絶対に守ろう!犬に桃を与えるときの5つの注意点

桃

 

犬に桃を与えても大丈夫なのか?

結論から言うと、桃はOKです。

しかし、与える際にはいくつか注意しなければいけない点があります!

ここではその注意点から美味しい桃の見分け方まで紹介しているので、是非参考にしてください!

犬に桃を与えるメリット

桃の約90%は水分なので、食べることで愛犬の喉も潤い、水分補給になります!

また、タンパク質や各種ビタミンなどもバランスよく含まれており、栄養も満点です♪

とりわけ犬の健康に一役買ってくれるのがカリウムやカテキンといった成分です!

 

カリウムの効果

カリウムには利尿作用があり、体内の余分な塩分を排出してくれる働きがあります。

また、血圧の上昇を抑える効果もあり、健康には必要な栄養素です。

カリウムはドッグフードなどから十分に摂ることができないので、桃などの果物から積極的に摂ることで、犬もより健康になります♪

 

カテキンの効果

カテキンと聞くと、真っ先に思い浮かべるのは緑茶です。

しかし、実は桃にもたくさんのカテキンが含まれているんです!

カテキンは

  • 動脈硬化や心臓病の予防
  • 抗ガン作用
  • 老化防止

など、様々な効果に期待できる成分です。

ザ・健康といったカテキンを摂取できるのも、桃を与える大きなメリットの1つですね♪

 

犬に桃を与える際の注意点

犬 舌

 

  • 1日に与えていい量
  • 種は取り除いてあげよう
  • 食べやすいサイズに!
  • 桃の缶詰はNG
  • アレルギーには要注意!

 

さて、ここからが本題です。

桃は犬の健康にとっても良い果物ですが、与え方を間違えると逆効果になってしまいます。

以下の注意点は必ず守るようにしましょう!

 

1日に与えていい量

桃にはたくさんの水分が含まれているため、食べ過ぎるとお腹を下します。

また、犬が消化できない繊維質も含まれるため、食べ過ぎると便秘になることも。

1日に与える量の目安は

10~20g(桃1個の1/16~1/8ほど)

です。

人間の一口サイズ1~2個を限度にしてください!

 

種は取り除いてあげよう

桃のは消化できないので、必ず取り除くようにしてください!

数日後に消化されなかった種だけを吐いた、という例も少なくありません。

また、種には中毒成分も含まれます。

しかし、至る所で書かれているような

「中毒物質があるから、食べたら死んじゃう!」

ということはありません。

中毒成分といってもそこまで大げさなものではありません!

一度に何個も食べないと中毒症状にはならないので、もし食べてしまった場合も、慌てずによく経過を観察してあげてください。

※テーブルの上に置いた皮や種を食べてしまう事故も多いので注意してくださいね

 

食べやすいサイズに!

犬には噛まずに丸飲みする習性があります。

柔らかい桃といえども、ゴツゴツしたまま飲み込むと、喉を詰まらせてしまう可能性もゼロではありません!

食べやすいサイズに小さく切ってあげると、そうした危険を避けられるだけでなく、消化もしやすくなります

 

桃の缶詰はNG!

市販の桃の缶詰には、大量の砂糖が入っているので、絶対に与えないでください!

糖分の摂りすぎは、様々な病気のリスクを一気に跳ね上げることになります。

犬は本来食べ物に含まれる糖分だけで十分なので、こうした味のついたものを与えないよう気を付けてくださいね。

 

アレルギーには要注意!

人間と同様、桃にアレルギーを示す子もなかにはいます。

目の充血や嘔吐、下痢などの症状が現れた場合はすぐに病院で診てもらってください!

桃を与える際は、極々少量からスタートして、様子を見ながら徐々に量を増やしていくようにしましょう。

 

美味しい桃の選び方

桃

 

  • 左右対称で形の良いもの
  • 色がハッキリしていて、香りが良いもの
  • うぶ毛がしっとり寝ているもの

 

まずは、形に注目します!

左右対称で真ん丸な桃が美味しいとされています!

あまりにも横に広がった形の桃は、中の種の部分がしっかり固まっていないものが多く、味も乗らないそうです。

 

次に、色と形に注目します!

赤色がハッキリと映えているもの(白桃なら白色)が美味しいとされています。

また、桃は熟すほど香りも強くなるので、コッソリ匂いも嗅いで選びましょう(笑)

 

最後は、表面のうぶ毛に注目です!

うぶ毛がしっとりとした手触りで、寝ているようなものが美味しい桃です。

左右対称で、色が生えていて、香りが強く、うぶ毛がしっとりしている。

そんな桃を探し出しましょう!

 

まとめ

  • 1日に与えていい量は1口サイズ1~2個ほど
  • 種は取り除いてあげよう
  • 食べやすいサイズに切ってから与えよう!
  • 桃の缶詰はNG!
  • アレルギーには要注意!極々少量からスタートしよう!

 

桃にはカリウムやカテキンを始めとした、たくさんの栄養が含まれています。

適量を守れば、犬の健康にとっても良い果物です!

注意点を必ず守ったうえで、愛犬とのピーチライフを楽しんでくださいね♪

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ