症状から見抜く!犬の皮膚病の種類とその治療法

ヨーキー

 

「犬が同じところをひっきりなしに掻いている」

「よく見ると、皮膚が赤くなってブツブツもできている」

このような場合は、皮膚病の可能性が高いと考えられます。

 

ここでは犬の皮膚病の症状や考えられる病気について紹介しているので、獣医師さんに伝える際などの参考にしてください。

犬の皮膚病の種類

皮膚病の原因は、主に以下の3つに分けられます。

  • 細菌感染によるもの
  • 寄生虫によるもの
  • アレルギーによるもの

(それぞれの原因が合わさって、皮膚に炎症を起こすこともあります)

 

犬の皮膚病は、細かく分類すると200種類以上にもなるそうです。

加えて、それぞれの原因にあった治療を行う必要があるため、必ず動物病院での診察や治療が必要となります。

以下で紹介する症状のなかに、1つでも当てはまるものがあれば、念のため獣医さんに相談することをオススメします。

 

 

どの皮膚病なのかを見抜こう

自宅にいながらも、考えられる原因や病気はある程度予想することができます。

はじめに注目すべきは、いつから痒くなり始めたかという点です。

 

  • 痒くなり始めてから、皮膚に病変が見られるようになった
  • 皮膚に病変が起こってから、痒くなり始めた

 

前者の場合なら、痒くなる前の皮膚は正常だったということです。

つまり、原因は皮膚以外にあります(その多くはアレルギーが原因です)

 

逆に、皮膚が先に病変を起こす後者の場合であれば、外傷による細菌や寄生虫の侵入により、痒くなったと考えられます。

 

痒くなるのが先か、皮膚の異常が先か

まずはどちらが先かを思い出してみて、原因がアレルギーなのか、寄生虫や細菌なのかを明らかにしましょう。

 

 

細菌による皮膚病

ひとえに細菌による皮膚病といってもその種類は様々で、病院で検査をしてもらない限りは特定できません。

しかし、ある程度は症状で推測することができるので、愛犬の症状と照らし合わせながら確認してみてください。

 

膿皮症(のうひしょう)

犬の皮膚病で最も多いのが膿皮症です。

膿皮症は皮膚上で菌が繁殖し、化膿している状態のことを言います。

初期の段階では、皮膚の表面に小さな発疹が生じます。

やがて病変部が広がって、黒くなったり、かさぶたや膿が見られるようになります。

 

犬 膿皮症

出典:http://meitonohibi.a-thera.jp/article/1488496.html

 

こんな症状がでたら疑おう
  • 痒みがある
  • 化膿している
  • 斑状に脱毛している
  • 発疹(ブツブツができる)

 

膿皮症の原因

病原菌となるのはブドウ球菌です。

ブドウ球菌は常に皮膚に存在し、普段は害を及ぼすことはありません。

しかし、免疫力が低下したりすると、異常に増殖して膿皮症を引き起こします。

 

治療法

皮膚の表面付近で起こっている場合は、局所的な治療が行われます。

具体的には、ヨウ素などを含んだ温水に患部を10分間ほど浸けたり、抗菌効果のあるクリームなどを塗ったりします。

皮膚の深いところや、患部が広範囲に及ぶ場合は、抗生物質を投与します。

治療期間も長く、大体3~6週間ほど継続して行う必要があります。

(膿皮症に限った話ではありませんが、皮膚病の治療は時間がかかるものです)

 

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は、真菌(カビ)が体内に侵入し、増殖することで発症します。

 

糸状菌症

 

こんな症状が出たら疑おう
  • ほぼ円形の脱毛
  • 乾燥したフケが発生

分かりやすい特徴は、円形に近い脱毛が広がっていくという点です。

その周りにかさぶたができることもあり、患部には発疹が出る場合もあります。

犬の皮膚糸状菌症について詳しく見る

※別ウィンドウで開きます

 

寄生虫による皮膚病

ツメダニ症

ツメダニ症は、ツメダニというダニが皮膚に侵入することで発症します。

すでに感染している他の犬から接触感染するケースがほとんどです。

 

ツメダニ

 

こんな症状が出たら疑おう
  • (かゆみ)
  • 大量のフケが発生
  • 脱毛
  • 発疹

 

かゆみはそれほど強くありませんが、大量のフケが発生しやすいのが特徴です。

ワンちゃんが痒がったときに、毛をかき分けてフケがないかどうかを確認してみてください。

犬のツメダニ症とは?

 

疥癬(かいせん)

疥癬は、ヒゼンダニが皮膚に侵入することで発症します。

 

ヒゼンダニ

 

こんな症状が出たら疑おう
  • ひどい痒み
  • フケが多い
  • まだら状の脱毛
  • 発疹
  • 化膿

激しい痒みを伴うのが特徴で、これほどまでに痒がる病気は他にないとも言われます。

疥癬の原因の多くは、すでに感染している他の犬との接触感染によるものです。

犬の疥癬とは?

 

毛包虫症(アカラス)

毛包虫症(アカラス)は、ニキビダニによって発症します。

 

アカラス

 

こんな症状が出たら疑おう
  • 痒み
  • 脱毛
  • 皮膚の赤み
  • フケが発生

毛包虫症(アカラス)は特に子犬に多く見られ、皮膚の赤みやフケが全身に広がりやすいのが特徴です。

犬の毛包虫症(アカラス)

 

 

アレルギー性皮膚炎

最後に、細菌やダニによるものではなく、アレルギーによって皮膚に異常が起きるアレルギー性皮膚炎についてです。

花粉

 

アレルギー性皮膚炎は、食べ物・花粉・ダニといった特定のものにアレルギー反応を起こすことで発症します。

アレルギーを起こす元となるアレルゲンは無数にありますが、病院で検査してもらうことでアレルゲンを特定することができます。

 

犬 アレルギー

出典:http://shotin.xsrv.jp/dog/dog2.html

 

アレルギー性皮膚炎になると、人間と同様、皮膚に発疹ができたり、強い痒みを伴います。

アレルゲンに触れるたびにアレルギー反応を起こしてしまうので、アレルゲンを突き止めて排除する・遠ざけることが重要です。

 

花粉

たばこの煙

ハウスダスト

ドッグフードの成分

など、アレルゲンと思われるものを1つずつ見直していき、それでも改善しなかえれば病院で検査をしてもらうのがベターです。

アレルギー対応のオススメドッグフード3選

 

まとめ

病名主な原因主な特徴
膿皮症ブドウ球菌最も多い皮膚病(痒み、赤みなど)
皮膚糸状菌症真菌(カビ)円形に近い脱毛、周りにフケやかさぶた
ツメダニ症ツメダニ(接触感染)背中に大量のフケが発生
疥癬ヒゼンダニ(接触感染)激しい痒みを伴う
毛包虫症(アカラス)ニキビダニ(母体感染)子犬に多く、病変部が全身に広がりやすい
アレルギー性皮膚炎アレルゲン皮膚の病変よりも、痒みが先にくる

 

犬の皮膚病は命に直接関わることが少ないためか、軽く見られがちです。

しかし、犬にとって辛い病気であることには違いありません。

軽症であっても治療期間は長く、それだけ治療費もかかります。

決して自宅で治すようなものではないので、皮膚に異常が見られた場合はすぐに病院で診てもらってくださいね。

犬が痒がるときに飼い主がすべき対処法

 

 

当サイト限定!モグワン初回半額キャンペーン中

癖のない匂いのチキンのドッグフード

>>モグワンドッグフード初回半額キャンペーン中<<

 

安心ドッグフードの選び方を知りたい人にはこちら

安心・安全の100%無添加ドッグフードランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ