誰でもできる!犬の熱中症の対処法と確実な予防策

犬の熱中症の画像

 

夏場、家を留守にするときにエアコンを消してから出ていませんか?

犬のケージはその場所で適切ですか?

 

犬の熱中症は飼い主の手で防げるものです。

今回の内容を踏まえて、夏場も愛犬の体調管理をしっかり行ってあげましょう。

熱中症の原因

犬が熱中症になる状況というのは、実は全国的に見ても限られています。

  • 蒸し暑い室内にエアコンなしで留守番させていた
  • 猛暑の中で散歩や外出をした
  • 夏場に買い物する際に車で待たせていた

 

犬は暑さに弱い生き物です。

気温(室温)が25度を越えたあたりから熱中症のリスクが急激に高まるので、我々人間と同じように考えていてはいけません。

 

少しの間だからエアコンをつけずに家で留守番させる・・・

他の季節と同様、いつも通り日中に散歩する・・・

こういったささいなことでも、熱中症にかかる原因となります。

 

熱中症になりやすい犬種

フレンチブルドッグ

  • 短頭種(鼻の短い犬種)
  • 肥満犬
  • 子犬や老犬

 

パグやブルドッグ、シーズーといった短頭種(鼻が短い犬種)は、体の構造上あまり呼吸が上手ではありません。

そのため、体内の熱をうまく発散することができず、熱中症にもかかりやすくなります。

 

肥満気味の犬は皮下脂肪の存在により、体内に熱がこもりやすくなります。

首周りの脂肪のせいで呼吸機能も低下するため、熱中症にかかりやすくなります。

失敗しない!太りにくいオススメのドッグフード

 

こんな症状は熱中症かも

以下は熱中症の初期段階で見られる症状です。

  • 呼吸が激しく荒い
  • よだれがひどい
  • 体温や脈拍が上昇

この時点ですでに正常な状態ではないため、熱中症を疑うべきです。

 

そして、ここからさらに悪化すると、以下のような症状が出始めます。

  • 下痢や嘔吐
  • 痙攣(けいれん)
  • 意識レベルの低下
  • 呼吸と心拍が停止

 

熱中症は放っておけば、死にいたる病気です。

気付いたときにはすでに手遅れといったケースも少なくないため、初期段階ですぐに涼しい場所へ移動させたり、水を飲ませるなどして、体温を下げてあげることが重要です。

 

 

熱中症になったときの対処法

ラブラドール

  • シャワーでお腹を濡らす
  • 水が飲めそうなら飲ます
  • 首の周りやわきの下を冷やす
  • 病院に連れて行く

熱中症の症状が出た場合は、体温を下げて動物病院に連れて行くことが最優先となります。

 

体温を下げる

体温を下げるには、シャワーなどでお腹を地肌までしっかり濡らしてあげます。

太い血管が通っている首の周りや脇の下を、濡れタオルなどで冷やすのも効果的です。

また、脱水症状を起こしている可能性もあるので、水も飲めそうであれば飲ませてあげてください。

 

必ず動物病院へ

仮に症状が治まったとしても、すでに体の内部はダメージを受けています。

そのため、数時間後に再び悪化することも十分に考えられます。

熱中症の可能性がある場合は、症状が軽くても必ず病院へと連れて行ってあげてください。

 

 

病院での熱中症の治療

体温が平熱に戻るまでは、病院でも体温を下げる処置が行われます。

すでに手遅れといった状態を除けば、入院したとしても元気な姿で戻ってくることも多いです。

 

回復を早めるためにも、「少しでも様子がおかしければ、すぐに病院へと連れて行く」といった迅速な対処が重要です。

 

 

熱中症を確実に防ぐ対策法とは

犬の暑さ対策

温度計の気温をチェック

室温が25度を超えないように、温度計はこまめにチェックしましょう。

その際、温度計は犬がいる高さ(人間のヒザ付近)に設置するようにします。

人間の高さと犬の高さでは気温が1~2度違うといったこともあるため、我々の感覚で判断しないようにしましょう。

 

外飼いの犬も室内に

屋外で飼っているワンちゃんは特に注意が必要です。

犬小屋(ハウス)を日陰や風通しの良い場所に移動させてあげたり、昼間だけでも玄関に入れてあげると熱中症のリスクを大きく減らすことができます。

 

お留守番させるときの注意点

家を空けるときは、必ずエアコンをドライ(除湿)モードにするなどして、室温が上がらないようにしましょう。

また、しっかり水分補給ができるように、飲み水の量や置き場所なども確認しておくことも重要です。

 

最も見落としがちなのが“ケージ・サークルの位置”です。

直接日の当る場所を避けるのはもちろんですが、エアコンの風が直接当っていないかどうかも確認してください。

ドライモードといえども、冷たい風に当たり続けると、今度は風邪を引いてしまうことになります。

犬のお留守番の正しいしつけ方法

 

夏場の散歩は工夫しよう

上からは日差しの暑さ、下からはコンクリートの反射熱。真夏の散歩は、犬にとって非常に過酷なものです。

そのため、散歩の時間を早朝や日が沈んでからの時間に切り替えるなどして、できるだけ涼しい時間帯にしてあげましょう。

(コンクリートではなく、芝生の上を歩かせるだけでも随分と違いますよ)

 

 

まとめ

  • 熱中症になったら、すぐに体温を下げる
  • 念のため動物病院へと連れて行く
  • 温度計で室温をこまめにチェックする
  • 家を空けるときはエアコンをドライモードにしておく
  • 夏場の散歩の時間はズラそう

 

熱中症の原因は、全て我々飼い主の手で防げるものです。

万が一のときにすぐ対処するための知識も必要ですが、最も重要なのは室温などをこまめにチェックして熱中症を未然に防ぐことです。

 

6~10月は気温が一気に上がる季節です。

今一度、愛犬の周りの環境をチェックしてあげてくださいね。

夏場の水分補給に!犬にトマトを与える5つのメリットと注意点

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ