【犬の巨大結腸症の症状や原因】早期発見のポイントや治療法について

犬の巨大結腸症の症状や原因

 

この記事では犬の巨大結腸症の症状や原因についてまとめています。

早期発見につながる初期症状も記載しているので、ご自身のワンちゃんに当てはまるものがないかどうかをチェックしてみてください。

犬の巨大結腸症ってどんな病気?

巨大結腸症は、分かりやすくいうと“慢性的な便秘”です。

大量の便が結腸内に溜まり、結腸が異常に大きくなってしまう病気です。

 

犬の巨大結腸症

 

結腸が巨大化すると、腸のぜんどう運動(便を押し出すための運動)も低下し、排便がしにくくなるという悪循環に陥ります。

飼い主さんが自力でなんとかできるものではなく、必ず獣医さんの治療が必要となる大きな病気です。

 

重症化した場合は根治が難しく、再発や慢性的な症状となるケースもあります。

また、巨大結腸症がその他の病気を引き起こす可能性もあるため、病気になる前に防ぐことが何よりも大切です。

 

巨大結腸症の原因

巨大結腸症の原因は様々ですが、主な原因は以下の通りです。

  • 腸のぜんどう運動機能の低下
  • 直腸や結腸内の腫瘍・異物誤飲
  • 事故などで骨盤を骨折し、結腸が圧迫される

 

いずれもうまく排便ができず、大量の便が溜まってしまうことで、結腸の巨大化につながります。

しかし、原因のなかには飼い主さんの手で防げるものも多いんですね。

消化の悪い食事を避けることで便秘を防ぐこともできますし、交通事故異物誤飲も飼い主さんがしっかり見ていれば防げることです。

 

穀物(小麦、トウモロコシなど)や添加物は消化の悪い原材料の代表例です。

こうしたものが含まれていないフードを与えることで簡単に便秘を防ぐことができます。

⇒穀物不使用&100%無添加のドッグフードランキング

 

巨大結腸症の症状

巨大結腸症の主な症状は以下の通りです。

  • 力んでもウンチがなかなか出ない
  • 排便回数が増える
  • 硬い便とあわせて下痢が少量出る
  • 便秘が長引く

 

すでにお気づきかもしれませんが、上記はいずれも便秘の症状ですよね?

ココが巨大結腸症の恐いところでもあり、「ただの便秘かな?」と見過ごしてしまう飼い主さんも多いんですね。

 

早期発見のポイントとなるのは、普段の何気ない便秘を軽視しないことです。

丸2日経ってもうまく排便できないようであれば、念のため動物病院に連れて行きましょう。

早めの対処が巨大結腸症を防ぐためには最も有効な手段なので、

「うんちをする時に何かおかしい様子はないか?」

など、普段からよく観察してあげてくださいね。

 

巨大結腸症の治療法

病気

 

症状が軽い場合は、便秘の処置と同様、下剤などを投与し排便を促します。

脱水や嘔吐を併発している場合は、輸液などで電解質のバランスを整える処置などが取られます。

 

また、重症化すると結腸を摘出する手術を行ったり、自宅でワセリン水の浣腸を日常的に行う必要があります。

残念ながら、重症化した場合は根本的な治療が難しく、再発を繰り返し、慢性的になってしまうことも多いんですね。

繰り返しになりますが、“なる前に防ぐ”ことが本当に大切な病気なのです。

 

まとめ

巨大結腸症は根治が難しい大きな病気ですが、初期症状はその他の病気と比べても気づきやすいものばかりです。

あなたのワンちゃんは便秘ではありませんか?

便秘が2~3日続いていませんか?

ちょっとした便秘でも油断せずに、長引くようであればすぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

巨大結腸症は未然に防ぐとともに、早期発見によって軽症で済ませることが大切です。

普段から愛犬のうんちの状態もしっかり観察しておくようにしましょう。

 

理想的なウンチの状態は以下の通りです

  • 形は長細く、コロンとしている
  • 適度な水分とツヤがある
  • つまんでも崩れない硬さ
  • 少し黒めの黄土色(食べたものによる)

⇒犬の便秘の6つの症状と自宅でできる3つの対処法

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ