犬の目やにを改善するために試したいおすすめドッグフード

涙やけ ドッグフード

 

何とかしてあげたい目やに・・・色々試してみたけれど治らない!

目やに(涙やけ)はお悩みの声が多い症状の1つで、うちの子も涙が出やすい犬種(マルプー)で日々闘っています。

目やにの原因はいくつか考えられますが、その原因が今与えているドッグフードの可能性もあります。

「ドッグフードを変えたら目やにがなくなった」という声も多いので、愛犬が毎日食べるドッグフードを見直すのはオススメです。

目やにってどうしてできるの?【目やにのメカニズム】

子犬

目やにができる原因はずばり、溢れた涙に細菌が繁殖するからなんです。

普通なら目に溜まった涙は、“鼻涙管(びるいかん)”という鼻に向かって伸びている管を通って流れていきます。

例えば、私たちは目をパチパチすると、目が涙で覆われる感じがしますよね?

このときに涙があふれ出ないのは、涙がちゃんと“鼻涙管”に流れ落ちているからです。

カナガンドッグフードの涙やけへの効果

それでは、もし鼻涙管が詰まってしまうとどうなるか。

当然、涙があふれ出てきますよね?あふれ出た涙は目の周りに付着し、時間が経つにつれてそこに雑菌などが繁殖します。

こうして目やにができるのです。

 

鼻涙管が詰まってしまう原因

読書をする犬の画像

それでは、なぜ鼻涙管が詰まってしまうのか?考えられる原因は以下の3つです。

  • 体質や遺伝
  • 逆まつげや結膜炎などの目の病気
  • 涙の成分による影響

原因のなかには私たち飼い主ではどうしようもないものもありますが、一方で日々の食事で改善できるものもあります。

以下、それぞれの原因について簡単に解説していきますね。

【1】体質や遺伝による目やに

まず初めに、生まれつき鼻涙管が細く詰まりやすいワンちゃんもいます。

この場合は残念ながら、ドッグフードでの改善は難しいです。

日頃から目の周りをこまめにケアしてあげるなどの対処療法がメインとなります。

 

【2】逆まつげや結膜炎による目やに

これもドッグフードでの改善は難しいです。

獣医さんの治療が必要になるので、目の充血などを伴う場合はすぐに病院へ。

 

【3】涙の成分による目やに

最後に、涙の成分が原因の場合。

この場合はドッグフードでの改善に期待できます。

 

これらの原因を特定するには獣医さんの診断も必要になりますが、

「最近涙やけが気になるようになった」という場合は、遺伝や体質ではなく、病気や成分の可能性が高いと思います。

(遺伝や体質なら、子犬の頃から涙やけが出ているはずです)

 

目やにの原因となる成分

バツ印(ハンドサイン)

涙の成分が原因であれば、その成分を特定することで改善することができます。

一般的に目やに・涙やけの原因といわれる成分は

  • 老廃物
  • 不純物

などです。

もう少し厳密にいうと、“消化されなかったタンパク質”です。

消化されなかったタンパク質が血液にのって全身を巡り、最終的に鼻涙管を詰まらせてしまうんですね。

つまりこれは、タンパク質がしっかり吸収されれば涙やけは改善できる!ということになります。

 

大切なのはタンパク質の「量」と「質」

カナガンの原材料

タンパク質が消化されない原因は、大きく分けて2つ考えられます。

1つ目はタンパク質の“質”が悪く、吸収されていないケース。分かりやすく言うと、栄養不足のパターンです。

例えば、犬に必要なのはお肉(動物性タンパク質)なのに、穀物(植物性タンパク質)がメインに使われているドッグフードを与えているなど。

※ドッグフードの主原料は原材料の1~3番目に書かれているもの

 

2つ目は、タンパク質の“量”が多すぎるケース。いわば、過剰摂取のパターンですね。

一般的に良質なドッグフードほどタンパク質の量も多くなりますが、極端に多いものはワンちゃんによっては過剰摂取になるケースも。

もし、ご自身のワンちゃんに過剰摂取の心当たりがないなら、栄養不足のケースを疑いましょう。

(ちなみに、原因の多くは栄養不足のケースです)

 

目やにを治すためにオススメのドッグフード

カナガン レビュー

プレミアムドッグフードのなかでも今売れているカナガンドッグフード。実はワンちゃんの目やに対策にもピッタリなんですね。

実際に目やにを治すためにカナガンに変える飼い主さんも多く、「目やにが全く出なくなった」という声も多いフードです。

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

カナガンの原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

カナガンの主原料はチキンで、なんとフード全体の51%を占めます。犬に必要な動物性タンパク質も十分摂れる、まさにお肉たっぷりのドッグフードなんですね。

トウモロコシや小麦など、消化の悪いタンパク質を一切含まないので、カナガンに変えることで鼻涙管の詰まりが改善される子も多いのかなと。

 

ドッグフード名 タンパク質の量
ロイヤルカナン犬 関節 28.0%以上
ユーカヌバドッグフード 関節 22.0%以上
カナガンドッグフードカナガン おすすめ 33.0%以上

 

これだけチキンが含まれているので、当然といえば当然ですが、他のフードよりもタンパク質は多く含まれています。

「目やにの原因はタンパク質不足だ」と書きましたが、さすがにカナガンでタンパク質不足になることはないと思います。

カナガンを食べて、目やにがピタッと治まる子が多いのも納得ですね。

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

カナガンは穀物不使用

犬にとって穀物というのは、消化しづらく、吸収されにくいもの。こうした穀物が目やにの原因になっている可能性も、十分に考えられます。

また、穀物はアレルギーの原因になりやすいことでも知られているため、できれば避けたいものです。

この点、カナガンはグレインフリー(穀物不使用)なので、目やにやアレルギーの心配も少ないんですね。

※グレインフリーのフードはそう多くありません

 

カナガンの口コミ

目やにが止まらないので、口コミが良かったカナガンにしてみました。

すると、目やにも徐々に出なくなり、ウンチも匂いが少なくなり快適になりました♪

ラブラドールレトリバー 9歳

あまり食べない、涙やけをなんとかしたい!と思い購入しました。

口が小さいので食べてくれるか心配でしたが満足気な顔で完食しました。涙やけは少しだけ改善したので私も満足です!

うんちの状態も、毛並みも良くて、何よりもおこげがご飯ちょうだいと体で表現してくれるのが嬉しいです。

トイプードル 2歳

一粒が小さくて、小型犬にも優しいサイズですし、粉にならず形がしっかり整っているところも嬉しいポイント。

体のことを良く考えられた良いフードをしっかり食べて、これからも元気にいてもらいたいと思います!

ミニチュアピンシャー 9歳

実際にこうして「カナガンで目やにが治った」という声も多いので、実績は十分だと思います。

カナガンは1日あたり約118円(成犬3kg)とコスパも良いため、ずっと続けやすいというのも魅力です。

多くの飼い主さんがすでに利用しているので、是非ワンちゃんにその効果を実感させてあげてください!

(公式サイトはコチラ↓)
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ