犬の抜け毛に悩む飼い主さんに知ってほしい5つの抜け毛対策

犬 抜け毛対策

 

どれだけ掃除をしても、次から次へと出てくる抜け毛・・・

抱っこしただけで服が毛だらけに・・・

 

愛犬の抜け毛トラブルに疲弊している飼い主さんも多いと思います。

ここでは犬の抜け毛の世話を楽にするための5つの方法を紹介しています。

誰でも簡単にできる方法なので、是非今日からでも実践してみてください。

抜け毛トラブルと無縁の飼い主さんもいます

全ての飼い主さんが愛犬の抜け毛に悩んでいるかというと、決してそうではありません。

抜け毛と無縁のワンちゃんも実際にはいるわけです。

 

しかし、このページに来られたということは、きっとあなたのワンちゃんは

「抜け毛こそがアタシのアイデンティよ!!」

というタイプでしょう。

 

犬 抜け毛対策

 

実際、あなただけではなく、抜け毛の多い犬種の飼い主さんは日々頭を悩ませています。

しかし、そのなかにはちょっとした工夫で抜け毛トラブルから脱した飼い主さんもいます。

 

決して難しいことではありません。こうした飼い主さんが実践している5つの抜け毛対策をさっそく見ていきましょう。

 

 

日々のブラッシング

犬 抜け毛対策

出典:http://doghealth.seesaa.net/

抜け毛対策の基本は、毎日のブラッシングです。これほど抜け毛に対して効果的なものはありません。

 

ブラッシングにはもつれた毛をほどく目的もありますが、最大の目的は部屋中に抜け毛が散乱する前に取り除くためです。

 

もちろん「抜け毛の数」自体が減ることはありません。

しかし、日々のブラッシング(+コロコロ)でこまめに毛を取り除く習慣がつけば、部屋のあちこちに抜け毛が散乱することは少なくなります。

 

これは言い換えれば、

「部屋中に落ちた大量の抜け毛に絶望する」

という落差もなくなるということです。

 

絶対にあなた自身のストレスも軽減されるので、まずは毎日のブラッシングを習慣づけることから始めましょう。

 

 

週に一度お湯だけで洗い流す

定期的にお湯だけで体を洗い流してあげるのも、抜け毛対策には非常に効果的です。

ゴシゴシこすらずにサッと洗い流すだけでも、ブラッシングでは取れなかった毛も流れ落ちます。

 

念のために言っておくと、シャンプーではなく“お湯だけで”洗い流してください。

過度なシャンプーは必要な油分まで洗い流し、皮膚を傷つけることになります。

抜け毛の多い犬種でも、シャンプーは月に3~4回程度に留めておきましょう。

関連記事:犬種別で見る!犬の理想的なシャンプーの頻度

 

お湯の温度に要注意

お湯の温度は37~38℃が理想的です。

我々からすると「少しぬるい」と感じる温度ですが、体温調節が苦手な犬にとってはベストな温度です。

 

また、お風呂場に大量の毛が流れ落ちることになるので、毛取りシートなどを排水溝にセットするのもお忘れなく!

 

 

服を着させる

ワンちゃんに服を着せることで、抜け毛が部屋に散乱せずに済みます。

もちろん無理矢理着させると大きなストレスになるので、嫌がる子にはまず服に慣れてもらわなければいけません。

 

 

抜け毛対策用として、足元がキュッとしまっている服も販売されています。

これなら服についた毛を捨てるだけで済みますよね。

 

 

サマーカットにする

犬 抜け毛対策

出典:http://niconicobg.exblog.jp/

 

季節限定にはなりますが、思い切って毛を短くするのも1つの手です。

サマーカットは毛玉防止だけでなく、毛足が短くなりコロコロだけで取れる毛も増えるので、お手入れが楽になります。

 

ただし、短くしすぎると太陽光が直接皮膚に当たり、肌トラブルや熱中症のリスクも増えることに注意してください。

今人気のトイプードルのカットスタイル10選

一度は真似したいポメラニアンのカットスタイル6選

 

 

ドッグフードで抜け毛対策

ここまではいわば“外側”からのケアでしたが、毎日口にするドッグフードで“内側”からケアするのも効果的です。

「フードを変えたら、抜け毛が少なくなった」

という声も、一度は聞いたことがあると思います。

 

抜け毛対策に必要なフードの成分

犬の被毛はタンパク質から作られます。

そのため、タンパク質が不足すると毛が細くなり、抜け毛も増えることになります。

 

逆に、タンパク質を十分に摂れば、抜け毛が少なくなるだけでなく、毛ツヤも自ずと出てくるものです。

 

ドッグフード お肉

 

ここで言うタンパク質というのは、動物性タンパク質のことを指します。

多くの市販フードが主原料としている穀類(小麦、トウモロコシなど)は植物性タンパク質です。

そうではなく、チキンやラム肉といったお肉をメインとするフードでなければ意味がありません。

 

これまで穀類メインのフードを与えてきたという場合は、これを機にドッグフードを見直してみるのも良いと思います。

お肉たっぷりの安全・安心ドッグフード3選

 

 

まとめ(抜け毛対策)

  • 日々のブラッシング
  • お湯だけで洗い流す
  • 服を着させる
  • サマーカットにする
  • ドッグフードを見直す

 

毎日のブラッシングで抜け毛が散乱する前に予め取り除いておく。

週末にはお湯だけでサッと洗い流して、ブラッシングでは取れなかった毛を取り除く。

 

そして、足元までキュッとしまった服を着させて、部屋に落ちる抜け毛も最小限に!

極めつけは、ドッグフードで体の内側から抜け毛自体を少なくする!

 

たったこれだけでも抜け毛掃除の手間は確実に減ります。

服に毛がついたり、お皿に毛が入ったりといったストレスも、必ず軽減されるはずですよ。

お肉たっぷりの安全・安心ドッグフード3選

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ