【全54個】犬の雑学まとめのまとめ|誰かに話したくなる「うんちく」をまるっとご紹介!

この記事では犬にまつわる雑学【全54個】をまるっとご紹介します!一緒に暮らしていてふと疑問に思う犬の行動や、犬のカラダの不思議についても分かる!そんな記事です。

なお、雑学のなかには「そんなの犬に聞かないと分からないだろ!」的なものも含まれています。公の場で話す際などはご注意くださいませ(雑学ってそういうものだよね)

すずめすずめ

こんにちは、マルプーのすずめです

すずパパすずパパ

すずめパパやで。さっそく犬の雑学を見ていくで!

犬のしぐさ・行動にまつわる雑学【11選】

犬のしぐさ・行動にまつわる雑学【11選】

添い寝の位置で、飼い主のことをどう思っているのかが分かる

添い寝する犬

足元やお尻の周りなら、飼い主さんは「頼れる存在」。お腹の周りなら「仲間」や「親しい友人」。頭や顔の周りは「弟や妹」だそうです。

すずパパすずパパ

貴様、ワシのことを「親しい友人」やと思ってるのかっ!

すずめすずめ

(バ、バレた…)

うんちの時にクルクル回るのは、周囲の安全を確認するため

うんちをする犬

「南北を向いてうんちをしたいから」という説も…すずめには当てはまりませんが。

すずめすずめ

右よし!左よし!発射!!

すずパパすずパパ

(汚ねぇ…)

犬が首をかしげるのは「気になる音」を聞こうとしているから

首をかしげる犬

怒られた時にあくびをするのは、気持ちを落ち着かせるため

あくびをする犬

自分だけでなく、「怒ってる飼い主さんも落ち着いて―」的な意味合いもあるとかないとか。

犬が飼い主をペロペロ舐めるのは、信頼と服従の証

飼い主の顔をなめる犬

オオカミ時代の名残らしいです。

犬が撫でられて嬉しいのは、自分では触れない場所

撫でられて気持ちよさそうにする犬

背中や首筋を撫でると、目を細めて気持ちよさそうにしますよね~。

犬が手足を舐めるのはさみしいから

手足を舐める犬

孤独や不安から、足を舐めることも多いみたいです。

土を掘るような仕草は巣穴を作っている!?

地面を掘る犬

オオカミ時代の名残ですが、ストレスからこのような仕草をとる子もいるって言いますよね…。

犬は悲しくて涙を流すことはない

悲しそうな犬

涙を流すのは目にゴミが入った時など。感情から涙が出ることはない。

足をあげてオシッコするのは、自分より小さな犬に消させないため

足を上げてマーキングおしっこするトイプードル

なるべく高い位置にマーキングしたい(らしい)!

犬は仮病を装うことができる

怪しげな笑みを浮かべる犬

飼い主さんの気を引くために、足を引きずったり、ご飯を食べなかったり…。

すずパパすずパパ

仮病したこと…あんの?

すずめすずめ

控えめに言っても、5回くらいはあるかな?

すずパパすずパパ

・・・

犬のカラダにまつわる雑学【18選】

犬のカラダにまつわる雑学【18選】

犬には「鎖骨」がない

犬の骨格

左右に腕を振りながら歩くヒトには必要だけど、前後に腕を動かす犬には邪魔らしい…。

犬の嗅覚は人間の100万倍!?

犬の嗅覚

ヒトの嗅覚細胞が500万個に対し、犬はなんと2億個以上。麻薬探知・病気探知・トリュフ探知などでもワンコは大活躍!

子犬の鼻には温度センサーがある

寝ているパピー

目の見えない子犬は、温もりで母親の位置を把握するんだそう!目が見えるようになると、センサーは退化していくらしい…。

犬の鼻が濡れているのは、匂いをよく嗅げるようにするため

犬の鼻が濡れている理由

鼻が濡れていると、ニオイ成分が吸着しやすいらしい。ちなみに寝てるときはカピカピに乾きます。

犬は32方向の音を聞き取れる

犬の聴力

人間が拾える音は16方向に対し、犬は32方向。人間は25ヘルツ以下しか聞こえないのに対し、犬は80キロ~120キロヘルツまで聞こえるんだそう。

すずめすずめ

ワンコは聴力も優れているのです♪

すずパパすずパパ

階段のぼる音とか車の音に敏感すぎ!

犬は味オンチ

犬は味オンチ

味覚細胞である「味蕾(みらい)」の数は人間でおよそ9000個なのに対し、犬は1600個…およそ1/6。

犬はアミノ酸などの「うま味」を感じられないそうです…。

犬の視力は0.2~0.3くらい

犬の視力

2~3mほどしかハッキリ見えない。それ以上の距離はボヤけて見えるが、動体視力がハンパないから問題なし。

犬の視野は220~290度くらいある

犬の視野

人間は真横(180度)までしか見えないが、犬はやや後ろまで見えてます。

すずめすずめ

後ろで隠れてオヤツ食べてるの、知ってるよ

すずパパすずパパ

(ギクッ…!)

犬の目は「暗視」できる

暗闇の暗視

脈絡層「タペタム」という特別な網膜があるんですって。いいなぁ。

写真を撮る時に、犬の目が赤く光る理由

犬の写真を撮る女性

脈絡層「タペタム」が反射してるんだってさ。タペタムいいなぁ。

犬の瞼(まぶた)は3つある

犬の瞼

上まぶた、下まぶた、瞬膜の3つ。瞬膜は左右方向に動いて、眼球を保護するらしい。

すずパパすずパパ

目のなかに「茶色い縦線」あるなぁって思っててん!

すずめすずめ

あ、瞬膜のこと?知らなかった?瞬膜いいよ。

犬は色の少ない世界に暮らしている

出典:http://pawsitive.org/articles/dog_vision.asp

犬は赤色などを識別できない「赤緑色覚異常」。つまるところ、色鮮やかなドッグフードは飼い主さんに「美味しそう!」と思わせるための販売戦略です。

犬が汗をかくのは肉球だけ

犬の肉球

犬の肉球はポップコーンの匂いがする

ポップコーン

世界共通。海外で売られているポップコーン「フリトレー」の匂いに酷似していることから、「フリトレーフット」とか呼ばれてるらしい(初耳)。

犬の血液型は13種類

犬の血液型

DEA1.1型やDEA1.2型、DEA3型、DEA4型、DEA5型、DEA6型、DEA7型、DEA8型など。

普通の犬の知能は、2~3歳くらいの子供と同じくらい

小さな子どもと遊ぶ犬

250個くらいの単語を理解できるらしい!

犬には鼻毛がないので、ハナクソもできない

犬には鼻毛がない

犬も猫舌。。

犬と猫

ヒトが熱くないと感じる食べ物でも、熱くてヤケドしちゃうことも…。

すずパパすずパパ

猫舌やったん?

すずめすずめ

ニャン…(はい…)

犬種にまつわる雑学【11選】

犬種にまつわる雑学【11選】

世界一速い犬は時速72kmで走る

グレーハウンド

グレーハウンド。スピード違反。

世界一大きな犬種はグレート・デーン

グレート・デーン

ギネス記録では体長2m13cm・体重77kg。でかっ。

世界一小さな犬種はチワワ

チワワ

ギネス記録では体高9.65cm・体重450g。ちなみに一緒に写っているのが「グレート・デーン」。

世界一重い犬種はイングリッシュ・マスティフ

イングリッシュ・マスティフ

体重156kg。すずめ62匹分。

世界一歴史の長い犬種はサルーキ

サルーキ

サルーキ7000年の歴史。オオカミから最も早くにわかれた犬種らしいです。

チワワの名前の由来は、メキシコのチワワ州

メキシコのチワワ州

メキシコ最大の州。メキシコの野良犬はチワワらしいです…きゃわっ☆

柴犬の柴は「小さい」という意味

柴犬

今は中型犬の「柴犬」も、昔は他の犬と比べて小さかったんですねー。

水かきと耐水性被毛をもつ犬がいる

ニューファンドランド

ニューファンドランド。海難救助でも活躍中。

すずパパすずパパ

「犬かき」さえできない犬もおるで

すずめすずめ

シーッ!言わないで!

6本指を持つ犬がいる

ノルウェイジアン・パフィン・ドッグ

ノルウェー北極海の「ノルウェイジアン・パフィン・ドッグ」。

指6本。耳を自分で折りたためる。足が左右に90度開く。首が背中につく。そんな犬です(マジ)。

ダルメシアンの子犬は真っ白。。

ダルメシアンの子犬

「101匹わんちゃん」でお馴染みのダルメシアン。徐々にあの黒ぶちが出てくるんだってさ。

犬の鼻の模様はみんな違う

犬の鼻の模様

人間の指紋と同じ。みんなちがって、みんないい。

世界の犬にまつわる雑学【10選】

世界の犬にまつわる雑学【10選】

ヨーロッパでは「犬税」がある国も

犬の税金

ドイツやスイスなどでは、飼い犬に年間約1万円ほどの「犬税」がかかる。そのおかげもあってか、ドイツでは犬の殺処分がゼロです。

※日本は年間約30万匹が殺処分されている

世界で一番人気のある名前は「マックス」

世界一人気がある犬の名前はマックス

すずパパすずパパ

今日から「マックス」な

すずめすずめ

…まじ?

世界には4億匹の犬がいる

地球

ちなみに、飼育頭数1位はアメリカ。

宇宙に行った犬もいるよ

NASAの人工衛星

1957年にロシアが打ち上げたスプートニク2号に「ライカ」という野良犬が乗船。飼い犬よりも野良犬のほうがストレス耐性はつよいと考えられたため、ライカが選ばれたのだとか。

※残念ながら帰還前に、宇宙船の故障による温度上昇などにより亡くなってしまいました。

イランでは犬を飼うことが禁止されている

イランのきれいな建造物

イスラム教の教え。ただし、猟犬や番犬ならOKらしい!

イタリアでは1日3回お散歩させないと罰金

イタリアのトリノ

2005年にトリノで制定された条例。庭がある家の犬は対象外。

地球上で最も高値がついた犬は「3億7000万円」

チベタン・マスティフ

チベタン・マスティフという希少かつ保護対象の犬種。高級車のランボルギーニより高い。

犬は車の乗員にカウントされない(日本)

車から顔を出す犬

犬は荷物扱い。定員5名の車でも、家族5人+犬1匹でもOK!

最も長生きした犬は「29歳5か月」

29歳

アメリカのビークルとミニチュアダックスのMIX犬。その名は「マックス」。

すずめすずめ

出た!マックス!

日本では「ワンワン」、アメリカでは?

アメリカの犬の鳴き声

アメリカは「バウワウ」、イタリアは「バウバウ」、ドイツは「ヴァウヴァウ」、フランスは「ワフワフ」。

犬の歴史にまつわる雑学【4選】

犬の歴史にまつわる雑学【4選】

犬が飼われ始めたのは約1万~3万年前の石器時代

石器時代

石器時代の遺跡には、家畜化したオオカミ(犬の祖先)のお墓もあるんだそう。

江戸時代までは「ワンワン」ではなく「びょうびょう」

江戸時代の巻物

すずめすずめ

びょうびょう!びょうびょう!

おならを犬のせいにした女性たちがいる

貴婦人

中世ヨーロッパの貴婦人が犬を連れて歩くのは、おならを犬のせいにするためだったという説あり。

すずパパすずパパ

今も、犬を連れて歩いてる女性は…オナラしてるってことか?

すずめすずめ

ちがぁあああう!

渋谷の忠犬ハチ公は「2代目」

渋谷の忠犬ハチ公は2代目

初代ハチ公は戦時の金属不足により溶かされたそうです…。また、ハチ公は主人の帰りを待っているのではなく、焼き鳥をもらうために通っていたという説も…。


すずめすずめ

以上、犬の雑学【全54個】でした!

すずパパすずパパ

楽しんでもらえたなら、幸いやで!

※各雑学には諸説あります。ご了承くださいませ。