犬を飼う際にかかる毎年の費用

 

犬ジャンプ

 

ここでは犬を飼う際の年間費用についてまとめています。

犬を飼ってから「お金が足りない」という状況はあってはならないので、犬を飼う前に平均的な年間費用は是非知っておいてください!

毎年かかる費用

毎年かかる費用
  小型犬 中型犬 大型犬
ドッグフード代など 36,000円 48,000円 60,000円
ペットシーツ等

24,000円

36,000円 48,000円
シャンプー・トリミング代 30,000円 30,000円 30,000円
その他ペット用品 30,000円 40,000円 50,000円
狂犬病の予防接種 3,500円 3,500円 3,500円
ワクチン接種 8,000円 8,000円 8,000円
フィラリア予防薬 7,000円 7,000円 7,000円
健康診断 4,000円 4,000円 4,000円
合計 142,500円 176,500円 210,500円

 

上記は一般的な価格です。

犬の体の大きさ、家庭ごとの飼育方法によって金額は変わりますが、

  • 小型犬でも14万円
  • 大型犬になると20万円を超える

というのが一般的です。

 

ただし、これだけあれば足りるという金額ではなく、ここにイレギュラーな病気の治療費なども加わってくるのが現実です(これが高い!)

 

それでは、簡単に出費の各項目について見ていきましょう!

 

ドッグフード・おやつ代

犬のおやつ

 

1年間で最も多く費用がかかるのは食費です。

小型犬・中型犬・大型犬によって食べる量が大きく異なるため、犬種によって毎月・毎年かかる食費は変わってきます。

 

  • 小型犬 毎月3000円×12か月=36000
  • 中型犬 毎月4000円×12か月=48000
  • 大型犬 毎月5000円×12か月=60000

 

小型犬と大型犬では、2万円以上もの差が食費だけで出てきます。

この差を小さいとか感じるか、大きいと感じるかは人それぞれですが、大型犬を飼おうと考えている人は考慮しなければいけないポイントです。

 

ドッグフードは安いものから高いものまで様々な種類がありますが、より安全で高品質のドッグフードを与えてあげるのも我々飼い主の役目です!

 

市販の安価なドッグフードは愛犬の寿命を大きく縮めるので、毎月3000~4000円ほどはドッグフードにかけられる余裕は必要です!

安全・安心のおすすめドッグフードランキング

※4000円前後の良質なドッグフードを与えていれば、おやつを与える必要もありません。

 

ペットシーツなどの毎月消耗品

トイレシートや歯ブラシセットなど、毎月買い替える消耗品も、1年間にすると馬鹿にならない額になります。

 

  • 小型犬・・・毎月2000円×12か月=24000円
  • 中型犬・・・毎月3000円×12か月=36000円
  • 大型犬・・・毎月4000円×12か月=48000円

 

ドッグフードに続き、こちらも小型犬と大型犬とでは、年間費用の差は2万円以上となります。

これは小型犬よりも大型犬のペット用品のほうがサイズが大きく、値段も高いためです。

 

消耗品の中には、飼い主さんの工夫によって出費を抑えることができるものもあります。

例えば、トイレシートなどは、洗濯可能な使いまわせるタイプを選ぶことで節約可能です!

 

 

シャンプー&トリミング代

犬のシャンプー

 

定期的にシャンプーで体の汚れを落としたり、伸びた毛を切ってあげることも必要です。

ただし、人間のように毎日お風呂に入ったり、毎月美容院に行ったりする必要はありません!

 

犬の場合は月に1回程度のお風呂と、2~3ヶ月に1回程度のトリミングで十分です^^

犬種別の理想的なシャンプーの頻度まとめ

 

1回のシャンプー&トリミング代で5000円前後といった美容院が多いですが、地域や店舗によって大きく変わります。

今はオシャレな「犬の美容院」も多数存在するので、お気に入りの美容院を見つけやすくなっています!

 

また、カットが難しいトイプードルなどの犬種を除けば、自宅でシャンプー&トリミングを済ませてしまう家庭もたくさんあります。

 

この場合は費用がほぼ0円(犬用のシャンプー等は必要)のため、美容院は年に1~2回にするなどして節約することも可能です!

 

その他ペット用品

その都度買い足していくペット用品の費用も馬鹿になりません。

餌皿ケージなどは、犬の体が大きくなったり、犬が壊してしまったときなどには買い替えることになります(・_・;)

 

もちろん、シャンプー消臭スプレーなども買い足していく必要があります。

言い出したらキリがありませんが、愛犬が幸せに暮らせる生活環境を作るためには、いずれも必要な出費です。

 

医療費

狂犬病の予防接種(3500円前後)とワクチン接種(8000円前後)は年に1回は受けさせます。

狂犬病やフィラリア症は犬にとって命にかかわる病気です。

これらはワクチンや予防接種で防げるため、近くの動物病院等で必ず受けさせるようにしましょう!

 

また、健康診断も1年に1回は受けさせてあげるのが理想的です。

犬の病気には、今の医療技術で施す術がないといったものも多いため、

病気になる前に治す・早期発見といったことが何よりも重要です!

健康診断の費用も4000円前後と安いため、愛犬の健康を維持するために連れて行ってあげる。これも飼い主の責任です!

 

毎年かかる費用まとめ

毎年かかる費用
  小型犬 中型犬 大型犬
ドッグフード代など 36,000円 48,000円 60,000円
ペットシーツ等

24,000円

36,000円 48,000円
シャンプー・トリミング代 30,000円 30,000円 30,000円
その他ペット用品 30,000円 40,000円 50,000円
狂犬病の予防接種 3,500円 3,500円 3,500円
ワクチン接種 8,000円 8,000円 8,000円
フィラリア予防薬 7,000円 7,000円 7,000円
健康診断 4,000円 4,000円 4,000円
合計 142,500円 176,500円 210,500円

 

犬を飼う際の年間費用は、小型犬でも10万円以上、大型犬であれば20万円近くの費用がかかります。

あくまで上記表は目安ですが、最低でもこれくらいはかかると見ておきましょう。

※冒頭でもお伝えしましたが、ここにケガや病気などの治療費といったイレギュラーな出費も加わります

 

初期費用や毎月の費用など、犬を飼うには多くのお金が必要ですが、

愛犬はお金では決して買うことのできない感動や喜びを我々飼い主に与えてくれます!

そんな愛犬が困ったときにはいつでも動けるよう、お金には余裕を持っておきたいものです。

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ