスカスカになっていきます。

同じ大きさなら、ずっしりと重みを感じるほうを選びましょう。

 

色ムラのない赤いトマトを選ぶ

全体的に赤く、色味に差のないトマトが、甘くて美味しいトマトです。

スーパーでトマトを買う際はこれらの項目をチェックしてみてください。甘いトマトのほうが、犬もきっと喜んでくれますよ。

 

まとめ

  • 犬にトマトをあげても大丈夫!
  • トマトは健康に良い(リコピンの抗酸化作用)
  • 1日にあげる量はプチトマト1個分が目安
  • あげていいのは果実の部分だけ!
  • 甘いトマトはお尻・ヘタ・重さ・色で選ぼう

 

トマトは健康にも良く、愛犬も喜んでくれる食材です。

今回紹介した注意点だけは守り、愛犬とのトマコミュニケーションを楽しんでみてくださいね。

※今日から与え始める場合は、少量からスタートして、様子を見ながら量を増やしていってください

 

関連記事:

・犬にバナナをあげる4つのメリットとバナナレシピ3選

・犬にキャベツをあげる4つのメリットと効果的な与え方

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ