甲状腺機能低下症におすすめのドッグフード!リピート率95%の口コミ抜群フードとは?

トイプードルの画像

 

「うちの子は甲状腺機能低下症で、病院からお薬をもらっている」

「だけど、食事管理をどうすればいいか分からない!」

「いろいろ調べても、良さそうなドッグフードがない・・・」

 

あなたもこんな風にお困りではありませんか?

この記事では甲状腺機能低下症におすすめのドッグフードを紹介しています。

「食事管理にも気を付けて、このまま何事もなく寿命を全うさせてあげたい!」

という飼い主さんは是非フード選びの参考にしてみてくださいね。

甲状腺機能低下症に必要な食事

新鮮な野菜の画像

 

甲状腺機能低下症のワンちゃんは、高脂血・基礎代謝の低下・タンパク質生成阻害などの代謝トラブルを抱えているもの。

こうしたトラブルが原因で、無気力や脱毛といった症状がみられるようになるんですね。

そんなワンちゃんに与える毎日の食事で、絶対に押さえておきたいポイントが3つあります。

  1. 低脂肪&良質な脂
  2. 低カロリー・低糖質
  3. 高消化性のタンパク質

以下、簡単にそれぞれについて解説していきます。

 

低脂肪&良質な脂

甲状腺機能低下症のワンちゃんは、甲状腺ホルモンの不調により、脂肪の代謝がうまくできなくなります。

そのため、血液中にコレステロールなどの脂肪がたまる「高脂血」になりやすいんですね。

高脂血は動脈硬化などにもつながる危険な状態なので、低脂肪のドッグフードを選んでケアしてあげることがすごく大切です。

 

さらに言えば、脂肪の“質”にもこだわりたいところです。おすすめは高脂血などへの有効性が知られている「オメガ3脂肪酸」を含んでいるドッグフードです。

 

低カロリー・低糖質

甲状腺ホルモンが十分に働かないと、基礎代謝も落ちてしまいます。

おのずと消費カロリーも減るため、必要以上のカロリーは肥満につながります。

そのため、ドッグフードは低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

 

もっとこだわるのであれば、低糖質のものが理想です。

基礎代謝が落ちることで、糖質の許容量というのも少なくなっています。

これは血糖値が上がりやすい状態でもあり、糖尿病などの併発リスクもすごく上がっている状態なんですね。

そのため、フードを選ぶ際は糖質もチェックできれば理想的です♪

 

高消化性のタンパク質

甲状腺機能低下症では、体内のタンパク質をつくる力も落ちています。

無気力や脱毛といった症状も、こうしたタンパク質不足が原因で起こるんですね。

 

タンパク質というのは、犬にとっていわば主食。最も重要な栄養素です。

ドッグフードに含まれるタンパク質は、大きく以下の2つに分けられます。

  • 植物性タンパク質(トウモロコシ・小麦など)
  • 動物性タンパク質(チキン、ラム肉、馬肉など)

本来、肉食動物である犬に与えるべきは“動物性タンパク質”です。

植物性タンパク質は消化が悪く、栄養価も低いので、必ずお肉メインのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

甲状腺機能低下症のドッグフード選びの条件

  • 低脂肪(良質な脂)
  • 低カロリー(かつ低糖質)
  • お肉メイン

甲状腺機能低下症のワンちゃんには、最低でもこれらの条件を満たしたドッグフードを与えることが重要です。

人工添加物を使用しておらず、コスパが良ければ言うことナシですね^^

 

甲状腺機能低下症におすすめのドッグフード

犬の糖尿病におすすめのドッグフード

リピート率95%!低脂質・低カロリーの特別療法食!

甲状腺機能低下症をはじめとする、高血糖・高脂血に悩むワンちゃんのために作られた「犬心」。

糖尿病など併発リスクの高い疾患を未然にケアする意味でも、大きく役立つドッグフードです。

低カロリー・低脂質にこだわって作られた原材料は、正真正銘の無添加&国産

毎日安心して与えられるドッグフードで、初回無料のお試しセットも用意されています。

⇒「犬心」お試しセットの詳細はコチラから

 

犬心の原材料

犬心ドッグフードの原材料を徹底評価

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

血糖値をコントロールして元気な体を維持!

犬心では、血糖値上昇につながる「取り込まれやすい糖質」が制限されています。

また、糖吸収をブロックする食物繊維もバランス良く配合されているため、血糖値を一定にコントロールしてくれるんですね。

なかなか原材料を見ただけでは分かりませんが、甲状腺機能低下症などのワンちゃんのリピート率95%という数字からも、いかに体調を維持してくれるかは分かります^^

 

低脂肪かつ良質な脂を使用

低脂肪はもちろんのこと、脂肪の質にもこだわって作られています。

とりわけオメガ3脂肪酸がたっぷり配合されているので、これは甲状腺機能低下症のワンちゃんにとっては嬉しいポイントです♪

 

高消化性のタンパク質を主原料に使用

犬心の主原料は、イヌが最も消化しやすい生肉(牛・馬・鶏)です。

一般的なフードがトウモロコシや小麦などをメインにしていますが、栄養価や消化の良さでは一線を画します。

慢性的なタンパク質不足にある甲状腺機能低下症のワンちゃんにとっては、これも頼りになりますね^^

 

甲状腺機能低下症のワンちゃんの口コミ

クッシング症を発症したのは7歳になったばかりの頃でした。

以来、何とかやってきましたが、昨夏、甲状腺機能低下症も併発してしまいました。

闘病は続きますが、愛犬の食事療法ができ、とても助かっています。

ダックスフンド 6歳

愛犬は甲状腺機能低下症をわずらっています。

首から始まり、お腹や背中にかけて毛が抜けてしまったときは、本当にショックでした。

とにかく活発な子だったのに、ほとんど動かなくなり、かわいそうでなりませんでした。

「犬心」で状態が安定しているように思います。散歩に行きたがることもありますし、活発な愛犬が戻ったように感じるときがあります。

トイプードル 7歳

愛犬が甲状腺機能低下症を発症して約半年が経ちます。その間、治療を続け、なんとかしてあげれないか、色々調べました。

甲状腺機能低下症の、特に高脂血対応のドッグフードということで、そんな食事管理は知りませんでした。

この病気とはずっと付き合っていかなければならないと覚悟しています。

それでも「犬心」が私たちの支えの1つになっています。

ラブラドールレトリバー 8歳

 

実際に口コミを見てみると、「食事管理をどうすればいいか分からなかった」という飼い主さんがたくさん利用されています。

もちろん、ワンちゃんが元気になったという声もあるように、その効果を実感している方もたくさんいます。

甲状腺機能低下症などに特化した数少ないドッグフードというのも、やっぱり頼もしいポイントですよね^^

⇒犬心の公式サイトはコチラから

 

内容量 1kgずつの個包装※体重別で個数を選択
価格 6500円(3kg)
お試し価格 無料(200g)※送料無料
賞味期限 製造より未開封で1年間
成分値 粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、325kcal

※お試しはまとめ買い・定期コース注文の方のみ

※お試し後キャンセル可能(実質0円でお試し可能

 

犬心は、甲状腺機能低下症のワンちゃんのために作られた数少ないドッグフードです。

低脂質・低カロリーはもちろんのこと、急激な血糖値の上昇を抑えるところまで考えて作られています。

 

リピート率95%と実績も十分なので、一度お試しセットで食いつきだけでも確認してみてはいかがでしょうか^^

詳しい情報や口コミも、ご自身の目で一度チェックしてみてくださいね。

⇒「犬心」公式サイトはコチラから

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ