ドッグフードの並行輸入品をオススメしないたった1つの理由

ドッグフード 輸入

 

ドッグフードのなかには、正規輸入品と合わせて並行輸入品が出回っているものもありますよね。

結論から言うと、並行輸入品はオススメしません!

なぜならリスクがつきまとうからです。

 

ブランドバッグや時計とは違い、ドッグフードは愛犬が口にするものです。

このことを踏まえて、並行輸入品を検討している方は是非一度ご覧ください!

正規輸入品と並行輸入品の違い

まずは簡単に両者の違いを見ていきましょう。

 

正規輸入品とは

海外の販売メーカーから、日本の正規代理店が輸入したものを指します。

日本へ輸出する前提で、日本の気候なども考慮して製造されるのが特徴です。パッケージや付属のパンフレットなども日本語で作られているものがほとんどです。

 

並行輸入品とは

海外で流通している商品を、正規ではない別の輸入業者や個人が輸入したものを指します。

原産国で販売する前提で、その国の環境を考慮して製造されたものです。パッケージも外国語で書かれているものが多く、上から日本語のシールが貼られているのが特徴です。

 

これら2つで大きく異なるのは、

  • 正規の代理店が輸入しているか
  • 輸出先のことを考えて作られているか

という点ですね。

 

さて、それでは実際購入する際に注意しなければいけない点は何か?

両者の違いをもう少し掘り下げていきます。

 

品質と安全性の違い

ドッグフード 輸入

 

最も注意しなければいけないのが、品質と安全性に関することです。

まず、正規輸入品の場合はメーカーと契約している代理店を通して、しっかりと温度管理された状態で輸入されます。

日本の気候を考慮して作られているので、フードもより新鮮な状態で届けられます。

 

一方、並行輸入品は別の業者が輸入しているため、ルートも正規のものとは異なります。

輸出の際もドッグフード以外の商品と一緒に運ばれるため、いろいろな国を回ってから日本に届けられます。

 

ドッグフード専用のコンテナではないため温度管理も不十分で、入荷に時間もかかる。

となれば、心配されるのはフードの酸化や劣化ですよね。

これこそが並行輸入品のリスクです。

 

 

メーカーと手を組み、専用のコンテナを使って、最短で日本に届けられる正規輸入品。

 

現地の問屋から運送業者までが絡み、通常のコンテナであちこち回ってから届けられる並行輸入品。

どちらが安全でどちらが危険なのかは一目瞭然ですよね。

 

ブランドバッグや時計ならまだしも、ドッグフードは愛犬の口に直接入るものです。

品質や安全性に関するリスクは、決して無視できないポイントだと思います!

 

並行輸入品はトラブル時にも困る

ドッグフード 危険

 

万が一、ドッグフードに不備があった場合。

正規輸入品であれば、メーカーの保証もついていて、代理店が対応してくれます。

メーカー本社と代理店の2社だけで流通業務を行うため、管理の目も行き届いており、そもそもトラブルは少ないもの。

 

しかし、並行輸入品の場合はどうでしょう。

現地の問屋から輸入業者を介して、さらには運送業者を経由して輸入されます。

これは販売経路もかなり複雑です。

そのため、何かトラブルがあったときにはその原因を特定することが難しいんですよ。

そして、結果的に誰も責任を負わない・・・なんてことも。

 

もちろん並行輸入品のトラブルに対しては、メーカーも代理店も対応してくれません。

原因となった業者を特定できたとしても、あなた自身が外国語で交渉しなければいけません。

 

こんなふうにフードの劣化や危険性を書くと、

「そんな恐ろしいこと言わないでよ!」

と思われるかもしれませんが、実際にそんな恐ろしいことが起きていますからね(・_・;)

こうしたリスクがある以上、どうしてもオススメはできません。

 

並行輸入品にもメリットはある

ドッグフード 割引

 

さて、一概に「並行輸入品はダメだ!」と言い切れないのも事実です。

並行輸入品には“安さ”があります。

輸入業者がメーカーと代理販売の契約を結んでいないため、値段が安く抑えられる。

これが並行輸入品の大きなメリットです。

 

それでいて、しっかり品質管理されているものもあるんですよね。

「安いから購入してみたけど、品質も特に気にならない!」

と評判の良いものはたくさんあります。

 

こうしたものを見つけることができれば、並行輸入品を利用するメリットは大きいと思います。

ただし、トラブルが起きた時には泣き寝入りするほかありませんけどね。

(なんだか嫌な言い方でごめんなさい!でも事実です)

 

正規輸入品と並行輸入品、どちらを選ぶべきか?

最後に、両者の違いをおさらいしておきましょう。

  • 日本の環境を考慮して製造されているかどうか
  • 輸入時にフードの劣化の心配があるかどうか
  • トラブル時に対応してくれるかどうか
  • 値段が安いかどうか

 

正規輸入品と並行輸入品のどちらを選ぶか?これは言い換えると、

“安さと安全性のどちらを取るか?”

ということです。

 

そして、当然取るべきは安全性です。

 

「正規輸入品と並行輸入品は、飼い主さんによってどちらがベストなのかは違います!」

なんて書かれているサイトもありますが、そんなわけありません。「飼い主さんによって」なんていうのは二の次なんですよね(・_・;)

 

どちらが良いのか、愛犬に聞いてみましょう。

「品質が同じなら、僕はできるだけ安いフードが良いッス」

なんて言いませんよね。これは100%飼い主さんの心の声です。

 

「劣化しているフードなんて絶対に嫌。できるだけ安全なものが良い!」

きっと愛犬もそう思っているはずです。

 

いやはや、こうして何か迷ったときは、愛犬のことを一番に考えて選ぶようにしたいものです。

私はよく「犬の十戒」を読み返したりもします(^^;)

犬の気持ちを知るために読みたい「犬の十戒」

 

少し話は逸れましたが、

品質管理やフード劣化などのリスクを負ってまで並行輸入品を買うかどうかということです。

私は公式サイトなどから正規のルートで購入することをオススメしますよ^^

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ