特別療法食だから安心!糖尿病の犬におすすめの人気ドッグフード

犬の糖尿病におすすめのドッグフード

 

「糖尿病のうちの子にどんなドッグフードを与えればいいか分からない」

「糖尿病のワンちゃんに人気のドッグフードが欲しい!」

 

そんな飼い主さんに向けて、ここでは糖尿病におすすめのドッグフードを紹介しています。

糖尿病をはじめとする、高血糖に悩むワンちゃんのリピート率95%以上という代物なので、是非フード選びの参考にしてみてください^^

⇒さっそく糖尿病におすすめのドッグフードを見る

(下へスクロールします)

糖尿病の犬の食事のポイント

血糖値を下げるドッグフード

 

糖尿病のワンちゃんの食事では“血糖値を抑えること”が一番大切です。

すでにご存知かと思いますが、よくご質問をいただく点なので簡単にここで解説させていただきます。

 

なぜ血糖値が高いとダメなの?

ずばり、“高血糖が合併症を引き起こすから”です。

糖尿病のワンちゃんはインスリンの働きが弱く、ブドウ糖が取り込めなくなっています。

そのため、血液中にブドウ糖がとどまり、高血糖がずっと続いてしまうわけですよね。

 

ここでポイントとなるのは、インスリンがなくてもブドウ糖をどんどん取り込んでしまう臓器があるということです。

  • 腎臓
  • 眼(網膜)
  • 神経

糖尿病の合併症として「腎臓の疾患」「白内障」がよく挙げられる理由がまさにコレです。

もちろん、合併症を引き起こすと、どんどん対処が難しくなります。

“合併症を予防するために血糖値の上昇を抑えること”

これが糖尿病のワンちゃんの食事における最大のポイントです。

(※参照サイト:アルマ動物病院 ほか)

 

糖尿病のドッグフード選びの3ポイント

糖尿病の犬のドッグフード選びのポイント

 

糖尿病のワンちゃんにはどのようなドッグフードを選んであげればいいのか?

必ず守りたいポイントは以下の3つです。

  • 低脂肪・低カロリー
  • 炭水化物の種類が豊富
  • 必要な栄養素が摂れる

 

1つ目は低脂肪・低カロリー。というのも、糖尿病の原因で最も多いのは“肥満”ですよね。

ワンちゃんの肥満の進行を防ぐためにも、ココは毎日のドッグフードでも配慮しなければいけません。

特に、運動量や基礎代謝が落ちるシニア犬は太りやすいので、ドッグフードを選ぶ際にはこだわりたいポイントです。

 

2つ目は炭水化物の種類が豊富ということです。

食後の血糖値の急上昇を防ぐためにも、吸収速度の異なる炭水化物を組み合わせたドッグフードが理想的です。

 

そして、3つ目は必要な栄養素が摂れること。

いくら血糖値のコントロールが完璧でも、栄養が不足してしまっては本末転倒です。

市販の「糖コントロール」と表記されたドッグフードのなかにもココを満たしていないものは多いので注意が必要です。

 

 

糖尿病におすすめのドッグフード

犬の糖尿病におすすめのドッグフード

 

先ほど紹介した3つの条件を満たしていて、なおかつ私が唯一おすすめできるのが「犬心(いぬこころ)」です。

市販のドライフードとは違い、糖尿病をはじめとする高血糖に悩むワンちゃんのために作られた“特別療法食”です。

【犬心 糖&脂コントロール】(公式サイト)

 

糖尿病に配慮された原材料

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

「犬心」の原材料では糖質制限が徹底されていて、糖吸収をブロックする食物繊維もバランスよく配合されています。

また、炭水化物の種類も豊富で、血糖値の急上昇を抑えるような工夫も見られます。

(穀物が多い点は少し残念ですが、そこまで神経質にならくても大丈夫そうです)

 

「犬心」が市販のドライフードと決定的に違うのは

  • 主原料が生肉(動物性タンパク質)
  • 100%無添加(人工添加物ゼロ)

という点です。

 

コストを抑えるために穀物(玄米やトウモロコシ)を主原料にしているフードと比べると栄養価はまったく違います。

また、原材料はすべて人間でも食べられる食材というのも嬉しいポイントです。

添加物が引き起こす糖尿病以外のトラブルは絶対に避けなくてはいけません)

 

※ちなみに、動物病院ですすめられる「ロイヤル〇ナン(糖コントロール)」などには危険な添加物が使用されています

肉類(鶏、七面鳥)、大麦、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、植物性繊維、動物性油脂、タピオカ、ビートパルプ、加水分解動物性タンパク、魚油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

(動物病院に置いてあるドッグフードには“大人の事情”があることは是非覚えておいてくださいね)

関連記事:これだけは避けたいドッグフードの17の危険な添加物

 

低脂肪・低カロリーで肥満予防

「犬心」は数あるドッグフードのなかでも低脂肪・低カロリーとなっています。

同じ100%無添加のドッグフードと比べても、その差は一目瞭然です。

 

 ドッグフード名 粗脂肪 カロリー/100g
 カナガン 17.0%  361kcal
モグワン 12.0% 344kcal
ユーカヌバ(体重管理用) 9.0% 338kcal
犬心 5.0~9.0% 325kcal

 

今後与えるにあたって“太りにくい”という特徴は、糖尿病のワンちゃんには有り難い条件ですよね。

 

糖尿病のワンちゃんの口コミ

我が家の愛犬ダッシュは、5才のときにクッシング症候群を発症。そのわずか1ヶ月後に糖尿病を併発しているという診断を受けたのです。

病状を聞いて、本当にショックでした。

ダッシュが6才の誕生日を迎えてほどなく、「犬心」の存在を知りました。

試したところ、ダッシュの機嫌がとても良く、口にも身体にも合っていると感じています。

ダックスフンド 6歳

慢性膵炎を発症したのは、トロイが2才の頃です。

以来、何とかやってきましたが、昨秋、とうとう糖尿病も併発してしまいました。

ちょうどそのとき、「犬心」のを知り、これしかない、という心境でした。

闘病は続きますが、トロイの食事管理ができて、とても助かっています。

最近、少し体重が増え、目が活き活きしてきたように感じています。

ジャーマンシェパード 7歳

愛犬マギーの病状は、糖尿病です。6才で発症し、ひどい時はブルブルふるえるような仕草をとります。

そして、獣医さんに勧められた療法食があまり好きではないようで、食事管理にも気を使ってきました。

でも、今は「犬心」があるから安心しています。安全で良いものだと思うし、マギーも気に入っているようで、犬心をとにかく欲しがります。

ビーグル 8歳

膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。ダメかもしれないと思ったこともありました。

犬心は、食いつきが良く、便質が程なく変わりました。

ウチのワンコに合っているなと思いましたね。

シュナウザー 8歳

 

「犬心」は一般のワンちゃん向けに作られたドッグフードではないので、決して知名度は高くないと思います。口コミの数自体もそこまで多くありません。

 

しかし、口コミを見ても分かるように、糖尿病をはじめとする高血糖に悩むワンちゃんには絶大な支持を受けています。

リピート率95%以上という実績からも、いかに糖尿病のワンちゃんに必要とされているかが分かります。

 

「うちの子が食べてくれるか心配・・・」といった飼い主さんには無料お試しセットも用意されています。

お試しセットで食いつきだけでも確認できるのは嬉しいポイントですよね。

【犬心 糖&脂コントロール】

 

 

まとめ

糖尿病のワンちゃんの食事は“血糖値を抑えること”が一番大切です。

また、ドッグフード選びで気をつけたいポイントは以下の3つです。

  • 低脂肪・低カロリー
  • 炭水化物の種類が豊富
  • 必要な栄養素が摂れる

 

これらの条件をすべて満たしたドッグフードというのは決して多くはありません。

そこに「療法食」「100%無添加」という条件が加わると、見つけること自体は困難になります(私もすごく時間がかかりました)

 

「犬心」ならきっとご自身のワンちゃんの健康にも一役買ってくれるはずです。

「犬心で元気になって、私たち飼い主も明るくなりました!」

という声も多いので、無料のお試しセットだけでも試してみる価値はあると思いますよ^^

【犬心 糖&脂コントロール】

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ