犬にフィラリア予防薬を飲ませる適切な時期とは?

チワワ

photo by Archey Firefly

 

フィラリア症を予防するためには、予防薬をしっかり飲ませることはもちろん、「いつ飲ませるか?」というのも重要なポイントです。

 

ネット上で様々な飼い主さんの意見を拝見しておりますが、なかには偏った考えのもと薬を処方する獣医さんも少なくないようですね(汗)

 

言われたまま従うのではなく、知識としてご自身が理解されたうえで、フィラリアを予防してあげてください!それが愛犬のためです!

フィラリアの薬を飲ませるタイミング

フィラリアの予防薬は、蚊が見られた1か月後から、蚊がいなくなった1か月後まで、毎月1回投与します。

 

例えば、4月に蚊を見つけたら、5月から飲み始めます。

そして11月に蚊がいなくなったら、12月まで投与します。

 

蚊の出るタイミングに合わせて忠実に薬を飲ませれば、これだけでしっかりと予防できます!

なぜこのような与え方をするのか?次で簡単に解説しますね^^

 

フィラリアを予防する仕組み

ブルドッグ

 

なぜ前述のような投与のしかたをするかと言うと、フィラリア幼虫を駆除するために最も効果的なのが1か月後だからです!

 

フィラリア幼虫を持った蚊に刺さされると、犬の皮膚にフィラリア幼虫が入り込みます。

そして、そこから3~10日ほどで幼虫は脱皮してひと回り大きくなります。

この大きくなった幼虫のことを移行幼虫と呼びます。

 

そして、ここで登場するのがフィラリア予防薬です!

予防薬は、この移行幼虫を100%駆除してくれるんですね^^

 

予防薬は、犬の体内にフィラリアが入り込むのを防ぐものではなく、犬の体内に入ってしまった幼虫を駆除するためのものです

(予防薬というよりも、駆除薬といったほうが分かりやすいかもしれません)

 

予防薬は移行幼虫を駆除するためのものなので、蚊に刺された直後ではなく、時間をおいて投与する必要があります。

 

また、1か月を過ぎると、今度は移行幼虫が大きくなりすぎて、薬が十分に効かなくなってきます。

したがって、予防薬を飲ませるのは1か月後がベストというわけです^^

 

4月に刺された分は5月で駆除し、5月に刺された分は6月で駆除・・・といったように1か月ずつ投与する理由もこれで納得ですね♪

 

 

薬を飲ませる時期の目安

蚊は気温が15度以上あれば活動できるといわれています。

一般的な蚊の活動期間は、4月1週目から11月1週目

 

つまりは、5月1週目から12月1週目までは薬を投与する必要があるということです!

 

地域別の詳しい予防期間は、以下のサイトを参考にしてください。

HDU概念に基づいて算出した「全国犬のフィラリア感染期間の目安」

※獣医師さんも目安にしているものです

 

フィラリア予防に関する注意点

医者

診断の重要性

去年の薬が余っていたから使おう」というのは非常に危険です。

万が一フィラリア症にかかっている犬に予防薬を飲ませると、ショック症状など重大な副作用が起きることも(・_・;)

 

しっかりと期間中に薬を飲ませていても、フィラリアにかかる子もいます。

というのも、蚊がいないと言われる期間に刺される可能性もゼロではないんです。家の中に住みついた蚊は、寒い冬でも活動します。

 

また、お薬を飲ませても、飼い主さんの見えないところで薬だけを吐き出してしまう子も少なからずいます。

 

このように、予防薬をしっかり飲ませていても予期せぬ形で発症してしまうこともあります。

「フィラリア症に感染していない」という診断を受けてから、予防薬を処方してもらいましょう!

 

セカンドオピニオンのススメ

ごく稀に「お薬は10月や11月までで大丈夫!」といった獣医さんがおられますが、そこは鵜呑みにしないでください。

暖冬が続く今の日本の気候では、12月まで投与するべきです!

 

沖縄はもちろん、九州でも冬に刺されることを警戒して、予防薬を通年投与するのが普通になりつつあります。

私の周りにも、通年投与に切り替え始めている飼い主さんはたくさんいます。

 

北海道を除いては、11月でもまだ蚊がいる地域のほうが多いはずです。

そして、12月に薬を投与しないと、11月に刺された分の移行幼虫は駆除できません!

 

駆除のタイミングを逃せば、翌年の予防開始となる5月まで、犬の体内でどんどんフィラリアは成長します。

結果、フィラリア症を発症してしまいます(・_・;)

 

最低でも12月までの投与は必要です。

「11月までで大丈夫」と言われた場合は、別の病院にてセカンドオピニオンを求めることをオススメします!

 

※同じ県内でも、水辺が近くにある地域では1か月分多く投与することもあります(その逆の場合もアリ)

かかりつけの先生に「この地域が一般的な5月~12月に投与するのとズレているのはなぜか?」をしっかり確認することも重要です。

 

 

フィラリア症は予防薬で100%予防できる病気です。

フィラリア症にかかった=飼い主さんの責任と言わざるを得ないので、しっかり理解したうえで適切な時期に予防してあげてくださいね!

 

フィラリア症の原因と早期発見のポイント

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ