トイプードルの性格と6つの毛色による違い【画像大量】

トイプードル

 

アメリカ人と日本人では性格が違うように、犬も犬種によって性格が大きく異なるものです。

ここではトイプードルの性格についてまとめています。

これからトイプードルを飼おうと考えている方やトイプードルの飼い主さんは是非ご一読ください!

トイプードルの性格

  • 活発で運動神経も抜群
  • 社交的でフレンドリー
  • 頭がすごく良い

 

その愛くるしい顔もさることながら、トイプードルは性格の面でも言うことナシです。

トイプードルの人気の秘密は、決して外見だけではありません。

 

明るくて活発!運動神経も抜群!

トイプードルにはとにかく明るくて元気な子が多いです。

「おっとりしていて手がかからない」というタイプではなく、とにかく好奇心旺盛でチャカチャカしています。

 

部屋の中でもよく動き回り、散歩のときには人や車にいちいち反応してはキョロキョロしたり・・・本当に見ていて飽きない子です。

 

また、プードルは元々狩猟犬なので、小型化したトイプードルにもその運動神経は引き継がれています。

ボールを投げればプロ顔負けのダッシュを見せ、机の上の食べ物に狙いを定めてはプロ顔負けの大ジャンプもします(笑)

 

運動不足には要注意

元々猟犬ということもあり、トイプードルが必要とする運動量は小型犬のなかでは多い部類です。

少しの運動不足でも肥満につながることがあるので、毎日の散歩や与えるドッグフードには気を付けたいところです。

失敗せずに痩せよう!太りにくいオススメのドッグフード

 

 

社交的でフレンドリー

トイプードル

 

トイプードルには社交的な子が多く、他の犬や人にもすぐに馴染んで人気者になります。

知らない人にもすぐに駆け寄っていったり、友人を家に招いたときには、飼い主そっちのけで友人に甘えたり・・・(泣)

 

飼い主としては少し寂しいですが、臆病で神経質な犬に比べれば、はるかに育てやすいのは間違いありません。

 

頭がすごく良い

トイプードルは全犬種の中で2番目に頭の良い犬だと言われています(1番はボーダーコリー)

犬を飼ううえで最も苦労するしつけもしやすく、飲み込みも驚くほど速いです。

幼犬の頃にしっかりとしたしつけをしておけば、手間がかからない子に育ちます!

 

しつけの重要性

逆に、幼犬の頃のしつけに失敗し、犬に優越感を与えてしまうと・・・大変です。

決して悪いというわけではありませんが、かなりヤンチャな子に育ちます。

飼い主と駆け引きをしたり、時にはずる賢く立ち回り・・・これはこれで可愛いですが、手を焼くことになるので注意が必要ですね。

 

 

毛色ごとの性格の違い

トイプードル

 

トイプードルには様々な毛色がありますが、実は毛色によって性格が違うとも言われています。

 

レッド・アプリコットは自由奔放!

トイプードル レッド

レッド(画像元:Toypoodle Breeders

トイプードル アプリコット

アプリコット(画像元:パピーファーム

 

人気の毛色であるレッドとアプリコットには、やんちゃでおてんばな子が多いと言われています。

飼い主に対する服従心協調性などは他の毛色の子よりも劣るので、幼犬時のしつけは特に重要な毛色です。

 

ブラウンとシルバーは我が道を行く!

トイプードル ブラウン

トイプードル シルバー

シルバー(画像元:パピーファーム

 

ブラウンとシルバーの性格は似ていて、どちらも独立心が強く、協調性にやや欠けます。

一言で言えば、マイペースといった感じです!

こんなに可愛い顔をして、「俺は俺!」「私は私!」というギャップには萌えますけどね(笑)

 

飼い主に従順な一面も持ち合わせているので、レッド・アプリコットと同様、幼少期のしつけは重要になってきます。

 

ブラックは天才型!

トイプードル ブラック

画像元:Breeders

 

ブラックは非常に頭が良く、落ち着いている子が多いため、最も飼いやすいと言われています。

全犬種の中で2番目に賢いトイプードル・・・その中で最も賢いのがブラックですからね。これは「犬界」でも相当賢い部類です。

 

また、他の毛色とは違って服従心も強く、しつけもしやすいのが特徴です。ブラックは本当に飼いやすいと評判です(あまり見かけませんが汗)

 

ホワイトは甘えん坊!

トイプードル ホワイト

画像元:Toypoodle Breeders

 

体の汚れが目立ちやすい毛色ですが、リボンなどの飾りが映えるホワイト。

そんなホワイトの子も、ブラック同様に服従心が強く、落ち着いた子が多いです。

 

ブラックと異なるのは、甘えん坊な子が多いということ!

それでも、ホワイトも「犬界」の中では非常に飼いやすい子ですね^^

 

トイプードルの性格まとめ

  • 明るく活発で、運動神経も良い
  • 社交的な子が多い
  • 頭が良い(全犬種で2番目)

 

トイプードルは本当に飼いやすいと評判の犬種です。人気の理由は決して外見だけではありません。

 

「初めて犬を飼うんですけど、どの犬種が良いですか?」

とペットショップで尋ねると、必ず「トイプードル」という答えが返ってくるほどですからね(^^;)

 

チワワやポメラニアンなどと比べて無駄吠えも少ないため、マンションで飼いやすいのも人気の理由です。

トイプードルの人気カットスタイルまとめ

 

毛色 性格
レッド・アプリコット おてんばタイプ(活発でやんちゃな子が多い)
ブラウン・シルバー 我が道を行くタイプ(独立心が強く、協調性に少し欠ける)
ブラック 天才タイプ(頭が良く、服従心も強い。大人しい)
ホワイト 甘えん坊タイプ(服従心が強く、落ち着いている)

 

毛色ごとに性格が違うという説もありますが、極論、性格はしつけ次第でどうにでもなります(極論)

しかし、毛色自体を変えることはできないので、私は自分の好きな色の子を飼うのが良いと思いますよ!

トイプードルの寿命と長生きのための3つの秘訣

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ