犬の体温が高い!今すぐできる対処法と危険度の見極め方

ボーダーコリーが口をあけている画像

 

犬の体温がいつもより高いときは、つい不安になってしまいますよね。

ここでは犬の発熱の原因やその対処法についてまとめています。

まずは落ち着いて以下を読み進め、犬の症状をよく観察してあげましょう!

犬の体温に関する基礎知識

犬の体温は平熱で38.5~39.5度が一般的です。

人間の体温よりも高いということは知っておきましょう。

 

体温度合い
38.5度未満低熱
38.5~39.5度平熱
39.5度以上高熱

 

犬それぞれによって平熱は違いますが、39.5度以上の場合は高熱と判断します。

単なる体調不良で発熱することもありますが、体の様々な異常のシグナルとして発熱することが多いため、楽観視しすぎないことがまずは重要です。

 

犬の体温を正確に測ろう

犬には毛皮があるため、毛の上から触っただけでは正確な体温は分かりません。

体温を正確に測るためには、犬用の体温計を肛門に2~3センチ差し込んで測ってあげます。

その際、犬が興奮すると体温が上がるため、犬がリラックスしている状態で測ってあげましょう。

※犬が体温計を嫌がる場合は、無理に測る必要はありません。その場合は獣医さんに任せましょう。

 

発熱で考えられる病気

犬のケガ

 

発熱を伴う病気は犬ジステンパーやレプトスピラ症などの感染症を始め、様々な病気が考えられます。

一般的に多い原因は以下の通りです。

 

 

犬ジステンパーだけでなく、これらの病気も程度によっては命に関わります。

発熱に加えて、呼吸が苦しそうだったりグッタリしているなど、何か様子がおかしいようであれば、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください!

 

発熱時の対処法

子犬

 

発熱以外に症状がなく、普段どおり快眠・快便・快食であれば、しばらく様子を見てから体温を測りなおします。

 

様子見をする際も、体温を下げる対処を取ってあげると、早く正常に戻ります。

体温を下げるには、気温を22~25度で一定にし、湿度が50%以上の環境においてあげると効果的です。

 

また、首の周りやわきの下、内股などの太い血管が通っている箇所を冷やしてあげるのも有効です。

なお、3~6時間経っても体温が高いようであれば、念のため動物病院へ連れて行ってあげてください!

 

まとめ

  • まずは体温を正確に測ってあげよう
  • 発熱以外に何かおかしい様子があれば病院へ
  • 発熱以外に症状がない場合は、気温・湿度を保った部屋で、わき下などを冷やしてしばらく様子を見る
  • 半日経っても発熱が続くようであれば、念のため病院へ

 

犬が発熱しているということは、一時的であれ体のどこかでトラブルが起こっているということです。

まずは正確に体温を測ってあげること。

普段と何か違うところがないかを落ち着いて観察してあげること。

そして、状況に応じて適切な処置を行ってあげること。

これらはその場にいる飼い主さんにしかできないことです!

まずは落ち着いて、ここで紹介した対処法を取ってあげることが重要です。

あなたのワンちゃんの体調が早く良くなりますように・・・!!

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ