知っておくべきドッグフードの国産と外国産の決定的な違いとは?

国旗

 

国産のドッグフードと外国産のドッグフードには、決定的な違いが1つあります。

そして、その違いを知ることで、自ずとどちらを選べばいいかも見えてきます!

国産と外国産の決定的な違い

さっそく結論から言うと、国産と外国産の間には“規制に関する違い”があります。

まずは国内と海外、それぞれの規制について簡単に見ていきましょう。

 

国内におけるドッグフードの規制

日本では、ドッグフードは食品ではなく「雑貨」に分類されます。

そのため、人間の食品では許可されていない添加物でも、ドッグフードでは使用できるものあります。

 

さらに、人間の食品には添加物を詳しく表示しなければいけませんが、ドッグフードには表示しなくていい添加物もあるのです。

 

つまり、表示の義務がある添加物は使用せず、表示しなくてもいい添加物だけを使用すれば“無添加”と謳うことさえできるのです。

これが国内におけるドッグフードの規制の現状です。

 

「ペットフードに関して日本は遅れている」

というのは聞いたことがあるかもしれませんが、まさかここまでひどいものだとは思いませんよね。

愛犬が口にするものが“雑貨”というのは非常にマズイです・・・

 

 

海外におけるドッグフードの規制

一方、ペット先進国といわれる海外の国では、添加物にかなり厳しい基準が設けられています。

しっかりと添加物を表示することはもちろん、第三者機関のチェックも通して販売されています。

 

「犬はペットではなく、家族の一員である」

といった海外の一般認識が、ドッグフードの安全性にもよく表れています。

 

我々日本人は“国産=高品質”というイメージを抱きがちですが、ドッグフードに関してこれは当てはまりません。

そして、こうした国内と海外での規制の違いは、原材料や価格にも違いとなって表れます。

 

 

国産と外国産、どっちを選べばいいの?

草原

 

ここまでの内容ですでに明らかですが、選ぶべきは外国産のドッグフードです。

もちろん、国産でも良いメーカーはあります。

「規制が緩いから、国産はダメだ!」

「規制が厳しいから、外国産は良い!」

とは、一概には言えません。

 

しかし、外国産のフードを選んだほうが安全な物である可能性が高いということは言えます。

また、愛犬家が口を揃えて言うのは、

“安いドッグフードのなかに良いと思えるものは1つもない”

ということです。

 

品質を良くするためには、それ相応の原材料品質管理が必要となるため、そのぶん値段も上がるものです。

ドッグフードに関しては、品質と価格は比例すると言い切れるのが現状です。

 

 

国産ドッグフードの特徴

  • 穀類メインのものが多い
  • 人工添加物を多く含む

国産のドッグフードを選ぶ際には原材料(パッケージに記載)にも注意しないければいけません。

 

穀類メインのフードが多い現状

国産のドッグフードには主原料が穀類(小麦、トウモロコシなど)のものも多いのが特徴です。

 

ドッグフード 国産 (原材料は含まれる量の多いものから記載されます)

 

「え、穀類の何がイケないの?」

と、初めは誰しもが思ってしまいますが、犬にとって穀類は消化しづらいものです。

本来肉食動物である犬にとって必要なのはお肉(動物性タンパク質)です。

犬の腸は短いことからも分かるように、体の構造もお肉を消化しやすいような作りになっています。

 

ちなみに、穀類が主原料として使われるのは“原価が安いから”です。

決して“犬の健康に良いから”ではありません。

 

 

添加物をたくさん含む現状

ドッグフード 添加物

(危険な添加物にラインを引いています)

 

海外では100%無添加が当たり前となってきているのに対し、国内では今も添加物が含まれるフードがたくさん販売されています。

“添加物でフードをかさ増しして、より安く販売する”

“人工的な香料を使って、より良い匂いがするようにする”

こうした理由で添加物が使用されているフードもたくさんあります(-_-;)

 

 

外国産ドッグフードの特徴

厳しい基準をクリアし、なおかつ品質で勝負している外国産のフードでは以下のような条件が主流となってきています。

  • 主原料がお肉
  • 人口添加物ゼロ
  • 穀物不使用(グレインフリー)

 

外国産ドッグフードの原材料(例)

ドッグフード 安全

 

上記はカナガンドッグフードの原材料ですが、原材料の一番上にはお肉(チキン)が記載されています。

また、酸化防止剤や着色料などの文字も見当たらず、おまけに消化の悪い穀類も一切使用されていません。

先ほどの国産のドッグフードの画像と比べると、その差は一目瞭然ですよね^^

安心・安全の無添加「外国産ドッグフード」3選へ

 

 

外国産のデメリット

ノートパソコン

 

強いてデメリットを挙げるなら、外国産は入手しづらいということです。

というのも、良質なドッグフードが店頭に並ぶことはほとんどないためです。

ペットショップやホームセンターなどでも販売されておらず、インターネット通販が主な販売ルートとなります。

 

なぜ店頭で販売されないのか?

良質なフードほど、製造から流通までを徹底的に管理しているものです。

より安全に、そしてより鮮度の高い状態で届けるために、販売ルートを限定しているフードもたくさんあります。

 

 

まとめ

国産ドッグフードと外国産ドッグフードの違いは、お分かりいただけたでしょうか。

国の「規制」に関する違いから始まり、フードの中身、原材料や品質にも大きな差が見られます。

 

残念ながらネット上を探し回っても、国産のドッグフードで良い意見はあまり見受けられません。

※私自身も市販のもので「これはオススメです!」と言えるものは見つけていません。

 

もしドッグフード選びに迷っているなら、

外国産のドッグフードのなかから愛犬に合いそうなもの

を是非探してみてください!

愛犬の寿命は毎日食べるドッグフードが大きく左右するので、慎重に選んでいきたいところですね^^

 

安心・安全の無添加「外国産ドッグフード」3選へ

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ