犬の外耳炎の症状と確実に予防するための3ポイント

犬 耳

photo by fred.battison1

 

ここでは犬の外耳炎の症状や予防法についてまとめています。

外耳炎は飼い主さんの手で防げるものなので、予防するためにも是非活用してください。

犬の外耳炎とは?

外耳炎は、音の通り道である「外耳道」に炎症が起きる病気です。

統計では犬の10~20%はなんらかの耳の病気を患っていて、その多くが外耳炎を併発していると推測されています。

このことからも、外耳炎は決して珍しい病気ではなく、むしろ身近なものであることが分かります。

 

外耳炎の主な症状

犬 痒がる

  • 頭をしきりに振る
  • 耳を触ろうとする
  • 耳の臭いが強い(耳垢がある)

 

外耳炎になった場合は、しきりに耳を気にする仕草が見られます。

後ろ足で耳を触ろうとする仕草などが見られた場合は、まず外耳炎を疑うべきです。

※耳まで届かないため、首の根っこを掻くこともあります

 

外耳炎の原因

  • 細菌や耳ダニの感染
  • アレルギー性皮膚炎

 

外耳炎の原因の多くは、細菌耳ダニ疥癬)の感染によるものです。

また、アレルギー性皮膚炎が耳に現れる場合もあります。

 

外耳炎になりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • ダックスフンド
  • プードル
  • テリア
  • コッカ—スパニエル
  • フレンチブルドッグ など

 

垂れ耳の犬は、どうしても耳の中が蒸れやすく、菌が繁殖しやすくなります。“外耳炎を患っている犬の80%が垂れ耳である”というデータもあるくらいです。

また、テリアやプードルなど、もともと外耳道の中の毛が多い犬もなりやすいと言われています。

こうした犬種の場合は、その他の犬種よりも入念にケアをしてあげる必要があります。

 

 

外耳炎の予防法

犬 垂れ耳

  • 健康な耳の状態を把握しておく
  • 耳のケアを怠らないようにする
  • 犬の周りを清潔に保つ

 

ごくごく当たり前のように聞こえるかもしれませんが、こうしたことが出来ていないために、外耳炎を発症する子が後を絶ちません。

逆に言えば、これらを徹底するだけで外耳炎という1つの病気を確実に予防できるとも言えます。

 

日頃からよく観察しておくことが重要

毎日のスキンシップを通して、確認しておきたいポイントは以下の3つです。

  • 耳の臭いが強くないか
  • 耳垢が溜まっていないか
  • 耳を気にする素振りがないか

 

犬の病気を予防するためには、犬の健康時の様子を把握しておくことが非常に重要です。

そうすることで、ちょっとした変化にもすぐ気が付けるようになり、外耳炎が進行する前に対処することができます。

(耳を気にしている場合は、念のため獣医さんに診てもらってください)

 

耳のケアを怠らないようにする

日頃の耳掃除も外耳炎を防ぐためには欠かせません。

脱脂綿に市販の耳洗浄液などを染み込ませて、軽く耳の中をふき取ってあげるだけでも十分なケアになります。

特に垂れ耳のワンちゃんの場合は、最低でも1週間に1回は耳掃除をしてあげましょう。

※自宅でシャンプーをする家庭は、耳の中に水が入らないように十分注意してください

犬種別でみる!犬の理想的なシャンプーの頻度

 

犬の周りを清潔に保つ

外耳炎の主な原因は、細菌や耳ダニなどの感染によるものです。

したがって、こうした菌を犬の周りから除去しておくことで、確実に予防効果が得られます。

ケージ内のマットや毛布などをこまめに消毒しておくだけでも、外耳炎や皮膚疾患などの細菌感染による病気の多くは予防できます。

 

 

まとめ

予防法といっても、ごくごく当たり前のことで拍子抜けされたかもしれません。

しかし、外耳炎のワンちゃんが後を絶たないのは、こうしたことが出来ていない飼い主さんがたくさんいるからです。

 

垂れ耳じゃない子ならまだしも、垂れ耳のワンちゃんの場合はこうした日々の管理をサボってしまうと、いとも容易く外耳炎になってしまいます。

日頃からワンちゃんの周りをキレイに保つだけでなく、スキンシップを通して小さな異変にも気付けるようにしておくこと!

こうした日々の積み重ねが、外耳炎の予防につながります。

関連記事:今すぐ試したい!犬の毛艶を良くする3つの方法

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ