あなたの愛犬は大丈夫?犬の鼻炎の症状と確実な予防策

パピヨン

 

犬の鼻炎は、ウィルスや細菌が鼻腔に侵入し、炎症を起こす病気です。

鼻水やくしゃみが止まらないのは、人間だけでなく犬にとっても辛いことです。

 

いち早く鼻炎のサインに気づいてあげて、しっかり病院で診てもらうこと!

これが我々飼い主が愛犬のためにできることです。

犬の鼻炎の症状

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 口呼吸をしている
  • 鼻をしきりに気にしている
  • 鼻の上が膨らんでいる

 

鼻炎の初期段階では、水のようなサラサラとした鼻水が出ます。

くしゃみの頻度も少なく、鼻水に粘性もないため、そもそも鼻水を垂らしていることに気づかない飼い主さんも多いです。

 

しかし、症状が進行すると、くしゃみの頻度や鼻水の量も増えてきます。

鼻水も粘性の強い膿を含んだようなドロッとした鼻水に変化します。

 

また、鼻腔の腫れや鼻水により、この頃から鼻呼吸がしづらくなって、口呼吸をするようになります。

鼻の痛みが気になり、鼻を床にこすりつけたり、前足で触るようなしぐさが見られることもあります。

 

鼻炎が慢性化すると・・・

鼻腔のさらに奥にある副鼻腔で炎症が起こる副鼻腔炎を併発する恐れがあります。

この場合は鼻の上のほう、ちょうど鼻筋あたりがふっくらと盛り上がってくることもあります。

副鼻腔炎は鼻炎よりもさらに症状が重くなり、蓄膿症などの他の病気を引き起こす可能性も高くなります。

 

遅くても鼻炎の段階で異変に気づいてあげて、すぐに病院で診てもらえるよう、これらの症状は押さえておきましょう。

 

 

犬の鼻炎の原因

犬の鼻

  • ウィルス・細菌などの感染
  • アレルギー反応(花粉、ハウスダストなど)
  • 鼻の中の腫瘍や異物
  • 異物吸引により鼻の中にできた傷
  • 口腔内疾患
  • 寄生虫(鼻ダニなど)

 

鼻炎の原因には様々なものが考えられます。

最も日常的に起こりやすいのが異物吸引によって引き起こされる鼻炎です。

 

異物といっても大そうなものではなく、例えば散歩中にクンクン臭いを嗅いでいる時に、誤って植物の種が鼻に入ってしまった

というだけでも鼻の中で炎症を起こす原因となります。

 

また、免疫力が低下している時には、ウィルス細菌真菌(カビ)などが鼻に侵入して鼻炎を引き起こすこともあります。

 

さらに、こうした外的な要因以外にも、口腔内疾患などの内的なもので鼻炎が引き起こされる場合もあります。

特に口蓋裂などを先天的に患っている犬は、鼻炎になりやすいので注意が必要です。

※口蓋裂・・・鼻腔と口腔がつながってしまっている状態

 

 

犬の鼻炎の治療法

病気

 

鼻炎の治療は、原因ごとに効果的な薬を投与するのが一般的です。

例えば、ウィルスによって引き起こされた鼻炎であれば、そのウィルスを死滅させるための抗生物質が投与され、何らかのアレルギーが原因の鼻炎の場合は、そのアレルギーを抑える薬を投与します。

また、鼻の中にできた腫瘍や異物を簡単に取り除けない場合は、除去する手術を行わなければいけません。

 

 

普段からできる鼻炎対策

鼻炎を予防するために最も効果的な方法はワクチン接種です。

ワクチン接種では、命に関わることもあるジステンパーウィルスをはじめ、鼻炎の原因となる様々なウィルスの感染を防ぐことができます。

 

5種混合ワクチンや6~9種混合ワクチンなど、病院によって勧められるワクチンは異なりますが、いずれも接種しておいて損はありません。

愛犬の健康のためにも、かかりつけの病院で定期的にワクチン接種を受けさせましょう。

 

まとめ

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 口呼吸をしている
  • 鼻をしきりに気にしている
  • 鼻の上が膨らんでいる

 

犬の鼻炎も初期段階で気づくことができれば、すぐに治してあげることができます。

そのためにも上記のような症状がないかどうかは、日頃からよく観察しておくようにしましょう。

関連記事: 毎年必要?犬のワクチン接種の本当の目的について

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ