【犬の巨大食道症の原因と症状】早期発見のポイントと治療法

犬の巨大食道症の症状や原因

 

この記事では犬の巨大食道症の症状や原因についてまとめています。

初期症状などを参考に、早期発見に役立てていただければと思います。

巨大食道症ってどんな病気?

巨大食道症は、食道の部分が弛緩して伸びきってしまい、食べ物をうまく胃に運べなくなる病気です。

二本足で立っている人間は垂直方向に食べ物が落ちていきますが、四本足の犬は水平方向に食べ物を移動させていきますよね?

そこで食道が伸びきって力が入らなくなると、胃まで食べ物をうまく運ぶことができなくなるんですね。

なお、巨大食道症は完治が難しく、そのまま死につながるケースも多い重大な病気です。

 

巨大食道症の主な症状

  • 食べたものをすぐに吐いてしまう
  • 体重減少
  • (肺炎)

 

症状のなかでも分かりやすいのが、食べたものをすぐに吐いてしまう“吐出”です。

吐出の場合、胃まで食べ物が到達していないため、嘔吐物は消化されていないのが特徴です。

また、吐くことを繰り返すため、栄養が吸収されず、体重が減少していくといった症状も見られます。

(吐くことを繰り返すうちに、嘔吐物が肺のほうに流れ込んでしまい、肺炎になることも)

一度胃まで運んだものを吐く「嘔吐」は犬にとってよくあることですが、食べたものをすぐに吐き出してしまう「吐出」には注意が必要です。

 

巨大食道症の原因

巨大食道症の原因は、

  • 生まれつき(先天性)のもの
  • 他の病気がきっかけ(後天性)

の2つに分けられます。

先天性の原因は解明されていませんが、食道の神経や筋肉に何らかの異常があるのではと言われています。

また、後天性の場合は以下のような原因が挙げられます。

  • ケガや病気による筋肉や神経の異常
  • ホルモンの異常
  • 筋無気力症

 

上記の原因を見れば分かるように、日常のささいなことが原因で巨大食道症になることはありません。

そのぶん“かかりにくい病気”とも言えますが、飼い主側で予防することは難しく、一度かかってしまうと完治が難しいんですね。

 

巨大食道症の治療法

医者のイメージ画像

 

食道以外の異常による巨大食道症であれば、その原因を治療することで治るケースがあります。

例えば、ホルモンの異常が原因なら、ホルモンのバランスを正常に戻すことで、すぐに吐いてしまうといった症状も改善します。

 

しかし、原因が不明な場合(実際はこれがほとんど)は完治が難しいとされています。

この場合は、食道の機能を促すような薬を投与したり、胃にチューブを通して直接流動食などを入れて栄養を維持したりの処置が取られます。

 

完治は無理だとしても症状の悪化を抑えることはできるので、自宅での対症療法など、飼い主さんの努力次第ではこれまでと変わらず幸せな生活を送ることも可能です。

 

我々飼い主にできること

巨大食道症は予防することも難しく、一度なってしまうと完治が難しい病気です。

とはいえ、我々飼い主にできることはたくさんあります。

 

巨大食道症という病気において、何よりも大事なことは早期発見です。

普段から愛犬のことをよく観察して、ちょっとした異変にも気付いてあげられる。

食べたものをすぐに吐いた場合は、一目散に動物病院へ連れて行ってあげる。

こうして、いざというときに動けるよう準備しておくことも大事になってきます。

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ