犬のフィラリア症の症状と早期発見のポイント

犬 ベッド

photo by Thomas Wanhoff

 

フィラリア症は、寄生虫の一種であるフィラリアが寄生することで発症します。

犬の平均寿命を下げている大きな要因の1つでもありますが、

早期発見により完治することも少なくなりません。

症状の出始めに気づくためにも、ここで紹介する症状を参考にしてください!

フィラリア症の症状

  • 乾いた咳
  • 息切れ
  • 散歩を嫌がる

一般的に、寄生数が少なかったり、寄生虫が成長していない初期の場合は、ほとんどが無症状です。

多くの場合は、感染から数年経過したのち症状が現れます。

そのため、「気づいた時にはすでに重症化している」という場合も少なくありません。

これがフィラリア症の厄介なところでもあります。

 

まず最初に気づきやすい症状は、乾いた咳です。

ケンネルコフやアレルギー性疾患など、咳を伴う病気はたくさんあるため、

「咳が出たから」といってフィラリア症だとは言えません・・・が!

少なくとも健康な犬は咳をしないので、この時点で病院に連れて行ってあげることが重要であり、早期発見にもつながります。

 

また、息切れ散歩を嫌がるといった様子も見られるようになります。

運動をしたあとでもないのに「ゼーゼー」と息づかいが激しかったり、散歩や運動を嫌がるようであれば、要注意です。

 

さらに進行した場合の症状

犬 ぐったり

photo by Masha

 

  • 腹水(お腹に水がたまってふくらむ)
  • 喉になにかつっかえたような咳
  • 四肢のむくみ
  • 肝臓や腎臓の障害 など

寄生したフィラリアが邪魔で心臓の弁が閉じなくなったり、フィラリアが動くことによって血管が傷ついたりと、

心臓をはじめ様々な臓器にダメージを与えながら、症状は進行していきます。

とりわけ、フィラリアが成長して大きくなったことで

ゲーッゲーッ

と、喉に何かつっかえたような咳をするのもフィラリア症の特徴です。

「喉に骨か何かが挟まったみたいで・・・」

と、動物病院を訪れる飼い主さんも多いそうですが、実はフィラリア症の咳だったということもしばしばあります。

その他、四肢のむくみ腹水などの症状が見られるようにもなりますが、

これらの症状が見られたときにはかなり進行しているため、完治も難しくなります。

 

フィラリア症において重要なポイントは、

最初のちょっとした咳に気づいて、病院へと連れて行ってあげること

「もう歳だからね~」

「吠えすぎて声が枯れたんだよ」

というように、咳を気にも止めない飼い主さんもいるようですが、

そうした日常の何気ない判断が、愛犬の寿命を短くしてしまうのです。

 

フィラリア症の原因

犬 接触

photo by Monika

 

フィラリア症は、を媒介して感染します。

室内犬よりも屋外犬のほうが、フィラリア症に感染するリスクも当然高くなります。

蚊は4月下旬~11月中旬主な活動期間なので、冬の期間を除いては、しっかりと予防薬を飲ませてあげるのが賢明です。

 

フィラリア症の治療

一般的には、感染後も予防薬を飲ませる治療が取られます。

成虫が産んだ子供を予防薬で駆除しながら、体内で増えないようにする。

そうして成虫の寿命が尽きるのを待つという治療法です。

症状が進行している場合は、その症状への対処療法も取られます。

 

フィラリア症の予防

フィラリア症は、予防薬で(ほぼ)100%防げる病気です。

フィラリアの薬は薬事法で指定された薬なので、必ず獣医さんから処方してもらうようにしてください。

また、蚊は成長するために水を必要とするので、家の周囲やベランダに水たまりを作らないこともフィラリア予防につながります。

 

まとめ

  • 乾いた咳
  • 息切れ
  • 散歩を嫌がる
  • 腹水(お腹に水がたまってふくらむ)
  • 喉になにかつっかえたような咳
  • 四肢のむくみ
  • 肝臓や腎臓の障害 など

 

フィラリア症は、早期発見なら完治も可能な病気です。

万が一のことも考えて、少しでも様子がおかしいと思った時は、獣医さんに診てもらってください。

また、予防薬で100%防げるので、

フィラリア症にかかった=飼い主さんの責任

と言わざるを得ません。

必ずフィラリアのお薬は毎年飲むようにしてくださいね。

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ