「食事管理が分からない」ときに試したい!膵炎の犬に人気のドッグフード

マルチーズの画像

「膵炎のうちの子にどんなフードを与えればいいか分からない」

「膵炎のワンちゃんに人気のドッグフードがほしい!」

そんな飼い主さんに向けて、この記事では膵炎におすすめのドッグフードを紹介しています。

膵炎などの高血糖・高脂血に悩むワンちゃんのリピート率95%以上という代物なので、是非フード選びの参考にしてみてください。

⇒さっそく膵炎の犬におすすめの人気ドッグフードを見る
(下へスクロールします)

膵炎の犬の食事の3ポイント

犬の手作り食のデメリット

膵炎の子においては、毎日の食事で症状の進行具合や合併症のリスクなども大きく変わってきます。

とくに膵炎は食生活が原因で再発するケースも多いので、まずは毎日の食事から対策してあげることが重要です。

 

低脂肪&良質な脂を与えよう

膵炎の食事で最もこだわりたいポイントは「低脂肪」です。

膵炎の犬は消化酵素の分泌が低下するため、脂肪の消化や代謝がうまくできません。

これ以上膵臓に負担をかけないためにも、高脂肪の食事は避けるのが大前提です。

亜麻仁油のイメージ画像

また、できれば「脂肪の質」にもこだわりたいところです。というのも、粗悪な脂肪は中性脂肪やコレステロールの数値をアップさせることになるからです。

さて、良質な脂のなかでもオススメは、生肉や魚に含まれる「オメガ3脂肪酸」です。

オメガ3脂肪酸には血液中の脂肪を低下させる働きがあり、高脂血への有効性も認められていますよ^^

 

低糖質(血糖値をコントロールする)

膵炎において最も注意しなければいけない合併症は「糖尿病」です。

同じ膵臓の病気ということで、併発のリスクは非常に高いことで知られています。

高血糖が原因となる糖尿病のケアも踏まえると、炭水化物や糖質を抑えた食事が理想的です。

血糖値が上がらないような工夫がされたドッグフードだと安心ですね!

 

腸内環境を整える

腸内環境の悪化のイラスト

腸炎のワンちゃんでは、「膵液」がうまく働かず腸に負担がかかっていることも多いんですね。

また、免疫細胞の約70%が集中する腸内環境の悪化は免疫力の低下にもつながります。

膵炎の子にとっての免疫力低下は、

  • 症状の悪化や進行
  • 合併症のリスク
  • その他の病気の発症

などの可能性が高まることにもなります。

そのため、健康なワンちゃん以上に腸内環境を整えることが重要なんですね。

腸内環境のイラスト

腸内環境を整えるためには、適量の食物繊維や乳酸菌を摂取するのが効果的です。

腸内環境が良くなれば、それだけ血液中のコレステロールなどを食べてくれる免疫細胞も増えます。

膵炎の子にとっては腸内環境を整えることは、健康+症状緩和とまさに一石二鳥なんですね!

 

膵炎のドッグフード選びの3つのポイント

  1. 低脂肪と良質な脂
  2. 低糖質(血糖値の上昇を防ぐ)
  3. 腸内環境をサポート


ここまでの内容も踏まえて、ドッグフードを選ぶ際には上記の3つのポイントが条件となります。

低脂肪かつ低糖質のフードなら、糖尿病などのリスクを軽減するのにも一役買ってくれますね。

そして、忘れがちですが何よりも大切なのが、しっかりと栄養の摂れるドッグフードであること!

いくら低脂肪・低糖質でも栄養不足になってしまっては元も子もないので、原材料もしっかりチェックして選びたいところですね。

 

膵炎におすすめのドッグフード

犬の糖尿病におすすめのドッグフード

ここまでの条件を満たしていて、なおかつ私が唯一おすすめできるのが「犬心」というドッグフードです。

「犬心」は市販のドライフードとは違い、膵炎をはじめとする高脂血・高血糖に悩む犬のために作られた“特別療法食”です。

もちろん、同じように膵炎に悩む犬の飼い主さんも多く利用されています。

⇒「犬心」公式サイトはコチラ

 

犬心の原材料

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

「犬心」が市販の低脂肪ドッグフードと決定的に違う点は、

  • 主原料が生肉(動物性タンパク質)
  • 100%無添加(添加物不使用)
  • 膵炎などを前提に作られている

という点です。

 

まずは主原料に生肉をたっぷり使っているという点。

ご存知かと思いますが、犬にとって最も必要な栄養素は動物性タンパク質(お肉)です。

コスト削減のために穀物(トウモロコシや小麦など)を主原料にしているフードとは、栄養価の高さも一線を画します。

犬心ドッグフードの原材料を徹底評価

また、原材料はすべて人間でも食べられる食材で、100%無添加というのもすごく安心できるポイントです。

もちろん原材料のバランスにおいても、

  • 血糖値アップにつながる糖質を制限
  • オメガ3脂肪酸をメインの脂として使用
  • ビタミン・ミネラルも高脂血・高血糖対応バランス

と、膵炎のワンちゃんに配慮されたものになっています。

腸内環境をサポートする「βグルカン」を含んだ花びら茸を使用しているのも、ほかのフードとは大きく異なる点ですね^^

 

犬心の口コミ

元々やんちゃで食欲旺盛な愛犬ココが、好物のささ身をあげても見向きもしませんでした。

その後に3回も嘔吐し、お腹が痛いようなそぶりを見せたので、あわてて病院に連れて行きました。

結果は、急性膵炎。一命をとりとめましたが、再発・慢性化のリスクもあると聞きました。

そんなとき、「犬心」と出会いました。食いつきが良くご機嫌で、今まで以上にやんちゃになった気がします。

ミニチュアシュナウザー 5歳

慢性膵炎を発症したのは愛犬が2歳の頃です。以来、何とかやってきましたが、とうとう糖尿病も併発してしまいました。

ちょうどそのとき「犬心」を知り、これしかない、という心境でした。闘病は続きますが、愛犬の食事管理ができてとても助かっています。

最近、少し体重が増え、目が活き活きしてきたように感じています。

ジャーマンシェパード 7歳

子供と兄弟のように成長し、家族の一員として暮らしている愛犬です。

膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。ダメかもしれないと思ったこともありました。

「犬心」は食いつきが良く、便質がほどなく変わりました。うちのワンコに合っているなと思いましたね。

近所の河口湖に散歩に行けるようになり、家族が明るさを取り戻しています。

シュナウザー 8歳

「犬心」は一般のワンちゃん向けに作られたドッグフードではないので、決して知名度は高いほうではありません。

しかし、口コミを見ても分かるように、膵炎をはじめとする高脂血・高血糖に悩むワンちゃんからは絶大な支持を受けています。

リピート率95%以上という実績からも、いかに膵炎のワンちゃんに必要とされているのかが分かります。

「膵炎のうちの子にどんなフードを与えればいいか分からなかったけど、犬心で食事管理ができるようになった」という飼い主さんの声も多いんですね。

「うちの子が喜んで食べてくれるか心配・・・」といった飼い主さんには、無料のお試しセットも用意されています。

初めてのワンちゃんでも試しやすいので、まずはお試しで食いつきだけでもチェックしてみるのも良いと思います。

⇒「犬心」の無料お試しセットの詳細を見る

 

まとめ

  • 低脂肪と良質な脂
  • 低糖質(血糖値の上昇を防ぐ)
  • 腸内環境をサポート


膵炎のワンちゃんに理想的な、これらの条件を満たしたドッグフードというのは決して多くはありません。

そこに「特別療法食」「100%無添加」といった条件が加わると、見つけることさえ困難になると思います。

※私も「犬心」にたどりつくまでに時間がかかりました

 

膵炎も放っておくと、症状の悪化や再発、合併症などを引き起こす恐れもあります。

そうなってしまう前に、あるいは今後のケアのために、まずは毎日の食事から対策してあげたいものですよね。

「犬心で愛犬が元気になって、私たち家族も明るくなった!」という声も多いので、興味のある方は是非一度試してみてくださいね^^

⇒「犬心」の公式サイト(最安値)はコチラから

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ