本音でぶった切る!ユーカヌバとカナガンドッグフードを徹底比較

ユーカヌバ カナガン 比較

Amazonでも評価が高く、売れ行きも良さそうなユーカヌバ

今ではペットショップやホームセンターでも必ず目に入るドッグフードです。

 

一方のカナガンは、言わずと知れたプレミアムドッグフードの代表格。

今ネット通販でバカ売れしているドッグフードです。

 

「で・・・ユーカヌバとカナガン、どっちが良いの?」

というわけで、今回は原材料や価格にフォーカスして比較していきます。基準はいつでも愛犬の健康に良いかどうかです。

ユーカヌバとカナガンの原材料を比較

ドッグフード 原材料

ユーカヌバの原材料

家禽類(チキン、ターキー、)、粗びきコムギトウモロコシ粉動物性油脂粗びきグレインソルガム発酵用米、粗びきオオムギ乾燥ビートパルプ鶏エキス乾燥卵、フィッシュオイル、亜麻仁、フラクトオリゴ糖、ビタミン類(E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B12、B1、ナイアシン、B2、B6、イノシトール、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、ヘキサメタリン酸ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

 

危険だと思われる原材料は赤字にしてみました。パッと見ただけでも多めですよね。

これらの一体どこが危険なのか、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

家禽類(チキン、ターキー、他)

原材料の一番最初に記載されている家禽類についてですが、「他」という表記が気になります。

これでは一体何の肉が含まれているのかが分かりませんよね?

「何か言えないものを隠している」と疑いたくなっちゃいます。

少なくともしっかりとしたドッグフードには、このような曖昧な表記はありませんからね。

 

動物性油脂、鶏エキス

油に関する項目ですが、これも素材の良し悪しが分からない表記です。

ということは、おそらく良質な原材料を使用していないのかな?と考えられます。

もし良い原材料を使っているなら、表記したほうがメリットになりますからね。

 

また、鶏エキスといっても、ラーメン屋さんがじっくり煮込んだようなエキスではないはずです。

いらなくなった鶏を寄せ集めて搾り取ったようなものの可能性も・・・あるかもしれません。

 

穀物類が多い

原材料をパッと見た感じ、穀物類が少し多いように感じます。

ご存知の通り、植物性タンパク質である穀物類は、犬が消化を苦手とするものです。

また、小麦やトウモロコシはアレルギーの原因にもなりかねません。

できればこうした穀物類が含まれていないドッグフードを選んであげたいのが本音です。

 

カナガンの原材料

カナガンドッグフードの画像

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

危険と思われる原材料は1つもありません。

ヒューマングレードということもあり、我々が口にしても大丈夫なものばかりです(100%無添加)

 

加えて、穀物類が一切使われていないグレインフリーのフードだということ、これもユーカヌバとの大きな違いです。

原材料ではカナガンの圧勝といったところでしょうか。

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

ユーカヌバとカナガンの価格を比較

ユーロ

 

さて、お次は値段を比較していきましょう。まずはユーカヌバから見ていきます。

 

ユーカヌバの価格

価格 2770円
内容量 2.7kg
1kgあたり 1025円
1日あたり 約136円(1日90g換算)

※価格はAmazonを参考

 

ユーカヌバも決して安いわけではなく、どちらかといえばプレミアムドッグフードに位置づけされていますよね。

しかし、個人的には「この価格でこの質かぁ・・・」というのが本音だったりします。

 

カナガンの価格

価格 3960円
内容量 2kg
1kgあたり 1980円
1日あたり 約166円(1日84g換算)

 

カナガンも決して安い部類ではありません。でも、意外とコスパが良いんですよね。

原材料と価格を考えれば、少なくともユーカヌバよりは良いと思います。

 

「本音でレビューして何が悪い!カナガンを徹底的に評価」でも書いたように、カナガンは1粒1粒に栄養がぎっしり詰まっているので、1日に与える量はやや少なめです。

その結果、コストパフォーマンスが良くなるんですね。1日あたりの食事代はユーカヌバとたったの30円しか変わりません。

 

まとめ

もしユーカヌバとカナガンで迷われているなら、私はカナガンをオススメします。

ユーカヌバも極端に悪いというわけではありませんが・・・決して良くもありません。避けたい原材料も含まれています。

なによりも、原材料の割には価格が高いです。品質とのバランスがいただけません。

さらに、よく調べてみると・・・同社から販売されている「アイムス」と原材料はほとんど同じです(これもショックでした)

 

カナガンを食べる犬の画像

 

ほんの少しだけ値段は上がりますが、“愛犬の健康のためにプレミアムドッグフードを考えている”というのであれば、私はカナガンのほうが良いと思いますよ^^

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ