犬を飼う際の初期費用

 

子犬

 

「犬を飼いたい!」

と思ったものの、一体犬を飼うのにどれくらいの費用が必要なのか、全く想像もつかないという人も多いはず。

ここでは犬を飼う際の初期費用についてまとめています。

これから犬飼おうとしている方は、是非目安にしてください!

初期費用はこれだけかかる!

初期費用
  小型犬 中型犬 大型犬
子犬代 125,000円 125,000円 125,000円
犬の登録 3,000円 3,000円 3,000円
狂犬病の予防接種 3,500円 3,500円 3,500円
ワクチン接種 10,000円 10,000円 10,000円
ペット用品 30,000円 40,000円 50,000円
合計 171,500円 181,500円 19,1500円

 

上記は、一般的な相場を目安にそれぞれ作成しています。

犬種などによって大きく金額は異なりますが、最も大きな割合を占めるのが子犬代です。

 

また、子犬代以外にも多くの費用がかかるという点も知っておいてください。いずれの項目も必要な費用です。

 

犬を飼う際の初期費用には20万円前後必要だ、ということを知ってもらったうえで、以下それぞれの項目について見ていきましょう!

 

子犬代の相場は?

トピプードル

 

子犬1頭の平均購入価格は12万円前後です(あくまで目安)

子犬の販売価格は、血統書の有無や顔の整い具合などによって大きく変わります。

そのため、柴犬は8~18万円、ブルドッグは20~40万などのように同じ犬種でも価格帯は広くなるのが特徴です。

 

また、その時の人気流行によっても犬種ごとの価格は大きく変化し、当然ペットショップによっても価格は違ってきます。

 

高い子犬だと、100万円を超えることもしばしばありますが、

「お金がないからとりあえず安い子を!」なんて理由で、犬を選ぶのはくれぐれも避けましょう(後々苦労します)

犬選びの際はいろいろな角度から選ぶことも、その後の愛犬との生活を豊かにするコツです。

値段以外の観点からも、犬種を選んでいきましょう!

関連記事:これから飼う人へ犬選びの5つのポイント

 

犬の登録(畜犬登録)

子犬

 

子犬を飼った際はまず「犬の登録」をしなければいけません。

生後91日以上の犬の飼い主には以下の3項目が法律によって義務付けられているため、これらは必ず必要な費用となります。

 

  • 市区町村に飼い犬の登録をする
  • 年に1回狂犬病の予防接種を受けさせる
  • 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること

 

生後90日を過ぎたら狂犬病の予防接種(詳しくは後述)を受けさせ、

「注射済み証明書」をもらって30日以内に役所または保健所に行きます。

 

そこで費用(3000円前後)を払って犬の登録をすると、鑑札・注射済票・標識が渡されます。

鑑札・注射済票は首輪につけ、標識は玄関に張るのが一般的です。

 

犬の登録は法律によって義務付けられているため、犬を飼った際はすみやかにこれらの手続きを済ませましょう!

これらの手続きを行わなかった飼い主には罰金が課されますよ!

 

狂犬病の予防接種

上で書いたように、年に1回「狂犬病の予防接種」を受けさせることが義務付けられています。

費用は3500円前後と高くはないため、こちらも毎年必ず行うようにしましょう。

 

狂犬病の予防接種は、市区町村が指定した日時・会場で行われる集団接種で受けることができます。

 

すでに「犬の登録」が済んでいる場合は、時期が近づくとハガキなどでお知らせが届きます。

まだ「犬の登録」が済んでいない場合は、市区町村に集団接種に関して問い合わせる必要があります。

 

また、どうしても集団接種に行けなかった場合には、近くの動物病院で接種してもらうことも可能です。

(この場合は診察料等も加わり費用が多くかかるケースもあります)

 

ワクチン接種

接種回数やワクチンの種類によって金額は異なりますが、1万円前後はかかると思っておきましょう。

生後も間もない子犬には母親からの受動免疫が備わっています。

しかし、離乳する頃には大きく免疫力が低下してしまいます。

特にこの時期は伝染病などにかかりやすいため、ワクチン接種は早めに済ませておく必要があります。

ワクチン接種は生後50日頃に1回目、80~90日頃に2回目、以降年に1回受けさせるのが一般的です(近くの動物病院でいつでも受けられる)

愛犬の健康のためにワクチン接種は必要だということを理解して、毎年受けさせるようにしましょう!

 

ペット用品

犬のケージ

 

子犬を迎える際には、必要最低限のペット用品を購入しておく必要があります。

以下は飼い始めに揃えておいたほうがよいペット用品です。

 

  • 小屋(ハウス)
  • ベッド
  • 首輪
  • リード
  • ケージ(クレート)
  • 餌皿
  • トイレトレー
  • ペットーシーツ
  • 給水器
  • おもちゃ
  • 歯ブラシセット
  • ブラシ
  • ペット用ウェットティッシュ
  • 消臭剤

 

上記に加え、必要に応じて買い足していきます。

一般的には、小型犬よりも大型犬のほうがペット用品のサイズが大きくなるため、かかる費用も大きくなります。

犬の寿命は生活環境に大きく左右されるため、犬が暮らしやすいような環境を整えてあげる。

これも飼い主の役割です!

 

去勢・避妊手術

初期費用の項目には記載していませんが、

去勢・避妊手術をする場合も費用がかかります。

去勢・避妊手術の有無は飼い主の任意ですが、一般的には手術させる飼い主さんが多いです(私もさせたほうが良いと思います!)

  • 去勢(オス)・・・2万~3万円
  • 避妊(メス)・・・3万~5万円

 

犬は子どもを1~4匹産み、大型犬になれば10匹近く産む子もいます。

「次世代の子も育てたい」という意志が飼い主にあれば良いのですが、そうでなければ去勢・避妊についてはよく知っておく必要があります。

10匹近くの子犬を引き取ってくれる飼い主さんを見つけることはそう簡単ではありません!

~関連記事~

・ 犬の去勢手術にかかる費用や適正時期を知ろう

・ 3分で分かる!犬の避妊手術の費用や適正時期

 

まとめ

犬を飼う際の初期費用
  小型犬 中型犬 大型犬
子犬代 125,000円 125,000円 125,000円
犬の登録 3,000円 3,000円 3,000円
狂犬病の予防接種 3,500円 3,500円 3,500円
ワクチン接種 10,000円 10,000円 10,000円
ペット用品 30,000円 40,000円 50,000円
合計 171,500円 181,500円 19,1500円

 

犬を飼う際の初期費用には、少なくとも20万円前後はかかると思っておきましょう。

犬を飼うということは、命を預かる責任が生まれるということです。

少しでもお金に不安があるという方はもう少し様子を見てください!

 

ここに毎月の費用もかかってくるため、愛犬のことを思えば経済面での不安はできるだけ取り除いておく必要があります。

 

犬を飼うにはたくさんのお金が必要ですが、愛犬との生活ではお金に代えがたいものたくさん得られるということも覚えておいてくださいね!

 

→ 続けて毎月かかる費用を読む

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ