今すぐ試したい!犬の毛艶をガラッと良くする3つの方法

犬 毛艶

 

ツヤツヤだった毛並みも、いつの間にかボサボサ・・・

同じ犬種なのに、どうしてあの子は毛艶が良いんだろう?

 

なんて、少し悔しい気持ちになることもありますよね。

しかし、諦めることはありません。毛艶が悪くなる原因を知り、しっかりと改善してあげれば必ず良くなります!

犬の毛艶が悪くなる原因

コッカ—スパニエル

 

まずは原因を知る必要があります。

今やネット上では「○○で毛艶を良くする!」

などの情報が飛び交っていますが・・・根本的な原因を改善しない限り、毛艶はすぐに悪くなってしまいます。

 

しかし、その原因というのはいたってシンプルなものなんです。さっそく以下で毛艶を悪くしてしまう原因を見ていきましょう。

 

栄養状態が悪い

犬の皮膚や被毛は、タンパク質脂質からできています。

そのため、毎日のフードに含まれるタンパク質や脂質の“質”によって、毛艶の良し悪しも決まります。

 

本来肉食動物である犬が必要としているのは、動物性タンパク質です。

そのため、毎日与えるドッグフードはお肉がメインのものが理想的です。

 

市販の安価なドッグフードの多くは、植物性タンパク質である穀物類(トウモロコシや小麦など)を主原料としていますよね。

しかし、植物性タンパク質は犬の体ではうまく消化されず、栄養も行き届きません。

当然、これも毛艶が悪くなる原因となります。

 

逆に言えば、栄養状態が良くなれば、自然と毛艶も良くなります。

「ドッグフードを変えたら、毛艶が良くなった!」という声が多いのも、これを裏付けるものです。

犬にとって必要な6つの栄養素とは

 

ブラッシングが出来ていない

日々のブラッシングは本当に重要です。

例えば、プロのトリマーさんにお願いすると、愛犬も毛艶が良くなって帰ってきますよね?

 

もちろんトリマーさんは良質なシャンプーを使っていますが、結局はしっかり汚れを落とし、毛玉や毛のもつれを取ってくれたということに過ぎません。

魔法のようなパウダーをふりかけているわけではありませんからね。

 

日頃から丁寧にブラッシングをしていれば、被毛の汚れもある程度落ちます。

毎日のブラッシングは、毛艶を維持するための基本中の基本なので、サボりがちな方は今日からでも継続してブラッシングをしてあげてください。

 

愛犬の毛艶を良くする3つの方法

犬 化粧水

 

フードを見直す

最も手っ取り早く、確実な方法はドッグフードを見直すことです。

穀物メインのフードから、動物性タンパク質の肉メインのフードへと切り替えるだけでも毛艶が良くなることがあります。

 

前述のように、タンパク質は皮膚や被毛など、愛犬の体を作るうえで最も重要な栄養素です。

さらに、犬が必要とするタンパク質はヒトの3倍以上と言われています。

しっかりと良質なタンパク質をフードから摂取することは、毛艶だけでなく、愛犬の健康のためにも欠かせないことです。

お肉たっぷりの安全・安心ドッグフード3選

 

ブラッシングと定期的なシャンプー

「1週間に1回はブラッシングしている」という声もよく耳にしますが・・・明らかに少ないです。

それでは毛玉も取れなくなり、汚れも落ちにくくなっているはずです。

 

理想は、毎日ブラッシングしてあげることです。

加えて、月に1~2回のシャンプーも欠かさずにしてあげてください。

フードと合わせて、こうした外側からのケアをすることで、毛艶もグッと良くなるはずです!

 

犬用化粧水で毎日お肌をケア!

我々がお風呂上がりにケアするように、愛犬の肌もケアしてあげることで、毛艶はガラッと生まれ分かります。

特に、犬の肌トラブルの多くは乾燥肌からくるものです。

外側から化粧水で保湿してあげるだけでも、乾燥肌によるトラブルはかなりの割合で防げます!

 

その際、人間用の化粧水は使用しないようにしてください。

今では犬用の化粧水も販売されているので、そちらを使うようにしましょう。

⇒ 毛並み・毛艶の口コミ抜群!犬用化粧水のレビュー記事

 

まとめ

毛艶が悪くなる原因というのは、本当はシンプルなものです。

毛艶を良くするためにまず試してほしいのがフードの見直しです。穀物メインのフードから、お肉たっぷりのフードに変えるだけでも随分変わってくるはずですよ。

その場しのぎの対処ではなく、根本的に毎日口にするものから改善してあげてくださいね。

お肉たっぷりの安全・安心ドッグフード3選

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ