飼い主さん必読!犬の涙の原因と知っておきたい危険性

犬 目やに

photo by Ben Kubota

 

「犬が涙を流している・・・悲しいのかな?」

普通の人なら、そう思っても仕方ありません。

しかし、飼い主さんなら本当の理由を知っておかなければいけません。

 

犬は、悲しいから涙を流すことはありません。

また、その涙の裏には病気の危険性も潜んでいるのです。

犬が涙を流す理由

 

犬 涙

 

人間とは違い、犬は感情の起伏によって涙を流すことはありません。

嬉しいから泣く、悲しいから泣く、ということはありません。

 

もちろん、悲しいといった負の感情を抱くことはあります。お留守番が長くて寂しい・・・というのは、どの子も感じることです。

しかし、それが理由で涙を流すことはありません。

 

それでは、一体なぜ涙が出るのでしょうか?

それは、目に入った異物を洗い流そうとしているからです。

 

例えば、目にゴミが入ったとき、あなたならどうしますか?

「ゴシゴシ・・・あ、取れた取れた」

と、手を使って目をこすりますよね?

 

犬の場合はこれができないんです。手を使って目の中の異物を除去することができない

だから、一時的に涙を大量に分泌して、異物を洗い流そうとするんです。

 

犬が涙を流していても、ちょっとしたホコリやゴミが目の中に入っただけかもしれません。

この場合は、涙によってゴミが除去されれば、自然と治まります。

 

ただし!病気の症状として涙を流す場合もあります。

そのサインを見落とさないためにも、念のため以下で紹介する症状はチェックしておきましょう。

 

症状別!犬の涙で考えられる病気

犬

photo by Mark Lee

  • 流涙症
  • 角膜炎、結膜炎
  • アレルギー反応
  • 目に傷がついている

 

これらが原因で涙を流している場合は、症状の進行を防ぐため、何かしらの対処をしてあげる必要があります。

ご自身のワンちゃんに当てはまるような症状がないかどうか、一度確認してみてください。

 

目やに・涙やけ

涙以外にも、目やに涙やけが見られる場合は流涙症かもしれません。

流涙症は、常に目の周りに涙がウルウルとあふれている状態です。

あふれだした涙が目頭から鼻にかけてこびりついてしまうと、涙やけと呼ばれるようになります。

 

こうなってしまえば、すでに大量の涙では洗い流せない状態です。

目薬で異物を除去したり、目やにがひどい場合には抗生物質を含んだ目薬を使って治してあげる必要があります。

もし、涙以外にも目やにや涙やけが見られる場合は、一度獣医師さんに診てもらいましょう。

目やにや涙やけが目立つ子にオススメのドッグフードとは?

 

目を気にしている・痒み

涙を流す以外にも、

  • 目をしきりに気にしている
  • 床に顔をこすりつける

といった様子がある場合は、角膜炎結膜炎の可能性があります。

 

いずれも、涙以外に以下のような症状が見られやすいのが特徴です。

  • 目やに
  • 目の痒み(かゆみ)
  • 目の充血

角膜炎や結膜炎を放っておくわけにはいきません。

こうした症状も見られる場合は、必ず病院で治療してもらいましょう。

 

決まった時期・場所で涙が出る

人間と同じで、ワンちゃんも特定のものにアレルギー反応を示すことがあります。

アレルギーの原因となる物質は様々ですが、代表的なものは以下の通りです。

  • 花粉
  • ホコリ(ハウスダスト)
  • 食べ物
  • たばこの煙 など

 

アレルギーのサインは、皮膚に発疹が見られたり、咳をしたりなど、いろいろな部分に現れます。

そのサインの1つとして涙を流すこともあるので、決まった時期や場所で涙が多くなるのであれば、アレルギーの可能性は十分にあります。

いち早くアレルギーの原因となる物質を特定し、取り除いてあげましょう。

アレルギーに配慮したオススメドッグフード3選

 

目が大きい犬種は要注意

目が大きい犬は、それだけ目が傷つきやすく、炎症も起こしやすいです。

  • パグ
  • チワワ
  • マルチーズ
  • シーズー
  • プードル など

 

これらのワンちゃんはそもそも涙が多く、ウルウルしているように見える犬種です。

しかし、目の充血や目を気にしている様子があれば、目が傷ついてしまっている可能性があります。

目薬などで炎症を抑える必要があるので、涙が気になる場合は一度診てもらいましょう。

 

 

こんな症状はすぐに病院へ

病院

  • 涙が急に増えた
  • 涙の色が濁っている(透明でない)
  • 黄色や黄緑色のドロッとした目やに

 

上記のような症状が見られる場合は、すでに症状が進行している、あるいは目以外の病気かもしれません。

犬ジステンパーや肝炎など、命にかかわる重大な病気の可能性もあるので、必ず病院で診てもらってください。

目やにの色で危険度をチェックする方法

 

まとめ

  • 目やにや涙やけが見られる
  • 目を気にしている、痒そうにしている
  • 決まった時期や場所で涙がたくさん出る

 

涙を流すだけでなく、上記のような症状が見られる場合は注意が必要です。

 

今一度、涙以外におかしい様子はないかどうかを確認してあげてください。

特におかしい様子がなければ、時間が経つにつれて治まるはずですよ。

 

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ