「ピッコロ」ドッグフードの悪い口コミ|購入前に知っておくべきデメリットを本音で解説

ピッコロドッグフード

タイプ 総合栄養食
対象 全犬種対応
年齢 シニア犬(7歳~)
原産国 イギリス
最安値 公式サイト

 

「ピッコロを買おうかどうか迷っている」「ピッコロって実際どうなの?デメリットも知りたい!」

あなたもこうして疑問に思ったことがありませんか?

低脂肪・低カロリーでシニア犬に必要な栄養もたっぷり。

そんなピッコロの悪い評判デメリットを今回は本音で解説します!

買おうかどうか迷っているという方は、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

~「ピッコロ」の4つのデメリット~

  1. ドッグフードの酸化・劣化が速い
  2. ペットショップなどでは売られていない
  3. 腎臓の弱い子などには不向き
  4. 価格が比較的高い

【その1】ドッグフードの酸化が速い

ドッグフードの画像

 

1つ目のデメリットは、封を開けてから酸化するスピードが早いという点です。

というのも、ピッコロの原材料はすべて人間でも食べられるナチュラルな食材で、人工的な保存料などは使用されていません。

一般的なドッグフードでは賞味期限を延ばすために、

  • 酸化防止剤
  • 保存料

などの添加物が使用されています。

しかし、ピッコロではこうした添加物を使わず、酸化防止剤も“ミックストコフェノール”という天然のビタミンEを使っています。

そのため、市販のドッグフードと比べると、どうしても封を開けてから酸化するスピードは速くなってしまうんですね。

 

悩む女性の画像

 

こんなふうに書くと、「劣化したドッグフードなんて与えたくない!」と不安に思ってしまいますよね。

しかし、普通に保管していれば、犬のカラダに悪いほど酸化することはないと思います。

ピッコロの賞味期限は3か月もありますし、1袋1.5kgなのでほとんどの家庭で無理なく使い切れるはずです。

ただし、ドッグフードが酸化するにしたがって食いつきが悪くなるケースもあるので、保管方法には十分に注意したいところです。

 

「ピッコロ」の上手な保存方法

ジップロックや真空容器の画像

 

最後までピッコロを愛犬に美味しく食べてもらうためには、

  • 冷暗・冷所で保管する
  • 高温多湿は避ける
  • 空気を抜いてから封を閉じる

といった基本的なポイントを守って保存することが大切です。

 

ジップロックの画像

 

また、真空容器に移し替えたり、あらかじめジップロックなどに1食分ずつ小分けにしておくのもオススメです。

小分けにする作業は手間がかかりますが、空気に触れる回数はたったの2回に抑えられます。

※小分けにするときと実際に与えるときの2回

さらに“一目であと何食分あるかが分かる”というメリットもあります(慌てて買うことが少なくなります!)

このように、ひと手間かけるだけでフードの酸化はかなり遅らせることができます!

 

【その2】ネット通販でしか購入できない

スマートフォンの画像

 

2つ目のデメリットは、「ピッコロ」は公式サイトでしか購入できないという点です。

ペットショップやホームセンター、楽天やAmazonなどでも販売されていません。

なぜ通販限定なのかについては、公式サイトで以下のように説明されています。

品質を保証し、できるだけ出来立てのフードをお届けするために「ピッコロ」は通信販売のみのお取り扱いとなっています

 

店頭で販売するとどうしても在庫を抱えることになるので、品質劣化の問題が出てきます。

また、管理の目も行き届かなくなるため、通信販売のみということなんですね。

 

パソコンを触る女性の画像

 

「えー、ネット通販ってめんどくさそう」「もっと簡単に買えたらいいのに・・・」

こんなふうに思ってしまいますよね・・・私も同感です。

とはいえ、こうした徹底した品質管理があるからこそ、愛犬に与えられるという安心感もあるんですよね。

それに、重たいドッグフードを持ち運ばなくてもいいのは助かりますし・・・考え方によってはメリットかもしれませんね。

※公式サイトは親切に設計されているので、ネット通販が不安な方でもラクチンです!

 

【その3】高タンパクだから腎臓に不安のある子はNG

霜降り牛肉の画像

 

ピッコロの大きな特徴として、低脂肪・低カロリーかつ高タンパクという点が挙げられます。

フード全体の70%をチキンやサーモンなどのお肉が占め、動物性タンパク質がたっぷり摂れるようになっています。

 

ドッグフード名 粗タンパク質
ピッコロ 34.0%
ロイヤルカナン  22.0%以上
ヒルズサイエンスダイエット 15.5%以上 
アボダーム 20.0%以上 

※いずれもシニア用を参照

 

動物性タンパク質は犬にとって最も必要な栄養素なので、タンパク質が多いことは大きなメリットです。

これだけ入っていれば、食欲の落ちたシニア犬でもしっかり栄養が摂れるでしょう。

 

しかし、腎臓に不安のある子には不向きです。高タンパクな食事は腎臓に負担がかかるため、高品質なピッコロといえども与えないのが無難です。

また、胃腸が弱い子も高タンパクな食事を消化しきれず、下痢をしてしまうかもしれません。

「すべてのワンちゃんに向かない」という点は、購入前に確認しておきましょう。

 

【その4】価格が比較的高い

お金の画像

 

ピッコロは市販のドッグフードよりも値段がやや高くなっています。これも家庭によってはデメリットになるかと思います。

ドッグフード名 1kgあたりの価格
ピッコロ 約2640円
ロイヤルカナン 約1971円
ヒルズサイエンスダイエット 約661円
アボダーム 約1641円

※いずれもシニア用を参照

 

ピッコロの値段が高い理由は、かさ増しになる穀物を使用せず、高品質なお肉をたっぷり使用しているため。

もちろんこれは愛犬のカラダを考えれば大きなメリットですが、この値段の差を高いと思う方もおられるのは事実です。

「これくらいの値段なら出せる!」という方には本当にオススメですよ!)

「ピッコロ」公式サイトはコチラをクリック↑

 

ピッコロを買った飼い主さんの口コミ

チキン&サーモン70%配合というのに惹かれた。便の調子もずっと良い気がします。

ずっと与え続けたいと思えるフードに出会えなかった。

使われているもの、栄養面を考えるようになった今だからこそ良さが分かるので、ずっと与えていきたいと思いました。

とても美味しいらしく、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べていました。朝からスッキリで良くなりました。

フードの香りも飼料臭がなくてとても良いです。コンディションも良く、毎日イキイキしています。

 

口コミでは「食いつきが良い」と評判です。食いつきが落ちてきたシニア犬にはピッタリですね!

また、添加物からくる鼻をつくような匂いもないため、フードの匂いが気になる方にもオススメです!

「ピッコロ」公式サイトはコチラをクリック↑

 

まとめ

  • ドッグフードが比較的酸化しやすい
  • 通販でしか手に入らない
  • 腎臓や胃腸が弱い子には向かない
  • 値段がやや高い

 

以上が、ピッコロを購入するまえに知っておきたい注意点です。

そもそも悪い口コミ自体が少なく、デメリットといっても決して原材料に問題があるわけではありません。

ドッグフードの保存方法やお金の問題なので、私たち飼い主のほうでクリアできる部分も多いんですね。

ピッコロドッグフード

 

ネット通販限定というデメリットはありますが、ピッコロのように

  • 高タンパク(お肉70%)
  • 低脂肪・低カロリー
  • 関節サポート成分たっぷり
  • 人工添加物ゼロ

といった条件を満たしたシニア用フードは市販の製品にはありません。

「本当にカラダに良いものだけを与えたい」「1日でも長生きさせてあげたい!」

そんな愛犬想いの飼い主さんは一度試してみる価値はあると思います。

今回はデメリットばかり書きましたが、ピッコロは私からもオススメできる高品質なドッグフードです!

(「ピッコロ」公式サイトはコチラ↑)

※上のリンクから最大20%OFFが適用されます(先着300名限定)

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ