犬の高脂血症におすすめの人気ドッグフード|食事管理に迷ったときにはコレ!

トイプードルの画像

 

「高脂血症のうちの子にどんなドッグフードを与えればいいか分からない」

「高脂血症のワンちゃんに人気のドッグフードがほしい!」

 

そんな飼い主さんに向けて、この記事では高脂血症におすすめのドッグフードを紹介しています。

高脂血・高血糖に悩む子のリピート率95%以上という代物なので、是非フード選びの参考にしてみてくださいね。

⇒さっそく高脂血症におすすめのドッグフードを見る
(下へスクロールします)

高脂血症の犬の食事のポイント

ドッグフードの画像

 

高脂血症の犬には「低脂肪」の食事が大前提ですが、実はそれ以外にもいくつか大切なポイントがあります。

ここでは高脂血症と併発しやすい糖尿病などの病気のケアにも配慮して、食事のポイントを紹介していきます。

 

低脂肪&良質な脂を摂る

まずは普段の食事やドッグフードが「低脂肪」であること、これは大前提です。

加えて、「脂肪の質」にもこだわると、血中の脂肪をより効果的に抑えることができます!

※粗悪な動物性脂肪などは血中のコレステロール値などを上げる原因になります

 

亜麻仁油のイメージ画像

 

良質な脂のなかでもオススメは「オメガ3脂肪酸」です。

オメガ3脂肪酸にはEPAやDHAなどが含まれ、血中の脂肪を低下させる働きがあります。

高脂血への有効性も認められているため、オメガ3脂肪酸がたっぷり入った食事やドッグフードを与えるようにしましょう。

 

血糖値をコントロールする

グラフの画像

 

高脂血症においては、どうしてもコレステロールや中性脂肪に目が向き、低脂肪だけに注意しがちです。

しかし、高脂血症のワンちゃんは血糖値にも注意しないといけないんですね。

なぜなら、併発しやすい糖尿病やクッシング症などは高血糖が原因で引き起こされるからです。

 

毎日の食事で血糖値をコントロールするためには、

  • 消化されやすい糖質を制限する
  • 炭水化物を減らす(吸収速度の異なる組み合わせにする)
  • 血糖値の急上昇を抑える成分をとる

といった方法が知られています。

なかなかこうした条件を満たした食事を作るのは難しいので、不安な方には後に紹介するドッグフードがおすすめです。

 

栄養素もしっかり摂れること

ドッグカフェで食事をする犬

 

いくら血糖値をコントロールできる食事でも、栄養不足になってしまっては本末転倒ですよね。

栄養不足で免疫力が落ちてしまうと、それこそ合併症やその他の病気のリスクも高くなります。

しっかりと栄養が摂れるということも、ドッグフード選びではハズせないポイントです。

 

カナガンの原材料

 

高脂血症の子にも、犬にとって最も必要な栄養素である「動物性タンパク質」をしっかり摂らせてあげましょう。

※心臓病や腎臓病などを併発している子は例外です

動物性タンパク質はチキンやラム肉などのお肉から摂ることができます。

トウモロコシや小麦などの植物性タンパク質よりも消化が良く栄養価も高いので、ドッグフード選びでも重要視したいポイントです!

 

高脂血症におすすめのドッグフード

犬の糖尿病におすすめのドッグフード

 

ここまでに紹介した条件を満たしていて、なおかつ私が唯一おすすめできるのが「犬心」というドッグフードです。

市販のドライフードとは違い、高脂血症や高血糖に悩むワンちゃんのためだけに作られた“特別療法食”です。

⇒犬心の詳細を公式サイトでチェックしてみる

 

高脂血症に配慮された原材料

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

犬心では、血糖値アップにつながる「消化されやすい糖質」を制限し、糖吸収をブロックする食物繊維バランスも考えて作られています。

もちろん、ビタミンやミネラルも高脂血や高血糖に対応したバランスで配合されています。

 

主原料には生肉をたっぷり使用しているため、動物性タンパク質もしっかり摂れる。

こうして低脂肪・低カロリーでも栄養はしっかり摂れるというのも「犬心」の特徴なんですね。

 

犬心ドッグフードの原材料を徹底評価

 

そして、極めつけは原材料がすべて人間でも食べられる食材という点!(100%無添加)

「犬心」を食べているワンちゃんは、少なくとも添加物による病気のリスクもゼロということです。

こうして高脂血症だけに集中してケアできるというのも、犬心ならではの大きなメリットだと思います^^

 

犬心のカロリーと粗脂肪

ドッグフード名 粗脂肪 カロリー
カナガン 17.0% 361kcal
モグワン 12.0% 344kcal
ナチュラルドッグフード 12.5% 339kcal
犬心(いぬこころ) 5.0~9.0% 325kcal

 

ご覧のように、犬心はその他のプレミアムドッグフードと比較しても、低脂肪・低カロリーであることが分かります。

今後与え続けるにあたって、太りにくいというのは糖尿病の予防にもつながりますよね^^

 

犬心の口コミ

子供と兄弟のように成長し、家族の一員として暮らしている愛犬です。

膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。ダメかもしれないと思ったこともありました。

「犬心」は食いつきが良く、便質がほどなく変わりました。うちのワンコに合っているなと思いましたね。

近所の河口湖に散歩に行けるようになり、家族が明るさを取り戻しています。

シュナウザー 8歳

愛犬の症状は糖尿病です。6歳で発症し、ひどい時はプルプル震えるような仕草をとります。

そして、獣医さんに勧められた療法食があまり好きではないようで、食事管理にも気を使ってきました。

でも、今は「犬心」があるから安心しています。安全で良いものだと思うし、愛犬も気に入っているようで、犬心をとにかく欲しがります。

ビーグル 8歳

慢性膵炎を発症したのは、愛犬が2歳のころです。以来、何とかやってきましたが、昨秋とうとう糖尿病も併発してしまいました。

ちょうどそのときに「犬心」を知り、これしかない、という心境でした。

闘病は続きますが、愛犬の食事管理ができてとても助かっています。最近、少し体重が増え、目が活き活きしてきたように感じています。

ジャーマンシェパード 7歳

 

「犬心」は一般のワンちゃんに向けられたドッグフードではないため、正直に言うと知名度もそこまで高くないと思います。

しかし、口コミを見ても分かるように、高脂血・高血糖に悩むワンちゃんからは絶大な支持を受けています。

また、「何を与えればいいか分からなかったけれど、犬心で食事管理ができるようになった」という飼い主さんの声も多いんですね。

 

 

「うちの子が喜んで食べてくれるか心配・・・」といった飼い主さんには、無料のお試しセットも用意されています。

こうして初めてのワンちゃんでも試しやすいのも、犬心の大きなメリットだと思います!

⇒犬心のお試しセット詳細を公式サイトでチェックする

 

まとめ

高脂血症も放っておくと、膵炎などの命に関わる病気につながることもあります。

特に症状がない場合でもしっかりと対処をしてあげる必要があるので、まずは毎日の食生活から管理してあげましょう。

~高脂血症の食事のポイント~

  • 低脂肪かつ良質な脂を使用
  • 血糖値をコントロールする
  • しっかりと栄養も摂る

 

正直に言うと、これらの条件をすべて満たしたドッグフードというのは決して多くありません。

そこに「100%無添加」「特別療法食」といった条件が加わると、見つけること自体が困難になります。

※私も犬心にたどり着くまでにかなりの時間がかかりました

 

「犬心で愛犬が元気になって、私たち家族も明るくなった!」という声も多いので、興味のある方は是非一度試してみてくださいね^^

⇒犬心の詳細を公式サイトでチェックしてみる

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ