絶対に失敗しない!ドッグフードを上手に保存する3つの方法

ドッグフード

 

あなたはどのようにドッグフードを保存していますか?

ドッグフードは開封後からどんどんと劣化していきます。それも目で見て分からない部分で質が下がっていくのが厄介なところです。

ドッグフードの鮮度は愛犬の健康に直結するため、しっかりと管理してあげましょう。

ドッグフードの3つの基本的な保存方法

まずはおさらいから始めましょう。

以下で紹介するポイントは基本的なことですが、ドッグフードの質を保つためには日々意識しておきたいポイントです。

 

空気に触れさせない

ドッグフードを酸化をさせないこと!!これはドッグフードを保存する際には必ず守りたいポイントです。

というのも、ドッグフードの油脂分が空気に触れて酸化してしまうと、愛犬の健康を害する成分に変化することもあるからです。

 

また、それだけでなく、フードの味の変化に気づいた愛犬が、ご飯を食べなくなるということも考えられます。

例えば・・・我々が食べるポテトチップスやせんべいを思い出してください。開けっ放しにしていると、すぐに湿気で劣化してしまいますよね?

 

ドッグフードの場合も同じで、少しでもフードの匂いが変わったりすると、愛犬はその変化に気づくものです。

「犬が急にご飯を食べなくった!!」

という相談を受けて、原因を突き止めてみると・・・

“フードが酸化して味が変わったため、犬が警戒していた”

というケースもあったほどです。

 

些細なことかもしれませんが、ドッグフードの上手な保存方法はできるだけ空気に触れさせないということから始まります。

  • 袋の封はしっかりとクリップなどで密封する!
  • なるべく袋の中の空気を抜いてから閉める!

ドッグフードの品質を保つためにも、こうした当たり前のことを徹底するように心がけましょう。

関連記事: 犬がご飯を食べないときに試したい3つの対処法

 

 

直射日光を避ける

ドッグフードは暗所で保存するのが鉄則です。

外飼いのワンちゃんの場合も、食器は必ず日陰に置くようにしましょう。

また、ドッグフードを窓の近くで保存している場合は、時間帯によっては日が当たっている可能性もあるので、今一度チェックしてみてください。

 

高温・多湿を避ける

ドライフードといっても、ドッグフードには10%程度は水分が含まれています。

そのため、高温になると湿気でフード内に水分がたまり、カビなどが発生する原因となります。

 

良いフードほど劣化しやすい

市販の安価なドッグフードには人工添加物がたっぷり使われているため、良し悪しはともかく長持ちます。

 

一方、100%無添加で安全なドッグフードが長期保存できるのは、“水分量をギリギリまで少なくしている”からです。

こうした保存料などの人口添加物を使っていない安全なフードほど、少しの湿気でもフードが傷みやすいということは知っておきましょう。

 

  • 空気に触れさせない
  • 直射日光を避ける
  • 高温・多湿を避ける

これらはドッグフードの品質を保つためには必須の保存条件なので、今一度ご自身の管理状態を確認してみてくださいね。

 

 

より鮮度を保ったまま保存するコツ

ラブラドールレトリバー

 

ここからは、ドッグフードを保存する際に役立つコツ・ポイントをご紹介します。

多くの飼い主さんが実践している方法なので、是非参考にしてみてください。

 

1日分ずつ小分けにする

  • 空気に触れる回数が減る
  • 一目であと何日分あるかが分かる
  • 旅行や外出時にも持ち運べる
  • 災害時などにも持ち運びやすい

 

ドッグフードを“小分けにする”メリットはたくさんあります。

できれば購入後すぐに、いくつかの袋に1日分ずつ分けておくことをオススメします。

 

ジップロック ドッグフード

(小分けにする際は、市販のジップロックなどでも十分に密封保存できますよ)

 

うちは大袋を買って、脱気シーラー(フードシーラー)で小袋に分けて脱気してから保存しています。
酸化や劣化の原因となる空気を抜いて保存できます。厚手のビニールのチャック袋でぴったり二重に包むなどがお薦めです。

 

一番ベストの保存方法・・・となれば、ジッパー付きの袋に乾燥剤をいれて、空気を抜き、光に当てないように保存することだと思います。うちでもそうしていますよ!

参照:yahoo!知恵袋

 

予め小分けにしておけば、その都度お皿に開けるだけなので、袋の開け閉めもなく、空気に触れる回数も少なくなります。

また、小分けにすることで、あと何日分あるのかが一目で分かるのも意外と便利です。

旅行に行くときにも、必要な分だけ持っていくことができますし、地震などのいざという時にも、すぐに持ち出せます!

 

 

1か月で使い切れる量を買う

開封後のドライフードの賞味期限は1か月程度です。

したがって、1か月で食べきれる量なら、保存方法もそこまでこだわる必要はありません。

 

大袋(10kg以上)で買ったほうがお得だったりしますが、食べきるのに2~3か月かかるフードの質を保つことは、そう簡単なことではありません。

 

最初から1か月で食べきれる量を買うというのも、意外と大事なことだと思うのです。

「お買い得で楽」というのと、愛犬の健康はまた別問題ですからね。

 

 

冷蔵庫に保存しないこと

これは本当に多くの飼い主さんがしていることですが、ドライフードは冷蔵庫に保存しないでください。

フードを冷蔵庫から出し入れすると、フードの表面が結露して、カビが発生する原因となります。

冷えたフードはお腹を壊す原因にもなるので、常温で保存するようにしましょう。

※冷蔵保存するように書かれているフードもあります

 

 

まとめ

ドッグフードを保存するうえで、必ず守りたいポイントは

  • 空気に触れさせない
  • 直射日光を避ける
  • 高温・多湿を避ける

の3つです。

 

購入後はチャック式のビニール袋(ジップロックなど)に小分けにしたり、真空容器に保存したりして、鮮度を保つようにするのがオススメです。

特に梅雨~夏場などの時期は酸化のスピードも早いので、しっかりと管理してあげてくださいね。

 

※追記

ある獣医さんに聞いた話によると、フードに含まれる油が酸化したとしても、犬はすぐに匂いで分かるし、自然と体が拒絶するから、そこまで気にする必要はないそうです。

 

むしろ一番怖いのは、フードの油に溶け込んで、気がつかないまま体内に蓄積し、何年も経ってから症状が出る添加物(酸化防止剤・香料・着色料など)だそうです。

 

いくらフードの保存方法を完璧にしても、そもそものフードが粗悪品なら意味がありません。

愛犬の健康のためにも、今一度フードの中身を見直してみてはいかがでしょう?

 

これだけは避けよう!ドッグフードに含まれる17の危険な添加物

絶対に失敗しないドッグフード選びの4ポイント

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ