犬種別で見る!犬のシャンプーの頻度と注意点

犬のシャンプー

 

ワンちゃんはどれくらいの頻度でシャンプーをするのが望ましいのか?

他の飼い主さんたちは、一体どのくらいの頻度でシャンプーをしているのか?

 

ここでは、一般的な目安や犬種別の頻度をまとめています。

ご自身のワンちゃんはどれくらいシャンプーをするのが理想的なのか、是非チェックしてみてください!

一般的なシャンプーの頻度

一般的に犬のシャンプーは月に1~2回が望ましいとされています!

もちろん大型犬ではそうもいかないし、毛の短い小型犬もまた頻度は変わってきますが(^^;)

 

ただ1つだけ注意していただきたいのが、シャンプーのしすぎはかえって逆効果ということです。

というのも、犬の肌はヒトよりもはるかにデリケートだからです。

 

過剰なシャンプーは必要な皮脂を落としてしまい、皮膚も傷つけてしまいます。

何らかの皮膚疾患につながることさえあります。

 

日頃からこまめにブラッシングをしていれば、ある程度の汚れは落とすことができます。

また、汚れた部分だけその都度タオルで拭いてあげれば、そこまで汚れも蓄積しません!

 

「どうしても臭いが気になる」という場合は、週に1回ほどお湯だけで洗い流してあげるだけでも随分と違いますよ♪

※普段からワンちゃん用の化粧水などでケアをしていれば、キレイな肌も維持できます!

 

 

犬種別のシャンプーの頻度

秋田犬 ラブラドール

 

月に1~2回というのが一般的な目安ですが、

  • 毛の長さ
  • 体の大きさ
  • 肌の強さ

などで、必要なシャンプーの頻度は当然変わります。

 

以下は、多くの飼い主さんの声をもとにした犬種別のシャンプーの頻度です。

ご自身のワンちゃんに該当する場所を参考にしてみてください!

 

月に2~4回の犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • ラブラドールレトリバー
  • 柴犬
  • トイプードル
  • コーギー
  • ジャックラッセルテリア など

 

毛の長い子や、抜け毛の多い子の場合、2週間に1回はシャンプーをしているといった飼い主さんが大多数のようです。

トイプードルなどの独特な毛をもつ子も、これくらいが多いようですね(^^;)

涙やけに悩むトイプードルにこそオススメのドッグフードとは

 

「すぐに汚れるし、臭うから」

「ブラッシングだけでは抜け毛が落ちないから」

といった理由が大半でしたが・・・非常に分かります。

いざ洗い流してみると、「こんなにも抜けるのか!」というくらい、毛が出てきますよね(笑)

 

くれぐれもシャンプーのしすぎには注意しなければいけませんが、

  • 週に1回はお湯で洗い流してあげる
  • 毎日ブラッシングをしてあげる

といったことも、してあげるほうが良いでしょう♪

 

月に1~2回の犬種

ダックスフンド クリーム

  • チワワ
  • ミニチュアダックスフンド
  • ポメラニアン
  • コーギー
  • マルチーズ
  • ヨークシャテリア など

 

人気犬種がズラッと並んでいますね。

こうした一般的な小型犬であれば、月に1~2回程度で十分と言われています!

 

気を付けるべきは、やはりシャンプーのしすぎです。

毎日のブラッシングや、こまめに体を拭いてあげていれば、そこまで頻繁に洗う必要はありません!

刺激の強いシャンプーよりも、日々のケアのほうがはるかに重要です。

 

「犬が嬉しそうにするから」

「臭いが気になるから」

という場合は、週に一度くらいのペースでお湯だけで洗い流してあげてください!

 

月に1回 or 2か月に1回の犬種

  • チワワ(スムースコート)
  • フレンチブルドッグ
  • パピヨン
  • ビーグル
  • シーズー など

 

毛の短い子や、体が小さく肌の弱い子は、2か月に1回という家庭が多いようです。

 

多くのワンちゃんにとってシャンプーはストレスになるものですし、必要最低限と考えればこれくらいの頻度でいいと思います^^

日頃のブラッシングやタオル拭きを欠かさなければ、十分清潔に保てますからね!

 

シャンプーの注意点

犬 シャンプー

 

最後に、シャンプーの際の注意点をいくつか見ていきましょう。

 

シャワーの温度

お湯の温度は37~38℃が理想的です!

我々からすると「少しぬるい」と感じる温度です。

 

犬は全身が毛で覆われているため、ヒトのように素早く体温を調節することができません。

熱いシャワーは体温を急激に上げ、冷たいシャワーは風邪の原因になるので注意してください!

 

すすぎ残しはフケの原因に

シャンプーが体に残らないよう、すすぎは念入りにしてください。

また、シャンプー後は必ずドライヤーで乾かしてあげること!

 

すすぎ残しや乾かさないでいると、カビが繁殖し、フケが出る原因となります。

ドライヤーの風も熱くなりすぎないように、手に風を当てながら乾かしましょう!

見落としがちな犬のフケの原因まとめ

 

犬の体調に合わせる

我々が思っている以上に、シャンプーは犬にとって疲れるものです。

体調を崩す原因にもなりうるので、必ず犬の体調が良いときにしてあげてください!

※生後3か月未満の子や妊娠中の子は、抵抗力が低下しているので避けるようにしてください

 

まとめ

愛犬を清潔に保つためにも、シャンプーは欠かせないケアです。

ただし、くれぐれもシャンプーのしすぎには注意してください!

毎日のブラッシングや、その都度お湯だけで洗い流してあげるなど、こまめなケアで愛犬を清潔に保ってあげてくださいね♪

 

犬の毛艶をガラッと良くする3つの方法

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ