ファインペッツとモグワンの3つの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

モグワンとファインペッツの3つの違いを徹底比較

 

「モグワンとファインペッツで迷っている・・・」

「うちの子にピッタリなのはどっち?」

そんな飼い主さんに向けて、この記事ではモグワンとファインペッツの3つの違いを徹底比較しています。

いずれも高品質なドッグフードですが、それぞれに違った特徴があります。

是非ワンちゃんにピッタリなほうを選んであげてくださいね。

モグワンとファインペッツの原材料を比較

モグワン ファインペッツ
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン 鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、昆布、パセリ、ローズマリー、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、ユッカシジゲラ抽出物、コンドロイチン0.01%、ローズマリー、セイヨウイラクサ

 

モグワンとファインペッツはいずれも以下の条件を満たす、良質なドッグフードです。

  • お肉たっぷりで栄養満点
  • 危険な添加物は不使用(100%無添加)

一見どちらも同じような原材料に見えますが、実はそれぞれの特徴に違いがあり、うちの子にピッタリなほうも変わってきます。

まずはモグワンの特徴から見ていきましょう。

 

モグワンの特徴

モグワンドッグフードの画像

  • 穀物不使用
  • 野菜・フルーツたっぷり
  • トッピングの自由度が高い


ファインペッツと違い、モグワンは穀物不使用(グレインフリー)となっています。

元々は肉食動物で、アミラーゼなどの消化酵素を持たない犬にとって、穀物は消化しづらいものです。

それだけでなく、穀物はアレルギーの原因になりやすいことでも知られています。

この点、モグワンなら穀物による消化不良(軟便)やアレルギーのリスクはゼロになるんです。

  • 下痢・軟便をしやすい
  • 健康的なウンチにしたい
  • 皮膚が弱い
  • 今後のアレルギーを予防したい

こんなワンちゃんにはモグワンのほうが合っていると思います。

 

カナガンの原材料

 

また、モグワンは手作り食のレシピから生まれたこともあり、原材料に野菜・フルーツがたっぷり含まれています。

「フードを開けたときの香りは人間でも美味しそうに感じる」というような、ドッグフードでは珍しい口コミも多いんですね。

そのため、「ドッグフード独特の鼻をつくような匂いが苦手…」という飼い主さんにもオススメです。

 

また、他のフードとは違って“トッピングをしても栄養バランスが崩れにくい”というメリットもあります。

普通のドッグフードでは「トッピングは与える量の5~10%まで」と記載されていますが、モグワンの場合は25%までトッピングOKとなっています。

 

モグワンドッグフードのトッピングレシピ

※公式サイトにはトッピングレシピも掲載されています

「手作り食に興味はあるけど、作る時間やお金がない」「でも、たまにはごほうびでトッピングしてあげたい!」

そんな飼い主さんにはこれ以上ないドッグフードだと思いますよ。

(公式サイトはコチラ↓)
プレミアムドッグフード『モグワン』

 

ファインペッツの特徴

ファインペッツドッグフードを最安値で購入する方法

 

続いてはファインペッツの特徴を見ていきましょう。

ファインペッツにもモグワンにはない長所がいくつかあります。

  • 少ない量でしっかり栄養が摂れる
  • 無理にたくさん食べさせる必要がない

ファインペッツの特徴はなんといってもその消化吸収率の高さ(87%)にあります。

これは市販のプレミアムドッグフードの倍以上の数値で、“食べたら食べた分だけ栄養になる”ということです。

ファインペッツの消化吸収率の高さは、1日の給与量を見ても明らかです。

 

成犬時の体重 モグワン ファインペッツ
2~3kg 56~76g 24~36g
3~5kg 76~104g 36~60g
5~7kg 104~132g 60~84g
7~10kg 132~175g 84~120g

※1日の給与量は各公式サイトの数値を参照

 

消化吸収率が高いため、ファインペッツは1日に与える量はかなり少ないのが特徴です。

1粒1粒の栄養価が高く、消化も良いので、少ない量でもしっかり栄養が摂れるようになっているんですね。

そして、この“少ない量でしっかり栄養が摂れる”というのが、ファインペッツの大きなメリットだと私は思っています。

食欲旺盛なワンちゃんはフードの切り替えに手を焼くかもしれませんが、

  • 少食のワンちゃん
  • 食べる量の減ったシニア・高齢犬

にはファインペッツは本当にオススメです。

「無理にたくさん食べさせる必要がない」というのも、少食の犬の飼い主さんにとっては嬉しいポイントですよね。

FINEPET’Sドッグフード(公式サイト)

 

原材料を比較【まとめ】

モグワンはこんな子・飼い主さんにオススメ!

  • 穀物アレルギーや軟便が気になる
  • ドッグフード独特のあの匂いが苦手・・・
  • たまにはトッピングをしてあげたい!

(公式サイトはコチラ↓)
プレミアムドッグフード『モグワン』

ファインペッツはこんな飼い主さんにオススメ!

  • 少食のワンちゃん
  • 食の細いシニア・高齢犬
  • 愛犬に無理をしてたくさん食べさせるのに疲れた…

FINEPET’Sドッグフード(公式サイト)

 

モグワンとファインペッツの成分値を比較

項目 モグワン ファインペッツ
粗タンパク質 28.0% 26.0%
粗脂肪 12.0% 16.0%
粗繊維 3.0% 5.0%
粗灰分 8.0% 10.0%
カロリー/100g 344kcal 440kcal

 

続いては、保証成分値を比較していきます。

ただし、成分値はあくまで目安として見ておくのが無難だと思います。(それぞれで消化吸収率は大きく異なるため)

まず最初に、モグワンは数あるプレミアムドッグフードのなかでも低脂肪・低カロリーということです。

ファインペッツも与える量を守れば太る心配はありませんが、より肥満のリスクが小さいのはモグワンです。

  • 太りやすい・肥満気味のワンちゃん
  • 加齢に伴い運動量が減ってきたワンちゃん

などには、モグワンのほうが合っていると思います。

逆に痩せ気味の子には、カロリーの高いファインペッツがオススメです。

 

モグワンとファインペッツの価格を比較

項目 モグワン ファインペッツ
販売価格 3960円(1.8kg) 3142円(1.5kg)
1kgあたりの価格 2200円 2095円
1日のコスパ 約167円 約81円

※1日のコスパは成犬3kgの給与量から算出

 

コスパの良さはファインペッツの圧勝です。これはファインペッツの1日に与える量が少ないからですね。

また、ファインペッツには以下のような割引も用意されています。

  • 利用すればするほどお得になる定期コース
  • 初回のみ1080円で購入できるお試しセット

※定期コース…20回目20%OFF、100回目100%OFFなどの回数割引もアリ

モグワンにも定期コース割引はありますが、割引率の大きさはファインペッツの圧勝です。

FINEPET’Sドッグフード(公式サイト)

 

口コミと評判【モグワンVSファインペッツ】

実際に購入した飼い主さんたちは、どのようにしてモグワンやファインペッツの購入を決めたのでしょう?

その決め手になった理由などを、口コミをもとにいくつかピックアップしてみました。

 

モグワンの購入理由・口コミ

なるべく安全で健康によい食事をさせたいと思いました。

現在食べているフードで時々ウンチが緩くなるので、変えてみようかと思いました。

ドライフードをなかなか食べてくれなくて、色々調べてみた中、評判が良さそうなので試してみようと思いました。

添加物や消化が悪い穀物を避けたいが、市販品で良質の物を見つけるのは難しいため。

13歳の高齢犬になり愛犬の体に良いものをと思い注文してみました。

毎日同じご飯しか食べられないので、できるだけ美味しくて体に良いものをあげたいと思ったから。

大切な家族の食事を考え、体にいいものを食べて長生きしてほしいと思ったから

安全性の高さに惹かれたから

 

ファインペッツの購入理由・口コミ

おかげさまで、あれほど苦しんでいた愛犬の下痢が日に日によくなり、今現在は正常なウンチに戻りました。

5歳のチワワですが、最後の悩みであった涙やけも治まりました。

うちのワンコの皮膚の状態がすさまじく悪く、何とかせねばと思い、評判の良いこちらのドッグフードにした。

下痢をしやすい柴犬に、ファインペッツをお友達からすすめられた。

多量の糞尿に悩んでおり、消化の悪さが原因だと思って、消化の良いファインペッツにした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

モグワンとファインペッツは、いずれも高品質で人気のあるドッグフードです。

しかし、実際にこうして比較してみると、それぞれに違った特徴があることが分かります。

最後に、どちらを選べばいいかのポイントをまとめておくので、是非ワンちゃんにピッタリなほうを選んであげてくださいね。

 

モグワンはこんな子・飼い主さんにオススメ!

  • 下痢や軟便を治してあげたい
  • アレルギー対策をしてあげたい
  • ドッグフード独特のあの匂いが苦手…
  • たまにはトッピングをしてあげたい!
  • 太りやすい子・肥満気味の子

(公式サイトはコチラ↓)
プレミアムドッグフード『モグワン』

ファインペッツはこんな子・飼い主さんにオススメ!

  • 少食のワンちゃん
  • 食の細い高齢犬
  • 愛犬に無理をしてたくさん食べさせるのに疲れた…
  • できるだけ安く済ませたい!
  • 痩せ気味の子

FINEPET’Sドッグフード(公式サイト)

※最安値はいずれも公式サイトです

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ